大きくする 標準 小さくする

米エドガー賞候補に日本人作家と日系人作家が選出

2019/03/07

米エドガー賞候補に日本人作家と日系人作家が選出 

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.02.23    米エドガー賞候補に日本人作家と日系人作家が選出


米ミステリー界で最も権威のある「エドガー賞」の候補作品が発表されました。北海道大学・竹内康浩教授の「マーク 誰がハック・フィンの父親を殺したか」(評論評伝部門)と日系人作家・ナオミ・ヒラハラ氏の「ヒロシマ・ボーイ」(ペーパーバックオリジナル部門)が候補に上っています。エドガー賞はミステリー小説の生みの親、エドガーアランポーにちなんで創設された米国の文学賞です。日本在住の竹内氏が米国人作家をテーマにしているのに対し、ロサンゼルス在住のヒラハラ氏は両親の故郷広島を物語の舞台にしています。

竹内氏は、北海道大学の米文学の教授で、米国の作家
J.D. サリンジャーやマーク・トウェイン、詩人金子みすゞに関して著書があります。今回の候補作は、2015年の日本語による著作「謎とき『ハックルベリー・フィンの冒険』」を基に英語で書き下ろしたということです。

竹内氏は本作中、マーク・トウェインの「ハックルベリー・フィンの冒険」について独自の分析をしています。物語ではハックの父パパ・フィンの死が描かれていますが、竹内氏は、トウェイン自身の父親の死が物語の執筆に影響していると考察しています。トウェインは、父親の死についてあまり語りませんでしたが、作品に父への思いがうかがわれると竹内氏は分析しているのです。

一方ヒラハラ氏は、ロサンゼルスを拠点に活躍する日系人作家です。両親が広島の被爆者で、父と同じ経緯で被爆した日系2世の庭師マスを主人公にした『庭師マス・アライ事件簿』シリーズの著者として知られています。同シリーズ三作目の『スネークスキン三味線』(邦訳あり)は、2007年度のエドガー賞の「ベストペーパーバック・オリジナル賞」を受賞しました。今回の候補作品は、そのマス・アライ・シリーズの最後の作品だということです。

候補作「ヒロシマ・ボーイ」では、主人公マスが親友の遺灰を故郷広島に届けることから始まります。そこである少年の死に遭遇し、その死をめぐる謎の解明に挑みます。亡くなった少年はマスが広島で被爆した時と同じ年齢でした。事件を通し、マスは自らの過去にも向き合うことになります。
受賞作品は4月25日に発表され、ニューヨーク市のグランドハイアットホテルで祝賀晩餐会が開催されます。生い立ちもジャンルも異なる両氏ですが、健闘を祈りたいものです。


http://www.rafu.com/2019/02/hiroshima-boy-gets-edgar-nomination/

https://jcc.jp/news/14337782/

https://www.sanspo.com/geino/news/20190123/sot19012311480005-n1.html





2019.02.23    Two Japanese writers nominated for Edgar Allan Poe Awards



Mystery Writers of America announced the nominees for the 2019 Edgar Allan Poe Awards, including two Japanese authors, one from northern Japan whose book is themed around an American author, and the other, Los Angeles, California whose story occurs in her parents' hometown of Hiroshima. This prize honors the best in mystery fiction, non-fiction, and television published or produced in the previous year, in honor of Edgar Allen Poe. 

In the Best Critical/Biographical category, “Mark X: Who Killed Huck Finn’s Father?” by Yasuhiro Takeuchi (Taylor & Francis-Routledge) was among the nominees. Takeuchi is a professor of American literature at Hokkaido University, in Sapporo. He is the author of four books published in Japanese, on J.D. Salinger, Mark Twain, and poet Misuzu Kaneko, and of scholarly articles published in American Literary Realism, Studies in the Novel, and Literary Imagination, among others. He is a recipient of the Young Scholar Award of the English Literary Society of Japan for his article (in Japanese) “Deciphering Poe.”

In the summer of 1876, Mark Twain started to write “Adventures of Huckleberry Finn” as a detective novel surrounding the murder of Huck’s father, Pap Finn. The case is unresolved in the novel as it exists today, but Twain had already planted the clue to the identity of the killer. 

The key to the mystery of Twain’s writings, as Takeuchi’s book contends from a broader perspective, is also such an absence. Twain’s persistent reticence about the death of his father, especially the autopsy performed on his naked body, is a crucial clue to understanding his works. It reveals not only the reason why he aborted his vision of Huckleberry Finn as a detective novel, but also why, despite numerous undertakings, he failed to become a master of detective fiction.

“Hiroshima Boy” by Naomi Hirahara (Prospect Park Books) is nominated in the Best Paperback Original category In “Hiroshima Boy,” L.A. gardener Mas Arai returns to Hiroshima to bring his best friend’s ashes to a relative on the tiny offshore island of Ino, only to become embroiled in the mysterious death of a teenage boy who was about the same age Mas was when he survived the atomic bomb in 1945. The boy’s death affects the elderly, often curmudgeonly, always reluctant sleuth, who cannot return home to Los Angeles until he finds a way to see justice served.


“Hiroshima Boy” marks the end of the Mas Arai series, which began in 2004 with “Summer of the Big Bachi,” a Macavity Award nominee. The third book in the series, “Snakeskin Shamisen,” won the Edgar Award for Best Paperback Original in 2007 and was nominated for an Anthony Award.

The awards will be presented to the winners at the 73rd Gala Banquet on April 25 at the Grand Hyatt Hotel in New York City.


http://www.rafu.com/2019/02/hiroshima-boy-gets-edgar-nomination/

https://jcc.jp/news/14337782/

https://www.sanspo.com/geino/news/20190123/sot19012311480005-n1.html




編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS