大きくする 標準 小さくする

インドの裁判所、すべての訴訟記録を現地語に翻訳

2019/11/22

インドの裁判所、すべての訴訟記録を現地語に翻訳  

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.11.01    インドの裁判所、すべての訴訟記録を現地語に翻訳




インドの最高裁判所から、今年7月までにすべての裁判記録をインドの地域言語に翻訳し、ウェブサイトにアップロードするサービスを開始するとの発表がありました。現在、インドにおける最高裁判所の判決記録はすべて英語で記されているため、英語を理解しないインドの人々にとって、自国の法律を理解することが難しい状況となっています。ですが、このサービスにより、地方に住む人々の法律に対する理解が進むのではないかと大きな期待が寄せられています。

インドと言えば、英語を話す国として多くの国で認知されています。実際、インド人の
IT技術者は、その高い英語力により、世界のIT市場で大きな成功を収めました。しかしながら、実際にはインド国内で英語を理解する人は人口の約1割に過ぎず、大学等の高等教育を受けた人に限られています。それ以外のほとんどの人は英語を解さず、地域の言語のみで生活しているため、インド国内における言語障壁は大きな社会問題となっています。

インドでは、イギリスからの独立の際、ヒンディー語がインドの国語として定められました。しかしながら現在、ヒンディー語を理解するのは人口の約
2割に過ぎないと言われています。それ以外の人々は、それぞれの州の言語で定められた地域言語を使っており、その数は22言語もあります。その一方で、憲法などのインドの法律は主に英語で記されているため、インドの人々の間で自国の法律に対する理解がなかなか進みませんでした。

今回の最高裁判所の発表で、対象となった言語は、アッサム語、ヒンディー語、カンナダ語、マラティ語、オリヤー語、テルグ語の6言語です。このサービスが最高裁判所で可能になったのは、翻訳ソフトウェア技術の進展のおかげだと言われています。多様性に富むインドの言語事情からすれば6言語はまだまだ少ないように見えますが、それでもインドに生きる一般の人々にとっては大きな一歩と言えるでしょう。

 


https://bit.ly/2NtpVyV

http://net.keizaikai.co.jp/archives/2374​​​​​

https://www.compathy.net/magazine/2015/12/17/india-where-many-languages-are-spoken/




2019.11.01    Indian Court to Translate all Verdicts into Regional Languages



The Supreme Court of India previously announced that all its judgments would be translated into regional languages and uploaded to its website by the end of July. Until recently, all of the Supreme Courts records were available only in English, meaning that Indian citizens who did not understand English had great difficulty understanding Indian law. It is expected that this translation service, however, will go a long way toward helping Indian nationals who live in rural areas of the country better understand their own laws.

India is widely known as one of the many countries that speaks English. Indians in the IT industry are especially known for breaking into the international market partly due to their exceptional English skills. However, the reality is that only 10% of the Indian population understands English—those with college or higher-level education. Nearly all other people in India are only familiar with their regional language, which causes societal problems due to people of different regions being unable to communicate with one another.

Hindi was established as the national language of India after the country gained independence from England. However, presently only about 20% of the population speaks Hindi. The rest of the population primarily speaks the long-established language of their respective states, and the total number of such languages is twenty-two. Furthermore, since the Indian Constitution and much of its law are written in English, very few Indian citizens actually understood their own law.

The Supreme Court’s recent announcement named six languages into which its verdicts would be translated: Assamese, Hindi, Kannada, Marathi, Odia and Telugu. Developments in translation software are said to have been a significant factor in the Supreme Court’s decision. In a country with such linguistic diversity, six languages is still quite few, but it is undoubtedly a significant first step for the general public of India.



https://bit.ly/2NtpVyV

http://net.keizaikai.co.jp/archives/2374
​​​​​

https://www.compathy.net/magazine/2015/12/17/india-where-many-languages-are-spoken/
 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS