大きくする 標準 小さくする

日本で国際ブックフェアが開かれなくなった理由

2019/08/22

日本で国際ブックフェアが開かれなくなった理由 

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.08.02    日本で国際ブックフェアが開かれなくなった理由

 
国際ブックフェアは、自国の出版社と海外の出版社が本を並べ、出版社同士で版権や流通の商談が行われる場です。国によっては、一般の読者も来場できて、海外の珍しい本を知る機会にもなっています。2019年は、59ヵ国の71会場で開催される予定です。ところが、日本では、2016年を最後に、国際ブックフェアが開かれなくなっています。

3年前まで日本で開催されていた国際ブックフェアは、「東京国際ブックフェア(TIBF)」と呼ばれていました。もともとは、日本書籍出版協会が主催していた「日本の本展」がその前身でしたが、1994年からは、イギリスのリードエグジビションジャパン(リード社)が日本書籍出版協会と連携し、大規模なTIBFへと発展させました。その後、日本では、出版業界は次第に斜陽産業になりましたが、TIBF2016年まで開催されました。しかしながら、毎年来場していた一般の読者の方の報告によれば、同ブックフェアの規模は年々小さくなっており、休止はある程度予想されたとのことです。

TIBFが休止になった最大の理由は、やはり、日本を取り巻く出版業界の事業の在り方が大きく変わったことにあります。例えば、海外出版社との商談も、インターネットやEメールの発展によって、必ずしも国際ブックフェアが必要としなくなったこと、また、中国など近隣諸国でも国際ブックフェアが開かれるようになり、東京まで来て出展する企業が減ってきたことがあげられます。また、同時に出版業界の新しい流れも無視できません。毎日出版社とダイヤモンド社が、海外の出版社を招いて「東京版権説明会」を2015年から開催していますが、2018年になると、50社ものIT企業が参加するようになったそうです。

日本書籍出版協会は、東京国際ブックフェアの開催をあきらめたわけではありません。新たな枠組でのブックフェアの開催を模索している最中とのことです。従来の出版社だけが出版業界を支えるという構図が崩れてきている今、新しい出版産業の在り方を問われる時期に来ているのもかもしれません。

 

 
https://diamond.jp/articles/-/208991?page=3
​​​​​
https://www.shinbunka.co.jp/news2017/10/171027-02.htm

http://hakkadrops.main.jp/?p=6160


http://nichiin.co.jp/archives/20716/



2019.08.02    The Disappearance of International Book Fairs in Japan
 



An international book fair is a type of convention where domestic and foreign publishers gather to display their books and negotiate publishing and distribution rights. In some countries, it is common for consumers to participate in book fairs as an opportunity to learn about rare books from abroad. In 2019 alone, 71 international book fairs are scheduled in 59 different countries. The last fair to be held in Japan, however, was back in 2016.

The fair held in Japan up until three years ago was called the Tokyo International Book Fair (TIBF). It started as the Nihon no honten (Japan Book Exhibit) held by the Japan Book Publishers Association (JBPA), which expanded in 1994 when the English company Reed Exhibitions Japan partnered up with JBPA to create the Tokyo International Book Fair. The publishing industry in Japan since then, however, has been in decline, which led to the end of TIBF three years ago. This development was not a surprise to the general readers who had been attending the fair for years and had noticed the gradually shrinking scale of the so-called international fair.

One of the biggest factors that led to the discontinuation of TIBF was the drastic ways in which the publishing industry had changed in Japan. The advent of the internet and email, which allowed for remote negotiations between publishing companies abroad, had thrown into question the necessity of international book fairs, while the profusion of book fairs in China and other neighboring countries had led to fewer companies participating in the Tokyo event. At the same time, publishers can’t ignore recent trends in the industry. From 2015, Mainichi Publishing and Diamond, Inc. began inviting foreign publishing companies to the “Tokyo Copyright Information Session.” The 2018 session had participants from over 50 IT companies.

In fact, JBPA hasn’t completely given up on the Tokyo International Book Fair; they are merely working on developing a new framework for the fair that does not limit participation to strictly publishing companies. The industry is now supported by a number of ancillary industries, which has made it necessary to consider a totally new way of looking at publishing and books.




https://diamond.jp/articles/-/208991?page=3

https://www.shinbunka.co.jp/news2017/10/171027-02.htm


http://hakkadrops.main.jp/?p=6160

http://nichiin.co.jp/archives/20716/


 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS