大きくする 標準 小さくする

話者が20人のみの希少言語で作られたカナダ映画、イギリスで公開

2019/07/22

話者が20人のみの希少言語で作られたカナダ映画、イギリスで公開 

情報提供 : Books and Rights Marketplace




2019.06.21    話者が20人のみの希少言語で作られたカナダ映画、イギリスで公開

 


今年
4月、話者が20人しかいない言葉を話す人々の姿を描いたカナダ映画が、イギリスで公開されました。この映画は、「Edge of the Knife」というタイトルで、カナダの先住民族ハイダ族の人々の生活を描いた映画です。カナダでは、2018年に初公開されています。

ハイダ族とは、カナダのブリティッシュコロンビア州に住む先住民族で、かつては主にプリンスウェルス島に住んでいました。ですが、外部からの入植者が持ち込んだ疫病や、カナダ政府による同化政策で、人口は激減してしまいます。今では、ハイダ族の言葉を流ちょうに話せる人は、わずか
20人しかいないと言われています。現在でもハイダ族の文化や芸術が残っているのはクイーンシャーロット島で、カナダ政府によって保護されています。

映画「
Edge of the Knife」は、消えゆく言語となってしまったハイダ語を守るために作られた映画です。登場人物は全編をハイダ語で喋っており、スクリーンには字幕が映し出されます。演じた俳優たちは、出演に当たって、ハイダ語を学ばなければならなかったそうです。映画の舞台は19世紀で、ハイダ族の家族の愛、苦悩を描いています。「Edge of the Knife」は、2018年にトロント国際映画祭に出品され、2018年カナダのトップテン映画の一つに選ばれています。イギリスでは今年4月、Canada Now film festivalに出品され、この映画が公開されました。

日本も、先住民族アイヌ語の消滅危機という同様の問題を抱えています。この映画から、日本が学ぶことが多くあるでしょう。日本での公開が待たれます。
 

https://bit.ly/2Ox5ReU

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-48028970

https://www.canada.jp/movies/post-1739/


 

2019.06.21    Film in endangered dialect with 20 speakers premieres in UK


 
In April, a film titled "SGaawaay K’uuna," translated as "Edge of the Knife" premiered in the UK. This movie, originally released in 2018 in Canada, depicts the lives of Haida people of British Columbia, using only their endangered language. 

The Haida are an Indigenous First Nations community whose traditional territory is Haida Gwaii (formerly Queen Charlotte Islands), an archipelago of forested islands off the west coast of Canada. The territory was colonized by the British in the 19th century, which resulted in the devastating decline of Haida population by the spread of diseases such as smallpox as well as by the assimilating policy by the Canadian government. 

The ancestral tongue of Haida has only about 20 people in the world can speak fluently. It is unrelated to any other language, and actors had to learn it to understand their lines. The film with English subtitles, set on Haida Gwaii in the 19th century, is based on an old Haida myth about a man who survives an accident at sea, only to become so weakened that he is taken over by supernatural beings. It is part of a wider push to preserve the Haida language, including a new dictionary and recordings of local voices.

"Edge of the Knife" was among the top ten winners at 2018 Tronto International Film Festival. The UK premiere is part of the Canada Now film festival, showcasing new Canadian cinema, at the Curzon Soho, London. 


2019 is Unesco’s Year of Indigenous Languages, “to preserve, support and promote” them worldwide. There is a similar situation in Japan, with the indigenous Ainu language being endangered. Perhaps the Japanese will have a lot to learn from this film. Japan premiere is highly anticipated.
 

https://bit.ly/2Ox5ReU

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-48028970

https://www.canada.jp/movies/post-1739/






編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】