大きくする 標準 小さくする

フランツ・カフカの遺稿の所有権、イスラエル国立図書館へ

2019/08/07

フランツ・カフカの遺稿の所有権、イスラエル国立図書館へ 

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.07.19    フランツ・カフカの遺稿の所有権、イスラエル国立図書館へ

 


フランツ・カフカといえば、現在のチェコにあるプラハ出身で、20世紀を代表する作家のひとりです。日本でも大変人気のある作家で、代表作『変身』をはじめ多数の作品が日本語に翻訳されています。そのカフカが残した生原稿が、近く公開される可能性が出てきました。

1924年、晩年のカフカは友人のマックス・ブロートに、「自分の死後、焼却してくれ」と言って原稿を託しました。しかしカフカの死後、ブロートはカフカとの約束を守らずに、原稿の一部を編集、出版してしまいます。現在、私たちが目にすることができるカフカの作品の多くは、このブロートの編集によるものです。

その後、カフカの遺稿は数奇な運命を辿ります。ブロートは死の直前、カフカの遺稿はイスラエルの大学か公的機関に遺贈するようにと言って、自分の女性秘書に託しました。ですが、この遺言はまたしても守られず、この女性秘書の手元に残されました。その後、遺稿の一部を女性秘書は売却し、1988年、ロンドンのサザビーズで競売にかけられます。2008年、女性秘書が亡くなると、二人の娘が残りの原稿を相続し、イスラエルとスイスの貸金庫に保管しました。2009年、遺稿の所有権をめぐって裁判が始まります。2016年、イスラエルの最高裁は、遺稿の所有権はイスラエル国立図書館にあるという判決を下しました。そして今年4月、スイスの貸金庫にあった遺稿についても、スイスの裁判所がイスラエル最高裁の判決を承認しました。

イスラエルの貸金庫にあったカフカの生原稿は、イスラエル国立図書館がすでに回収したとのことです。この生原稿は今後、どのように公開されるのでしょうか。未発表作品も含まれているはずです。その際、翻訳はどのようにされるのでしょうか。カフカ文学のファンなら今後の展開に興味が尽きないでしょう。

 

https://bit.ly/2IDQsbS

https://www.afpbb.com/articles/-/3096863

https://www.afpbb.com/articles/-/2907589?pid=9684581


 

2019.07.19    Kafka works given to Israel's National Library


 
Franz Kafka is a worldly-known writer of the 20th century. Born in Prague his work, including "The Metamorphosis," are legendary among Japanese fans as well. His manuscripts may soon be revealed after a decade-long battle over his literary estate. 

Kafka bequeathed his writings to Max Brod, his longtime friend, editor and publisher, shortly before his death from tuberculosis in 1924. He asked for his writings to be burned unread, but Brod ignored his wishes and published most of what was in his possession – including the novels The Trial, The Castle and Amerika, which made the previously little-known author posthumously one of the most celebrated writers of the 20th century.

But Brod didn’t publish everything and on his death in 1968, he instructed his personal secretary, Esther Hoffe, to transfer the Kafka papers to an academic institution. Hoffe instead kept the papers stashed away and sold some. The original manuscript of The Trial was auctioned at Sotheby’s in London. 
When Hoffe died in 2008, she left the collection to her two daughters, who later hid the works in bank vaults in Israel and Switzerland. 

Israel’s supreme court has already stripped an Israeli family of its collection of Kafka’s manuscripts. A district court in Zurich upheld Israeli verdicts recently, ruling that several safe-deposit boxes in the Swiss city could be opened and their contents shipped to Israel’s national library. 

Israel’s National Library claims Kafka’s papers as cultural assets that belong to the Jewish people. The papers will be properly handled and may soon be made available to the wider public in Israel and the world.


https://bit.ly/2IDQsbS

https://www.afpbb.com/articles/-/3096863

https://www.afpbb.com/articles/-/2907589?pid=9684581







編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】