大きくする 標準 小さくする

日本の絵本、中国の書店で中国人親子の心を掴む

2019/04/08

日本の絵本、中国の書店で中国人親子の心を掴む 

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.03.19    日本の絵本、中国の書店で中国人親子の心を掴む

児童書市場は日本の4倍
出生人口は18倍の中国


日本では、出版市場の縮小が続いています。昨年の2018年は、21年連続で、日本の出版市場が縮小した年となってしまいました。一方で、経済成長著しい中国では、出版市場が拡大を続けています。特に、日本の絵本は中国人親子の間で大人気となっており、日本市場と比べると桁外れの売上げを記録しています。

元々、中国では、村上春樹や東野圭吾など、日本でも人気の作家が人気を博していました。ところが近年では、こうした大人向けの本に加えて、日本の絵本が爆発的に売れています。例えば、日本でも人気の『くまくんのあかちゃん』シリーズは、中国での累計販売数が約1000万部、『ティラノサウルス』シリーズは800万部を売り上げています。中国で絵本事業を手掛けているのは、ポプラ社で、2000年から中国に進出しています。

ポプラ社によると、かつて中国では、「絵本」という言葉すらなく、「こんな絵ばかりの本が、なぜこんなに高いんだ」という意見すらあったということです。しかし、ポプラ社は、中国市場の潜在性を見抜き、2004年に現地法人を設立。その後、読み聞かせの会などを定期的に開いて、中国市場に絵本を浸透させていきました。現在、中国の外資系で、出版事業のライセンスを持っているのは、ポプラ社だけということです。

日本の出版社は、明治維新以来、欧米の出版物を輸入することを中心に事業を行ってきました。国内の出版市場が大きかったこともあり、海外市場に進出することはあまり積極的ではありませんでした。数年前までは、漫画コンテンツをもつ大手の出版社のみが、海外への版権輸出を扱う専門部署を持っていたという状況でした。日本の出版市場が縮小に向かっている今、日本の出版社の在り方も変革が迫られている時期かもしれません。


https://toyokeizai.net/articles/-/267396

https://diamond.jp/articles/-/176906

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13031


2019.03.19    Japanese Children's Books Gain Popularity in China

Children's book market are 4 times more than Japan
Newborn populations are 18 times more than Japan


The Japanese book market is reported to be shrinking. Last year marked 21 consecutive years of market decline in Japan. In China, on the other hand, the economy is still rising and so is the book market. Japanese children's books are especially popular among Chinese families with young children. The sales figure clearly shows this trend. 

Many popular Japanese authors like Haruki Murakami and Keigo Higashino have long been well-received in China. In addition to the novels for grown-ups, picture books and children's books from Japan have become very popular in recent years. For example, the "Baby Bear" series reported to have sold over 100 million copies, and "Tyrannosaurs" series, some eight million copies. The key player in the Japanese children's picture book market in China is Popular Publishing which expanded its territory into China since the year 2000. 

 According to Popular Publishing, there use to be no concept in China as picture books, and, when first made an appearance on the market, many Chinese even complained why such books filled with pictures were so expensive. Popular Publishing, however, had an insight into the potential of the market and established the Chinese entity in 2004, and began converting the locals into fans as they held reading events periodically. Popular is the only company of the non-Chinese origin that is licensed in book publishing. 

Traditionally Japanese publishers, ever since the Meiji Reform in the 19th century, focused on importing western publications and rarely looked into selling books in other countries because the domestic market kept them busy. Up until a few years ago, nly a handful of publishing tycoons that owned manga contents actually had a foreign rights department. Now that the domestic market is rapidly declining, perhaps the rest of the publishing houses are at the turning point to alter their way of business.

https://toyokeizai.net/articles/-/267396

https://diamond.jp/articles/-/176906

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13031






編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】