大きくする 標準 小さくする

ロンドンブックフェア、ブレグジットに話題集中

2019/04/22

ロンドンブックフェア、ブレグジットに話題集中  

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.03.23    ロンドンブックフェア、ブレグジットに話題集中


3月12日にイギリス議会で、メイ首相が欧州連合(EU)と取りまとめたEU離脱協定が否決されました。続いて13日に合意なしの見切り発車が否決され、また14日にはEUに期限延長を求めるという決議がなされました。ブレグジットで議会や世論が揺れる中、12日から開催されたロンドンブックフェアの参加国フランスがカレー港で足止めをくう等の影響がでました。また、著作権や商標権等の知的財産権の扱いが離脱でどうなるのか、ブックフェアでも議論をよんでいます。

13日にはアカデミック書籍関係者がパネルディスカッションを行い、ブレグジットが出版に与える影響について語り合いました。最も大きな影響は通貨の交換だ、という声があがりました。ポンドの価値が下がることから、出版社が欧州他国に拠点を移したり、英国出版社の買収がすすむと予測されています。通貨のみならず、関係者の出入国が困難になることも大きな問題とされています。イギリスの研究者の6分の1は、海外から来た人々だからです。

同じく13日に英国出版協会は、「EUとの合意有り・無しが出版業界に与える影響」と題して専門家が意見を交わすプログラムを開催し、多くが関心を寄せて参加しました。ブルームズベリー社の販売部長キャサリーン・ファラー氏は、「ハリー・ポッターシリーズ出版の際は、シリーズ本がどこでも同時に買えることが大変重要だった。そういう点は維持したい」と物流面で支障がないことを強く求めました。

ケンブリッジ・ユニバーシティー・プレスの重役で次期出版協会会長のピーター・フィリップ氏は、英国の経済全体に対する出版事業の重要性をあげて、協会は政府にその重要性につき説得すると力説しました。英国出版協会は、政府に対し、以下5点を重視した出版関係の規定項目を将来の貿易協定に設けるよう要請するということです。
 ●イギリスが言論の自由を徹底して維持すること
 ●関税ゼロを支持する事
 ●著作権と知的財産権の保護においてグローバルな至適基準を促進すること
 ●市場をサポートする権利消尽体制をうちだすこと
 ●グローバルな知的財産権協定を擁護すること

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、ブレグジットに対する日本企業の対応策として、昨年10月にレポートを発行しました。関税や知的財産権の取扱いについてEUに詳しいコンサル会社に委託してまとめたものです。しかし、今後の英国やEUの出方や協定の内容によっても変更もありうると示唆しています。いずれにしても、素晴らしい英知や思想・芸術の糧である書籍の交流に滞りがないことを願うばかりです。


https://bit.ly/2Yac7ha

https://bit.ly/2FdY29N

 

 

2019.03.23    Brexit and Books the Hottest Topics at London Book Fair



On March 12th the UK's House of Commons rejected Prime Minister Theresa May's EU withdrawal agreement, followed by another rejection on the no-deal Brexit, then the subsequent vote to delay Brexit. Amidst this chaos, London Book Fair opened its door. The hottest topic of this event was how the Brexit would affect the publishing business. 

The panel discussion on March 13th of academic publishers focused on the uncertainty they expect to encounter. Some raised concerns for the consequences of currency exchange. Many firms including publishing houses currently operating in the UK are expected to relocate to other parts of the EU due to the weaker pound, while other bargain hunters would seek to acquire British firms. There is also a concern for the difficulty at the port of entry, which will be an issue since approximately one-sixth of the UK's researchers come from outside the country.  

On the same day, the UK Publishers Association organized a program called "Deal(s) or No Deal(s): How Brexit and the UK’s Future Trading Arrangements Will Impact Publishing" which attracted a large number of attendants. Bloomsbury's Kathleen Farrar mentioned that ‘With the Harry Potter books it was very important that everyone had the opportunity to buy those books at the same time, and we want to maintain that ability.’

Peter Phillips, chief executive of Cambridge University Press and incoming president of the Publishers Association outlined the importance of UK publishing to the overall economy and said that it was the PA’s job to convince the government of that importance. To that end, the Publishers Association is asking the government to consider including a new publishing chapter in future trade agreements with emphases on five areas:

   ・Maintaining the UK’s commitment to freedom of speech
   ・Upholding zero-rate tariffs
   ・Promoting a global gold standard in copyright and IP protection
   ・Implementing an exhaustion regime that supports the market
   ・And championing global IP treaties

Meanwhile, the Japan External Trade Organizaiton (JETRO) published a report last October on Japanese companies operating in UK and their plans post-Brexit. Even though nearly half of the surveyed companies replied that relocating outside of EU would have a negative impact on them. However, it could change depending on the Brexit deals and the UK's agreement with the EU. The publishing world as a whole wishes for the smooth transition so the rights and intellectual properties will still be freely exchanged.


https://bit.ly/2Yac7ha

https://bit.ly/2FdY29N






編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】