大きくする 標準 小さくする

カリフォルニア州法案、災害時の緊急連絡システムの多言語化を求める

2019/04/08

カリフォルニア州法案、災害時の緊急連絡システムの多言語化を求める 

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.03.19   カリフォルニア州法案、災害時の緊急連絡システムの多言語化を求める

DID YOU KNOW?
Nearly 7 million (19%) Californians
report speaking English
       "less than very well'
 

今年3月11日で東日本大震災は8周年を迎えました。おびただしい犠牲者をだした本当に痛ましい災害でしたが、その教訓から少しでも多くの人々が避難できるよう、多言語による連絡システムが政府、地方公共団体、民間企業等で考案されました。太平洋を隔てた米国カリフォルニア州でも昨今大規模な山火事や大雨による浸水等の災害を踏まえ、同様の取り組みがなされています。




本年2月、米国加州の上院議会において、緊急時の連絡システムとして英語以外の言語でも対応を義務付ける法案が提出されました。法案は、避難勧告の連絡網を多言語化すると共に災害対策計画の立案において様々な人種・文化グループの意見を反映させる事を強く唱っています。これは、加州議会の緊急事態管理委員会が昨年11月に開催した地元住民によるパネル・ディスカッションで出された意見を反映したものです。緊急連絡プログラムに充実した翻訳・通訳システムを組み込むよう強い要望が寄せられました。

カリフォルニアは、多人種で構成される州で、同州だけでも220の言語が話されています。州の住民のうち40%は英語以外の言語でコミュニケーションを行っています。このように他種多様な言語・文化を抱える加州では、医療面や選挙においては英語が十分に話せない(
LEP: Limited Language Proficient)住民にも対応するよう様々な取組みがなされていますが、災害時の対応に関しては多言語化が未だ十分ではないようです。

一方、日本では、震災の教訓から、防災(語学)ボランティア通訳者・翻訳者の登録や、多言語(日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語等)による防災リーフレット、ヘルプカード、防災 DVDの配布等、様々な施策が打ちだされました。さらに、「やさしい日本語」による情報提供や動画やインターネット、ソーシャルネットワーク・サービス(SNS)を駆使した連絡網の構築が提唱され、民間企業による様々な情報通知システムも考案されました。

震災時により多くの人々が救われ、安全が確保されるよう様々な対応策を構築する必要があるのは言うまでもありません。しかし、グローバル化が進む中、自国で構築された英知を言語、文化、国境を越えて他国にも共有できれば、なお多くの人々の助けとなることでしょう。震災の犠牲者とご家族の方々に心から哀悼の意を表すると共に、防災・震災対応においても国際協力が促進されることを願ってやみません。


http://www.atanet.org/newsbriefs/2019_february_28.php#1047110

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/chiiki_tabunka/tabunka/tabunkasuishin/
tabunkakokusai/files/0000000151/hokokuH240424.pdf


http://www.courts.ca.gov/languageaccess.htm

http://blog.languageline.com/five-takeaways-from-californias-groundbreaking-language-access-law

2019.03.19    California Bill Would Recognize Language Diversity in Emergency Planning


DID YOU KNOW?
Nearly 7 million (19%) Californians
report speaking English
       "less than very well'


Eight years have passed since Japan's Great East Earthquake which, on March 11th, 2011, took thousands of people's lives. Since then, the federal and local government, as well as the private sector, have been busy developing and implementing disaster warning and communication systems in multi-language. 

Across the Pacific, recent natural disasters in Santa Barbara County, California, have prompted State Senator Hannah-Beth Jackson to propose a bill to make emergency planning systems more inclusive for local residents, including those who are not proficient in English.

Senate Bill 160 will broaden emergency planning and alert systems to communicate with all residents in the event of an emergency. The legislation emphasizes differences in language among residents, focusing on improved translation and interpreting services within the emergency alert network and evacuation procedures. The bill also states the need for diverse cultural groups to be represented during the emergency planning process.

The bill comes in response to a panel discussion Jackson held with the Joint Legislative Committee on Emergency Management in November. Panelists urged the committee to consider improving translation and interpreting systems in emergency alert programs. The bill has won support from the Women's Foundation of California and the Central Coast Alliance United for a Sustainable Economy. Both organizations have pushed for the reform of emergency planning to accommodate California's most overlooked communities.

"With more than 220 languages spoken in California," Jackson commented, "and 44% of our residents speaking a language other than English at home, we must do everything we can to ensure our emergency plans incorporate the diverse needs of all residents."

Meanwhile, in Japan, the lessons from the earthquake and tsunami led to the development of the volunteer registration system for interpreters, as well as having available the disaster-prevention leaflets, help cards and informational DVDs in several different languages. Plans are in place to materialize emergency broadcasting in 'plain and simple Japanese,' and online message boards, along with various notifications systems from the private sector. 

Various countermeasures in case of natural disasters to save lives and keep the survivors safe are without a doubt important. In this day and age of diverse society, it is also a tremendous help if one region or a country's knowledge and skills in disaster management can be shared with the rest of the world. Further international cooperation is desired in this field.


http://www.atanet.org/newsbriefs/2019_february_28.php#1047110

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/chiiki_tabunka/tabunka/tabunkasuishin/
tabunkakokusai/files/0000000151/hokokuH240424.pdf


http://www.courts.ca.gov/languageaccess.htm​​​​​​​

http://blog.languageline.com/five-takeaways-from-californias-groundbreaking-language-access-law
​​​​​​​




編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】