大きくする 標準 小さくする

村上春樹、世界デビューから30年

2019/09/07

村上春樹、世界デビューから30年  

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.08.24    村上春樹、世界デビューから30年


 



19909月、アメリカの雑誌「The New Yorker」に、村上春樹の短編小説 『TVピープル』の英語版が掲載されました。当時は、日本語で書く作家が、英語に翻訳されて、英語圏の雑誌に載ること自体が画期的でした。ですが、その後、村上春樹氏の作品は、世界50か国語以上に翻訳され、日本を代表する作家として認識されるようになりました。

村上氏によりますと、世界デビューの成功は、決して偶然ではなかったということです。アメリカでのデビューに当たり、アメリカの編集者とともに、アメリカ人読者に受け入れられるように作品の微調整を行ったと、村上氏自身が明らかにしています。また、村上氏は作品を書く際に、翻訳で読まれることを前提として作品を書いていたとも言われています。

それでも、村上氏の成功は、日本文学に対するイメージを大きく変えることになりました。それまで、日本文学と言えば、谷崎潤一郎や、川端康成、三島由紀夫といったエキゾチックな東洋の美を前面に押し出したものが主流でした。それが、アメリカ文学の影響を強く受け、現代日本社会とファンタジーの世界が交錯する世界を描いた村上氏の登場により、世界の文壇における日本近代文学のイメージを大きく塗り替えることとなったのです。

また、日本の他の作家に対する影響も見逃せません。翻訳される作品や作家が、多様化しました。
90年代以降、女流作家の作品が多く翻訳されるようになったこと、ミステリーや、SF、ライトノベル等、多様なジャンルの作品が翻訳されるようになりました。最近の例では、桜坂洋氏のライトノベル『All You Need is Kill』の英語版が出版された後、ハリウッドで『Edge of Tomorrow』 として映画化されました。しかしながら、この作品は、原作のプロットのみが再現され、それ以外の舞台背景は大きく変更されています。翻訳とは何か、を改めて考えさせられる現象が起きていますが、これもすべて、村上氏の成功から始まったと言えるかもしれません。


https://bit.ly/2x6bKrP

https://www.nippon.com/ja/in-depth/d00491/?pnum=2classica_id=CC1502

https://bit.ly/2Zqs0iW


 

2019.08.24    Haruki Murakami: 30 Years of International Acclaim 


 
Haruki Murakami’s short story “TV People” was translated into English and published in The New Yorker in September of 1990. This was a groundbreaking achievement at the time, as it was unheard of for a Japanese writer to be translated into English and published in an English-language magazine abroad. After his international debut, however, Murakami went on to have his works translated into over 50 languages, making him one of Japan’s most representative authors on the global stage.

According to Murakami himself, his international success is no coincidence. He has stated that he collaborated with his American editors, fine-tuning the English translation to make sure that it would resonate with an American audience. He has also said that he keeps in mind that his works will be read in translation when writing.

Murakami’s success naturally changed the face of Japanese literature. Until his international debut, writers such as Jun’ichiro Tanizaki, Yasunari Kawabata and Yukio Mishima—“exotic” writers whose work is characterized by eastern aesthetics—were the face of Japanese literature. Murakami’s style, however, is strongly influenced by American literature and characterized by a unique melding of modern Japanese society with fantastical elements. Thus, his entrance onto the international literary scene added fresh color to contemporary Japanese literature.

Murakami’s influence on other writers cannot be ignored. Since his 1990 debut, a great variety of other Japanese works have been translated and published. The 1990’s, for example, saw a flourishing of female Japanese writers in translation, as well as Japanese works in a variety of genres including science fiction, mystery, and light novels aimed at younger audiences. In recent years, Hiroshi Sakurazaka’s light novel All You Need is Kill was translated into English and adapted into a major Hollywood film titled Edge of Tomorrow. The movie, however, while staying faithful to the original plot, completely changes the setting of the original novel. Examples such as this force us to reconsider the question of what constitutes translation, and it might be said that this is ultimately thanks to Murakami’s groundbreaking success.


https://bit.ly/2x6bKrP


https://www.nippon.com/ja/in-depth/d00491/?pnum=2classica_id=CC1502

https://bit.ly/2Zqs0iW







編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS