大きくする 標準 小さくする

アンデルセンの名作『人魚姫』に隠された秘密

2019/08/22

アンデルセンの名作『人魚姫』に隠された秘密  

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.08.09    アンデルセンの名作『人魚姫』に隠された秘密
 


童話『人魚姫』はデンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる作品で、
1837年に発表されました。発表後、この作品は世界中の芸術家たちの想像力をかき立て、音楽や舞台、映画やアニメなど、さまざまな派生作品が生まれました。ジョン・ノイマイヤーによって振り付けされたバレエ『人魚姫』も、その派生作品の一つです。ただ、このバレエ『人魚姫』がほかの派生作品とは一味違うところは、報われない同性愛に苦悩するアンデルセンの想いが、人魚姫という悲しい物語になったと綴られているところにあります。

アンデルセンが同性愛者もしくは両性愛者であったことは、以前から研究者の間では知られていたことでした。アンデルセンは
1804年、貧しい靴職人の子としてデンマークに生まれます。苦労を重ねて大学まで入学を果たしますが、大学を卒業することはできませんでした。しかし、生涯にわたって童話を書き続け、『親指姫』『裸の王様』『マッチ売りの少女』など、日本でも有名な名作童話を残しています。

『人魚姫』は、アンデルセンの親友エドワード・コリンに対する抑えきれない愛と失恋から生まれた物語であると言われています。アンデルセンはエドワードにその熱い思いを伝えますが、エドワードはアンデルセンを拒絶し、
1836年、女性と結婚してしまいます。アンデルセンの『人魚姫』は、その翌年に発表されました。作品中の「人間の王子」はエドワード、「人魚」がアンデルセン自身の投影というのが定説となっています。

「人魚」は、しばしば「叶わぬ恋」もしくは「悲恋」を表す代名詞として使われますが、童話『人魚姫』がアンデルセン自身の自伝的物語だったとは、まさに隠されていた秘密と言っていいでしょう。今年
7月、ディズニー映画『リトル・マーメイド』が、新解釈のもと、実写版として制作されるとの発表がありました。アンデルセンの自伝的物語がどのようにして新たな魅力を引き出してくれるのか、非常に楽しみです。


https://lithub.com/dear-internet-the-little-mermaid-also-happens-to-be-queer-allegory/

https://www.classica-jp.com/program/detail.php?classica_id=CC1502

https://front-row.jp/_ct/17286085


 

2019.08.09    The Queer Secret Behind Andersen’s “The Little Mermaid” 
 


 
“The Little Mermaid” is a fairy tale written by Hans Christian Andersen. After its first publication in 1837, it inspired artists around the world to adapt the story to the stage, film, and even animation. John Neumeier’s ballet The Little Mermaid is one such work, but with something that sets it apart from other adaptations: the ballet tells the story of how Andersen’s struggles with unrequited homosexual love inspired the creation of “The Little Mermaid.”

Scholars have known that Andersen was either gay or bisexual for some time. Born to a poor cobbler in 1804, Andersen struggled to enter university but was ultimately unable to graduate. Despite this, however, he spent his life writing fairy tales that have become classics, such as “Thumbelina,” “The Emperor’s New Clothes,” and “The Little Match Girl.”

It is believed that “The Little Mermaid” was inspired by Andersen’s own experiences with intense but unrequited homosexual love. He fell deeply in love with his close friend Edvard Collin, but was rejected after revealing his feelings. Collins married in 1836, and “The Little Mermaid” was published the following year. The standard interpretation of the story is that the prince is meant to represent Edvard, while the mermaid is a projection of Andersen himself.

Mermaids are often used as a symbol of unrequited or blighted love, but few know the secret behind “The Little Mermaid”—that it is an autobiographical account of Andersen’s own love life. With the announcement last month that Disney will produce a live-action remake of their classic film “The Little Mermaid,” many will be anticipating how Andersen’s autobiographical fairy tale will be interpreted anew.

https://lithub.com/dear-internet-the-little-mermaid-also-happens-to-be-queer-allegory/


https://www.classica-jp.com/program/detail.php?classica_id=CC1502

https://front-row.jp/_ct/17286085






編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS