大きくする 標準 小さくする

アメリカで出版される翻訳本の半分はわずか9か国語から

2019/09/24

アメリカで出版される翻訳本の半分はわずか9か国語から  

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.09.08    アメリカで出版される翻訳本の半分はわずか9か国語から

 
2018年、アメリカで出版された翻訳本の数は、632冊にも及びました。これで、5年連続600冊以上の本が、アメリカで翻訳され、出版されたことになります。かつて、本に関しては非常に保守的だったアメリカの出版業界を鑑みれば、これは非常に革命的なことと言えます。実際、2008年から2010年にかけては、アメリカで出版された翻訳本の数は、400冊以下でした。

ウエブ雑誌「
QUARTZY」の記事によれば、その理由は、二つあるということです。一つは、2001年の同時多発テロ事件を契機に、アメリカ人が世界で起こる出来事に大きな関心を寄せるようになったこと、そして、スティーグ・ラーソンの『ドラゴン・タトゥーの女(The Girl With the Dragon Tattoo)』やエレナ・フェッランテの『リラとわたし(My Brilliant Friend)』などの翻訳本がベストセラーになったことが理由にあげられます。

しかしながら、翻訳本のソース言語別で見ますと、半数がわずか
9か国語の言葉で占められています。1位が断トツで、フランス語から翻訳です。続いて、ドイツ語、スペイン語、イタリア語とヨーロッパの国が続きますが、第5位が日本語となっています。また、作家別で翻訳された本の数を見ますと、第2位に、日本人作家である西尾維新さんがランクインしています。西尾さんの作品は、19冊もアメリカで翻訳されて、出版されています。

西尾維新氏は、ライトノベルズの作家であり、多くの漫画シリーズの原作者としても、非常に有名です。英語に翻訳された西尾氏の作品に、『戯言シリーズ』、『
DEATH NOTE』等があります。西尾氏は、日本でも非常に人気のある作家ですが、日本文学のメインストリームからいささか離れた作風であることは確かです。そういう西尾氏の作品が多くアメリカで出版されているところを見ると、アメリカの出版界は保守的とは、もはや言えないかもしれません。


https://qz.com/quartzy/1634382/which-countries-do-books-translated-for-the-us-come-from/
​​​​​
https://www.vulture.com/2019/05/translated-fiction-has-been-growing-or-has-it.html

https://pdmagazine.jp/people/nishio-ishin/



2019.09.08  Half of Translated Books in US from a Mere 9 Languages



32 translated books were published in the US in 2018, the fifth year in a row that this number exceeded 600. Considering the traditionally conservative publishing industry in America, this is a truly revolutionary development. In fact, the total number of books in translation published between 2008 and 2010 was less than 400.

According to the online magazine Quartzy, there are two reasons for this increase in translation publishing. The first is that Americans became more interested in what was happening around the world after the September 11th terrorist attacks of 2001. The second reason is that the success of The Girl With the Dragon Tattoo increased demand for translated works.

Half of all translated books in the States are from a mere 9 languages. The top language is French, which has a marked lead over all other languages. Fellow European languages German, Spanish, and Italian follow, but Japanese takes the fifth spot on the list. Looking at translated books in the US ranked by author, Japanese writer Nishio Ishin comes in at number two on the list. He has had an impressive 19 volumes translated and published in the US.

Nishio Ishin writes Light Novels and is also a famous manga writer. The Zaregoto series and Death Note are just some of Nishio’s works that have been translated into English. Though he is certainly popular in Japan as well, Nishio’s work is not mainstream Japanese literature. His popularity in the US is proof that American publishing today is anything but conservative.



https://qz.com/quartzy/1634382/which-countries-do-books-translated-for-the-us-come-from/

​​​​​

https://www.vulture.com/2019/05/translated-fiction-has-been-growing-or-has-it.html

https://pdmagazine.jp/people/nishio-ishin/

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS