大きくする 標準 小さくする

アーサー・ウェイリーの『源氏物語』が、日本語に再翻訳

2019/08/07

アーサー・ウェイリーの『源氏物語』が、日本語に再翻訳 

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.07.27    アーサー・ウェイリーの『源氏物語』が、日本語に再翻訳

 

今から100年ほど前、日本最古の小説『源氏物語』が、イギリスの東洋学者アーサー・ウェイリー氏によって英訳され、ヨーロッパで出版されました。その英訳版の『源氏物語』が、日本語に戻し翻訳され、今年の725日に最終の第4巻が出版されます。第1巻は、昨年の1月にすでに刊行されています。

アーサー・ウェイリー翻訳の『源氏物語』は、『
The Tale of Genji』というタイトルで、1925年に英米両国で出版されました。出版されるとすぐに、イギリスの書評家から大評判を呼びました。今年亡くなった日本文学者のドナルド・キーン氏も、18歳の時に、この『The Tale of Genji』を読んだことがきっかけとなって、日本文学者の道を歩みだしたといわれています。『源氏物語』の英訳版は全部で4バージョンありますが、アーサー・ウェイリー訳版が最も高い評価を受けています。

そのウェイリー訳『
The Tale of Genji』を日本語に再翻訳したのが、俳人の毬矢まりえさん、詩人の森山恵さん姉妹です。毬矢さんによると、この再翻訳の目的は、100年前のヨーロッパで、ウェイリー氏が見た源氏物語の世界を日本語で再現してみたかったことだそうです。そのため、「帝(みかど)」は「エンペラー」、「御簾(みす)」は「カーテン」、「琵琶」は「リュート」にカタカナでそのまま表現されています。従来の『源氏物語』に慣れた日本人から見れば、不思議な世界が広がる日本語訳となっています。

ウェイリー訳『
The Tale of Genji』は、佐復(さまた)秀樹氏によって、『ウェイリー版 源氏物語』というタイトルで、2008年に、すでに再翻訳されています。今回の翻訳は、詩人による翻訳ですので、佐復氏とは一味違った翻訳となっています。二つの翻訳版を比べてみるのも、面白い読み方になるかもしれません。

 
https://book.asahi.com/article/11578498
​​​​​
https://www.sankei.com/life/news/180516/lif1805160013-n1.html

https://dokushojin.com/article.html?i=2690


http://sayusha.com/catalog/books/literature/p9784865282009




2019.07.27    Arthur Waley’s Genji Re-translated to Japanese



Renowned English orientalist Arthur Waley translated Japan’s oldest novel, Genji Monogatari (The Tale of Genji) into English nearly 100 years ago. This translation was recently reverse-translated back into Japanese. The first volume was published in January of last year, the fourth and final volume to be published on July twenty-fifth of this year.

Arthur Waley’s translation, entitled The Tale of Genji, was published in the United Kingdom and the U.S.A. in 1925. It immediately received high praise from critics in the UK. It is said this is the very book that inspired the late Donald Keene to become a scholar of Japanese literature at the tender age of eighteen. Though there are four different English-language translations of The Tale of Genji, the great praise heaped upon Arthur Waley’s translation puts his above the rest.

The Haiku poet Mariya Marie and her sister, the poet Moriyama Megumi have now translated Waley’s superb translation back into Japanese. According to Mariya, the sisters’ goal in re-translating The Tale of Genji was to recreate the world of Genji as seen by the great Englishman Arthur Waley one hundred years ago. To do this, Mariya and her sister took Western words like “emperor” (“mikado” in the original Japanese), “curtain” (“misu”), “lute” (“koto”), etc., and translated them into their katakana counterparts in Japanese rather than reverting to the original native Japanese words. The world thus expressed to Japanese readers familiar with Genji Monogatari is sure to be a uniquely intriguing one.

Waley’s The Tale of Genji was first re-translated into Japanese by Samata Hideki in 2008 under the title Waley-ban Genji Monogatari (Waley’s The Tale of Genji). This new translation is sure to distinguish itself in many ways from Samata’s, however, particularly because the translators are poets. Reading and comparing the two is sure to yield some interesting results for fans of the age-old Japanese novel.


https://book.asahi.com/article/11578498

https://www.sankei.com/life/news/180516/lif1805160013-n1.html

https://dokushojin.com/article.html?i=2690

http://sayusha.com/catalog/books/literature/p9784865282009



編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS