大きくする 標準 小さくする

テニスの大坂なおみ選手のコメントが、日本のメディアで誤訳して伝えられる

2019/03/07

テニスの大坂なおみ選手のコメントが、日本のメディアで誤訳して伝えられる

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.02.16    テニスの大坂なおみ選手のコメントが、日本のメディアで誤訳して伝えられる



 2019
1月、
テニス選手の大坂なおみ選手が全豪テニスオープンで、初優勝を飾りました。
この優勝は、昨年
9月の全米テニスオープンに続く快挙です。ですが、日本では、大坂選手の英語でのコメントが、誤訳して伝えられたことが大きな騒動となっています。


 騒動の顛末は、ハフポスト日本版で詳しく伝えられています。ハフポスト日本版によりますと、問題となったのは、全豪オープン準決勝後に行われた記者会見でした。大坂選手とスポンサー契約を結んでいる日清食品が、大坂選手を起用したアニメ広告動画で、大坂選手の肌を実際よりも白く表現したことに対して、大坂選手が記者からコメントを求められました。そのとき大坂選手は、「
I get why people would be upset about it」とコメントしました。ところが、多くの日本のメディアは、「なぜ多くの人が騒いでいるのか分からない」とほぼ逆の意味に翻訳して、大坂選手のコメントを伝えました。その後、日本のメディアは、記事の訂正をしています。

 実は、大坂選手は、この発言の前に、「
But I think for me...I don't...like,」と言って、何か別のことを言おうとしましたが、途中でやめて、問題となった発言をしています。おそらく、会見場にいた記者が、「I don't get why people would be upset about it」と聞き間違えたのではないかと、ハフポスト日本版は伝えています。ところがスポーツライターの菊地慶剛氏によりますと、公式会見場での選手たちの答えは、すべてを文字にしたスクリプトが、メディアに無料配布されるそうです。このスクリプトをチェックしなかったからおきた誤訳ではないかと指摘しています。

 大坂選手のコメントが誤訳されたのではないかと問題になったのは、今回が初めてではありません。大坂選手が昨年9月に全米テニスオープンで優勝した時も、大坂選手が優勝セレモニーで、
I’m sorry」と言った時、日本のメディアが「ごめんなさい」と翻訳して、これが適切な訳だったのかどうか、日本で大きな話題になりました。その後の大坂選手のコメントを聞きますと、この時は、この訳で問題なかったことが分かりました。一連の騒動を見ると、日本のメディアが誤訳してしまう理由は様々なようです。ですが、大坂選手は、今、世界中で注目されている選手です。やはり、誤訳は極力なくしてもらいたいものです。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20190130-00113021/

https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/28/naomi-osaka_a_23655470/

http://stress-free-english.net/blog/qa/5378/





2019.02.16    Japanese Media Mistranslate Tennis Champion’s Comment



 In January, Japanese tennis player Naomi Osaka took her very first championship title at the Australia Open. It is the second championship for Osaka, after the US Open last September. However, another big news on Japanese news media surrounding Osaka is how her comment at the Australia Open, spoken in English, was mistranslated. 



 HuffPost Japan reported this mishap in detail. According to its article, it happened at the press conference after the semi-final match at the Australia Open. Nissin Foods Holdings, one of Osaka’s main sponsors, had been accused of whitewashing the Japanese tennis star in an animated advertisement. When asked about it by a reporter, Osaka replied, “I get why people would be upset about it.” However, the majority of the Japanese media somehow translated this comment into an opposite mean, as “I don’t get why people would be upset about it.” Later, though, the comment was corrected. 

 Osaka initially started her comment by saying, “But I think for me…, I don’t…, like,” and appeared to say something else, but then continued with the main comment. HuffPost Japan speculates that a reporter present at the press conference perhaps misheard her and thought she said, “I don’t get why….” However, sports writer Josh Kikuchi explains that all media receive the transcripts from official press conferences by athletes, free of charge. He points out that perhaps those media did not even care to check this transcript in order to write their articles, which led to the report with critical mistranslation. 

 This was not the first time the Japanese media reported on Osaka’s comments and their translations. After her big win at the US Open, the biggest topic reported in Japan was that Osaka said “I’m sorry” at the award ceremony, which led to a debate on whether the translation of this comment was appropriate. Osaka herself later cleared that this was indeed the comment as she intended. Given these occasions, there seem to be various reasons how mistranslation might occur in Japanese media. However, more precise translation and subsequent reporting must be implemented, especially when it comes to the comments made by one of the world’s top athletes such as Osaka. 

 
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20190130-00113021/


https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/28/naomi-osaka_a_23655470/

http://stress-free-english.net/blog/qa/5378/


   



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS