大きくする 標準 小さくする

東京オリンピックに向けて、通訳の準備は万全

2019/10/07

東京オリンピックに向けて、通訳の準備は万全  

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.09.27    東京オリンピックに向けて、通訳の準備は万全

 
2020年の夏、東京オリンピックが開催されます。東京では現在、オリンピック開催に向けて、準備が急ピッチで進められています。通訳サービスも、オリンピック開催において、重要な業務の一つです。なぜなら、オリンピックには、200か国以上の国から選手が集い、選手が話す言葉も、選手たちの国語だけでなく、マイノリティーに当たる言語も含まれているからです。そのため各言語の通訳サービスの準備も、現在、各方面で進められています。

オリンピックでは、公式言語として、英語や日本語を始めとして11言語が認められています。東京オリンピック組織委員会では、各国の大統領や首相など、首脳級の通訳を務めた一流の通訳チームを組んで、通訳サービスに当たる予定です。ですが、オリンピックの通訳は、政治家の通訳をするのとは違った難しさがあると言われています。それは、メダルを取った選手たちが、選手たち固有の言葉で、自分たちのパフォーマンスを語るからです。そのため、通訳の皆さんは、柔道やサーフィン、アーチェリーなど競技そのものについても勉強する必要があります。

こうした問題は、ボランティアとして通訳を務める人たちも抱えています。通訳のサービスは、選手たちだけでなく、関係者や試合観戦に訪れた観光客も必要しています。大会運営に当たって、組織委員会では、約
10万人以上ものボランティアを募集しており、その中には、通訳ボランティアも含まれています。ですが、報酬は払われないのに、求められるスキルは専門職以上といわれ、日本では「ブラック・ボランティア」と批判を受けています。

しかし、オリンピックは
4年に一度の祭典であり、この問題をなんとかしようと各方面で様々な努力がされています。例えば、市町村などの日本の各自治体では、組織委員会とは別に語学講座を設けて、外国からのお客様をもてなす準備を進めています。この語学講座は、大盛況で、大勢の市民の皆さんがエントリーをしているとのことです。各スポーツ団体もボランティアを募集ケースもあり、興味がある方は問い合わせてみるといいでしょう。



http://tsuyaku-annaishi.com/blog/9/page-6
​​​​​
https://buzzap.jp/news/20180614-tokyo-olympic-volunteer-works/

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56714


​​​​​​​


2019.09.27    Interpreting Services Ready to Go for Tokyo Olympics



The Tokyo Olympics will be held in the summer of next year. Only months away, preparations in the city have ramped up in recent months. One of the most important services offered at the Games is, of course, interpretation. Athletes from over 200 countries will be in Tokyo, but there are also minority languages to keep in mind for certain countries. It will be a huge undertaking to cover so many languages, but preparations are already well under way.

There will be 11 official languages at the Tokyo Olympics, including English and Japanese. The team assembled by the Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games is made up of top-notch interpreters with experience interpreting for presidents and other Heads of State. The Games pose a challenge even to the most highly qualified interpreters, however, because of the need to interpret the individual speech styles of the athletes themselves when they discuss their own performance. Olympic interpreters must therefore study the unique lingo of the many sports featured at the Games, including judo, archery and many others.

Even volunteers are expected to take on the burden of extra study if they wish to be involved. This is because interpretation is necessary not only for the benefit of Olympic athletes, but for the many spectators from around the globe who will be coming to the Games. The Olympic Committee is recruiting over ten thousand volunteers to help on the ground in Tokyo, and some of these volunteers are to serve as interpreters. Some have taken to calling this practice “black volunteering,” criticizing the fact that volunteer interpreters will be expected to hold and utilize highly specialized skills, yet they will receive no compensation.

Despite such issues, efforts are being made at various levels throughout Japan to address the many challenges to come—the Olympics are, after all, a rare event that is only held once every four years. For example, local municipalities around the country are holding their own special language seminars to help locals and businesses better serve the sudden influx of international visitors. Japanese citizens are participating in these seminars in huge numbers. Though many preparations have already been made, there are cases of individual sporting organizations recruiting volunteers. For those interested in volunteering, there may still be opportunities available!



http://tsuyaku-annaishi.com/blog/9/page-6


https://buzzap.jp/news/20180614-tokyo-olympic-volunteer-works/

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56714

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS