大きくする 標準 小さくする

ミシェル・オバマの回顧録が、ついに日本でも発売

2019/10/23

ミシェル・オバマの回顧録が、ついに日本でも発売  

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.10.05    ミシェル・オバマの回顧録が、ついに日本でも発売

 
 元アメリカ合衆国大統領夫人、ミシェル・オバマさんの回顧録『マイ・ストーリー』が今年
8月、日本でも発売されました。この回顧録は世界45言語に翻訳され、売り上げ総数が1000万部を突破したと言われていま。夫のバラク氏の回顧録よりも先に発売されたことも、異例の売れ行きとなった原因の一つかもしれませんが、この本は、国籍、年齢にかかわらず、多くの人々を魅了しました。その理由はどこにあったのでしょうか。

 
よく知られているように、ミシェルさんはシカゴの労働者階級に生まれました。黒人の女の子として味わった人種差別はありましたが、家族の愛情に支えられ、やがてアメリカ合衆国のファーストレディーにまでなったミシェルさんでしたが、本書で語られたのは、その華々しいサクセスストーリーだけではありませんでした。ミシェルさんは、マイノリティーだったゆえに味わった苦痛や、一人の妻として母として悩んだ過去を驚くほど率直に、本書の中で語っています。その率直さに世界中の人々が、「これは私の物語である」と共感しました。

日本では発売に当たり、
823
日に都内でトークイベントが開かれました。イベントでは、「わかる、わかる」とミシェルさんへの共感の声が次々とあがりましたが、日本ならではの反応は、ミシェルさんの「ワンオペ育児」の経験でした。夫のオバマ氏が政治活動で忙しく、家庭を顧みる時間が取れなかったとき、ミシェルさんは、日本でいう「ワンオペ育児」を経験しています。家のことを全然やらない日本人の夫に悩む日本の読者には、自分と重なり合う部分が多くあったのでしょうか。イベント中は、家事をやらないオバマ氏への悪口で大いに盛り上がりました。

ミシェルさんといえば、ファーストレディー時代、エレガントでありながらユーモアも交えた素晴らしいスピーチで多くの人を魅了しました。多くの苦難を経験しながら、それを乗り越えられたのは、ミシェルさん自身の類まれな努力と才能があってのことでしょう。同書から日本の読者が学べることがたくさんあるに違いありません。

 


https://allreviews.jp/review/3745
​​​​​
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO48277180W9A800C1000000?channel=DF030920184327

https://globe.asahi.com/article/12680026



2019.10.05    Michelle Obama’s Memoir Finally Published in Japan
 

 Former American First Lady Michelle Obama’s memoir, Becoming (titled My Story in Japanese), was published in Japan in August of this year. Her memoir has been translated into 45 languages and has sold over 10 million copies worldwide. Michelle published her memoir before her husband Barack Obama, which may be one of the reasons for its remarkable sales. The book has captured the hearts of countless readers of all ages and nationalities around the world, however, so there must be other reasons for its immense popularity.


Michelle was born to working-class parents in Chicago, and, as an African American woman, experienced racism from a young age. Despite this, the love of her family supported her, and she eventually became the First Lady of the United States of America. Michelle’s book, however, does not only tell the story of her successes; she discusses with great candor her difficulties as a black woman, as well as those she experienced as a wife and mother. This candor has helped countless readers around the world feel that her story was also their story.

A talk was held on August 23 to coincide with the publishing of Michelle’s memoir. Many of the participants were enthralled with Michelle’s story and really felt that they could relate. Particularly, the Japanese tend to sympathize with Michelle’s so-called “one-man operation childcare.” Obama was extremely busy with his political pursuits, leaving little time for him to focus on the family and pushing the majority of that burden onto Michelle. Japanese wives and mothers, whose husbands often neglect housework entirely, no doubt saw many parallels to their own lives. The topic of Obama’s negligence in the home was a hot topic at the talk that many of the participants could relate to.

Michelle is most well-known for her elegance and humor as First Lady, and for her brilliant speeches which captured the hearts of her listeners. What allowed Michelle to pull through her many hardships was undoubtedly her incredible resolve and unparalleled brilliance. There are sure to be many things for Japanese readers to learn from her wonderful memoir now available in Japanese. 


https://allreviews.jp/review/3745


https://style.nikkei.com/article/DGXZZO48277180W9A800C1000000?channel=DF030920184327

https://globe.asahi.com/article/12680026

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS