大きくする 標準 小さくする

【連載】JTA News & Topics  第167回

2022/04/22

「JTA  News & Topics 」  第167回 

今回は、2022年3月11日に実施しました「文芸翻訳における機械翻訳と人間による翻訳について考える」セミナー(主催:バベルユニバーシティ・後援:一般社団法人 日本翻訳協会)受講者の吉田ひろみさんよりセミナーレポートを投稿してくださいましたので掲載いたします。
情報提供:一般社団法人 日本翻訳協会 (Japan Translation Association 略してJTA) 

https://www.jta-net.or.jp/ 


文芸翻訳における機械翻訳と人間による翻訳について考える」セミナー
 
ー『アリス』やマザーグースの翻訳はどうなるか 


●レポーター:吉田 ひろみ
バベル翻訳専門職大学院在籍中
米国ハワイ州在住。国際企業でフルタイム勤務の傍ら、子育てと学業の両立に奔走中。

この度、夏目康子講師(大妻女子大学)のセミナー「文芸翻訳における機械翻訳と人間による翻訳について考える--アリスやマザーグースの翻訳はどうなるか」へ参加させて頂きました。
新井紀子氏の「DX時代の人材育成の鍵は読解力にあり」は、以前、繰り返し拝読してから心に残っており、また、村上春樹氏の「執筆の合間のリフレッシュと楽しみの為に英文書物を翻訳する」「人に会う必要もなく、自分のペースで仕事ができる」というコメントが印象的でした。
日本では大正時代の作家、北原白秋等がマザーグースの翻訳を試みていたことに驚き、当時の言葉で訳されたマザーグースもレトロ風でおもしろいと感じました。
1. AI時代の物語 Kazuo Ishiguro: Klara and the Sun 「クララとお日さま」
AIロボット・人工親友(AF)の物語
遠隔授業:近未来社会
格差社会・向上処理(遺伝子操作)
「AIの心・機械と人間」
AI時代における読解能力
・新井紀子「DX時代の人材育成の鍵は読解力にあり」
https://bipress.inmedia.jp/articles/-/641312081 JBpress20212.22
「DX(デジタルトランスフォーメーション)」: 2004年、スウェーデンのエリック・ストルターマンによって提唱された限念
「進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく」というもの
「豊かに」…本当にそうなのか?
https://www.led com/talks/noriko Ara.can a robot passa university entrance exam
ロボットの能力と限界
ロボットに負けないため:読解力
機械翻訳には限界がある
AIを使ったGoogle翻訳, MicrosoftBing. DeepL, Excito訳など定型翻訳、ビジネス英語などでは活躍。まだまだ文学作品は難しい
技術的な問題があり、現状では人間の介入がないと「より良い翻訳」は困難
膨大なデータを学習させなければならない(更新)
人間のチェックはこれからも必要
翻訳することが楽しい(cf. 村上春樹)
楽しみで翻訳
*通訳も無くならない(複雑な話し言葉は機械翻訳しにくい)
流田・西島「機械翻訳と未来社会一言語の壁はなくなるのか」

Alice の機械翻訳
bank(川辺、川岸を銀行)、tired of (飽きるではなく、疲れた)等の誤訳

破格文法の翻訳
"Curiouser and curiouser" 
3音節以上の形容詞は、
more, mostを使う more curious が普通の英語
(common, oftenなど2音節語でもmore, most)

機械翻訳の特徴
・curiouser のおかしさが伝わっていない、面白みに欠ける、なんとなく不自然な文体
・言葉遊び:解決法いくつか
日本語のしゃれや言葉の言い換え
・英語の言葉遊びを日本語に置き換えるのは難しい
・訳者が独自にそれぞれ工夫、訳者のセンスが試される
・Tale と tailの機械翻訳
ただ直訳しているだけ、言葉遊びが無い、工夫が見られない

会話文:機械翻訳の特徴
直訳調、会話らしくない、「てにをは」がおかしい、文末が不揃い「である」「ですます」、面白みがない、ジェンダーの面でも不揃い、文学作品には、全然向いていない
翻訳者:どのようなキャラクター像を提示したいか
機械翻訳と人間、機械翻訳、不自然な訳、統一感に欠ける、人間による監修が必要、結局、人間も英語力をつける必要がある、かつ、日本語力も必要

マザーグース“Ladybird, ladybird” の唄
our lady's bird-ladybird
Ladybird, ladybird,
Fly away home,
Your house is on fire
And your children all gone;
All except one
And that's little Ann
And she has crept under
The warming pan.

大正時代  北原白秋『まざあ・ぐうす』大正一三年(1924)
つんぐりむんぐり潜ぐった(ユニークな表現)
プッヂングの鍋、プディングのお鍋
All goneの訳
みんな子供は焼け死んだ
(例)なくなった(ひらがな表現)にするとソフトな印象、また、「いなくなった」「亡くなった」両方の意味にもとれる
Ladybirdの訳語
てんとう蟲、てんとう虫、テントウムシ等、ひらがな、漢字、ひらがな+漢字、カタカナ+漢字、自分ならどれを選択するか

機械翻訳の特徴
・直訳調、意味が通らないものがある、文末の不統一:「です」と「である」
warming panの訳語が間違い: 文化的背景への知識の欠如、全体的に面白みがない訳
語調、韻律、リズム無視、一言で言うと:平べったい訳(奥行きがない)、文学的なもの、特に韻文には向かない、ナンセンスなものも向かない

定型文・説明文の機械翻訳
(例文)
いつもお世話になっております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
<日本語らしいあいさつ言葉>
英語にはない言い回しの為、このような日本語→英語訳は難しい

機械翻訳の活用
ビジネス英語、説明文、定型文には役立つ、しかし厳密な使用法(精密機械、薬、法律関係、契約書)などには補助的に使う
うまく活用→英語論文の発表のハードルが下がる
例) 医師が論文発表の機会が増えた
特徴:早い
文芸翻訳:ざっと概要をつかみたいとき
★DeepLが一番まとも
機械翻訳と人間による翻訳
・AI時代になっても、人間の翻訳は必要
・AI翻訳の誤りを見抜く英語力が必要
<人間の強み>
・原文の面白みを伝える(読解力・表現力)
・文化的背景を読み込む知識(warming pan, stile, hose, fiddleなどの訳語)
翻訳は古びるか?
・原文と比較して
村上春樹・柴田元幸と翻訳
・村上春樹:なぜ自分は翻訳するのか
・翻訳したいテキストは山のようにある
・自分のつたない世界観や考え方をいちいちパッケージして商品化する必要が無い
・文章の勉強になる
・人に会う必要もなく、自分のペースで仕事ができる
<柴田元幸との対談>
翻訳の楽しさに目覚めたのは高校時代
翻訳は飽きることがない(柴田)
「村上春樹と野崎孝訳の『ライ麦畑』
<野崎孝訳サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』>
言葉の選び方や文章の流れ、時代感覚の違いなどにより、小説そのものに比べて、翻訳の文章はどうしても古くなる傾向がある、自分自身は早く古びそうな言葉は翻訳にはなるべく使わない
・山本史郎:サリンジャーの野崎訳と村上訳とを比較
村上訳-英語の読みとして正確であり、日本語としての自然さを大事にしていると評価
『翻訳の授業』 
時代に合った新しい翻訳

機械翻訳
・言葉遊び、会話文、韻文が苦手、背景を読むことが苦手、不自然な文体、統一感に欠ける、
人間の監修が必要
利点:早い、補助的には活用できる
弱み:言葉の背後に広がるほらあな背景、言葉遊び、ニュアンス
人間の強み:言語の背後にある文化的知識を持つ訳に正確さ・深さ
これまでの翻訳を参照→新しい翻訳
機械翻訳の誤りを見抜く英語力
機械翻訳の限界を補う英語力・日本語力をつける
日本語の変化についていく→翻訳を更新する
--AI技術は今後進化していく

以上
==================================
●●セミナーのご案内●●

*ZOOM(オンライン)で受講できます。                           
==================================          
==================================
        ●ZOOM オンラインセミナー●
================================== 
 
==================================

● 「英文法から学ぶ特許翻訳実践」セミナー ●
       
          ~ 特許英語は高校の英文法で書ける~  

「高校の英文法であの難しい特許英語が書けるの?」と思われるでしょうが、逆にこれを知らずして特許英語は書けません。英文法を特許翻訳に応用する方法を教えます。この知識をもとに、実際に請求の範囲や明細書を訳すことまで行います。

<セミナー目次>
1 英文法編
(1)類似単語、フレーズの区別
(2)特許翻訳頻出単語、フレーズ、表現の紹介
(3)請求の範囲の種類
(4)英文法をざっと復習
①冠詞、自動詞・他動詞、可算名詞、不可算名詞
②関係代名詞、関係副詞(制限用法、非制限用法)、関係形容詞
③分詞構文
2 実際の特許明細を英訳する 

●講師:奥田 百子(オクダ モモコ)
 ・外資系銀行を経て特許事務所にて勤務
 ・現在、奥田国際特許事務所にて、また翻訳者、執筆者、弁理士として
  活躍し、米国バベル翻訳大学院では第3科目「特許・技術・医薬翻訳
  専攻」にて「特許翻訳レベルⅠ(英日)」をプロフェッサーとして担当
 ・ 「現代日本執筆者大辞典・第5期」(日アソシエイツ)に
   掲載されている
 ・ 元 弁理士試験委員
 ・英検一級取得、技術英検1級取得

 <著書>
 「ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語」(秀和システム)
 「国際特許出願マニュアル2版」(中央経済社)
 「特許翻訳テクニック2版」(中央経済社)
 「もう知らないではすまされない著作権」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解著作権法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解商標法のしくみ(3版)」(中央経済社)
 「米国特許法改正のポイント」(中央経済社)
 「ネイティブに笑われない英文ビジネスメール」(中央経済社)
 「こんなにおもしろい弁理士の仕事(3版)」(中央経済社)
 「誰でも弁理士になれる本(4版)」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ第3版」(中央経済社)
 「自宅でできる翻訳の仕事」(ペーパーバック+電子書籍、
                インプレスR&D)
 「知的財産関係条約基本解説」(法学書院、2017年1月)
 「現代日本執筆者大事典・第5期」(日外アソシエーツ)所載
 「はじめての特許出願ガイド」(中央経済社発行)2019年3月
  「1日25分のオンライン英会話で英語ペラペラ」(セルバ出版)2020年

・実施日:    2022年5月27日(水)15時~16時30分(日本時間) 
・申込締切 :2022年5月24日(木)(日本時間)

◆セミナーの詳細・お申込みはこちらまで↓

https://www.jta-net.or.jp/seminar_20220527.html

=================================
=================================

● 『the boy who wouldn’t go to bed』で楽しむ絵本翻訳セミナー ●
       
   ~ 絵の魅力も充分に活かして、1冊まるごと訳してみましょう~ 
 
難解な語句はないのに、自然な日本語にするのは意外とむずかしい絵本翻訳。今回の課題にも、登場人物の会話の口調、擬音語、韻など、悩みどころがいくつもあります。色彩が美しく細部も気になるこの絵本。原作の世界を伝える訳文を、参加者の皆さんとともに考えたいと思います。

<セミナー目次>
・参加者から提出された訳を読みながら、解説
・講師の訳と、日本語版の訳も合わせて読んでいきます
・参加者が特に悩んだり迷ったりした部分があれば、聞かせてください
・絵本は、「絵」本
・役割語について

*このセミナーでは、ご参加者様にあらかじめ課題問題を解いていただき、
 各人が提出した課題の回答を題材に解説も致します。
*時間の都合でお送りいただいたご参加者様の回答を題材にできない
 場合がありますのでご了承ください。また、課題の添削はございません。
*課題の提出は任意でございます。

*課題提出締切:6月21日(火) 午後3時まで(日本時間)
 お早目にお申込み下さい!

●講師:小林晶子(コバヤシ アキコ)
 ・大学で国文学を専攻。
 ・小学校の読み聞かせ活動に参加して絵本の面白さに目覚める。
 ・3年間のカナダ滞在時に英語の絵本に触れる。
 ・バベル・ユニバーシティーなどで絵本翻訳を学ぶ。
 ・第18回いたばし国際絵本翻訳大賞英語部門大賞受賞『こおりのなみだ』
 ・翻訳作品『どこかな あるかな さがしてね くまくんの クリスマス』
 『「危険なジェーン」とよばれても』(いずれも岩崎書店)

・実施日:2022年6月24日(金) 15時~16時30分(日本時間) 
・申込締切 :2022年6月20日(月) (日本時間)

◆セミナーの詳細・お申込みはこちらまで↓

https://www.jta-net.or.jp/seminar_20220624.html

=================================
=================================

●●翻訳試験のご案内●●


*試験は全てインターネット受験のため、ご自宅での受験となります。


●●実施日:2022年5月21日(土)(日本時間)
●●締切:2022年5月17日(火)(日本時間)

◆《出版翻訳能力検定試験》

1) 第36回 絵本翻訳能力検定試験   
2) 第33回 スピリチュアル翻訳能力検定試験
https://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html


◆《ビジネス翻訳能力検定試験》

1) 第49回 IR・金融翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第53回 リーガル翻訳能力検定試験(英日・日英)
https://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html


◆《中国語翻訳能力検定試験》

1) 第34回 中日ビジネス一般翻訳能力検定試験
2) 第34回 日中ビジネス一般翻訳能力検定試験
3) 第34回 中国語リーガル翻訳能力検定試験
https://www.jta-net.or.jp/about_chinese_translation_exam.html


===============================


情報提供 : 一般社団法人 日本翻訳協会 (Japan Translation Association 略してJTA)
 
●一般社団法人 日本翻訳協会●
https://www.jta-net.or.jp/ 
・設立:1986年10月
・Mission:「翻訳に対する社会の認識を高めること及び翻訳に関する技術及び知識を増進することによって翻訳の水準を高めること並びに翻訳者を支援してその自立を促進することを通じて、世界の文化交流及び産業経済の発展に寄与することを目的とする。」
===============================