大きくする 標準 小さくする

外国人材の受け入れ拡大が決定、日本の言語政策に関する議論は必須

2019/02/07

外国人材の受け入れ拡大が決定、日本の言語政策に関する議論は必須

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.01.26  外国人材の受け入れ拡大が決定、日本の言語政策に関する議論は必須

      
   2018年12月、外国人労働者の受け入れを単純労働まで広げる改正入国管理法が成 立しました。これまで高度な特殊技能を持つ外国人にしか受け入れてこなかった日本にとって、この法律は日本の労働市場を大きく変貌させることになるでしょう。今後は単純労働に従事する外国人材も来日するようになるわけですから、地域の住民にとって言葉の壁をどう乗り越えるかが大きな課題になるに違いありません。


日本にとって、外国人材の受け入れの先例となるのが看護・介護分野での外国人材の受け入れです。現在日本では、EPAプログラムに基づいて、インドネシア、フィリピン、ベトナムから介護士・看護師を2008年から受け入れています。ですが、言葉の問題が高い障壁となって、受け入れが必ずしも成功しているとは言えません。日本で正規の介護士・看護師としてビザを取るためには、一定期間、日本で働いた後に、日本の介護士または看護師の国家試験に合格する必要があります。この時、外国人にとってあまりにも難易度の高い日本語能力が要求されており、外国人介護士・看護師の合格率は低迷しています。

これを受けて、介護の現場でそこまで高い日本語能力が本当に必要とされているのか、議論の的となっています。

 そんな中、西日本新聞では外国人向けに、やさしい日本語でニュースを伝える試みを始めました。業界初の試みだそうです。アメリカやオーストラリアなど移民の受け入れに長い歴史を持つ国では、こうした平易な英語を使ってコミュニケーションを取る試みがすでに行われています。自治体などで多言語での通訳翻訳サービスを充実させる試みは、日本でもだいぶ前から行われていますが、日本の公的なサービスが平易な日本を使って外国人の住民と直接コミュニケーションを取る試みは、日本ではあまり見られませんでした。新しい住民と共生を図るためにも、日本人のマインドセットも変える必要がありそうです。


https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanomadoka/20181211-00107236/

https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/471782/

https://mainichi.jp/english/articles/20181209/p2g/00m/0dm/004000c





2019.01.26    More Language Education Needed in Japan for Less-skilled Foreign Workers


A new visa system has been approved by the Japanese Diet in December 2018, allowing the country to formally accept blue-collar workers from foreign countries. In the past, Japan had only issued working visas to highly skilled professionals. This new legislation will change Japan’s job market. However, language skills have been a major barrier.


Jobs are limited to 14 industries, one of which is nursing/elderly care. Since 2008, Japan has received certified nurses and caregivers from Indonesia, Philippines and Vietnam under the Economic Partnership Agreements (EPA), although the program has not seen a huge success over the years because of the language barrier. The standard route to get a worker visa would be to first complete the traineeship in Japan, pass the national exam for certification, and then apply for a worker visa through the employer. The applicants are required to have highly technical language skills on top of their profession, making it hard for them to pass. There has been much discussion as to how much of the language skills should be required in the nursing/caregiving industry. 

Meanwhile, Nishinippon Shimbun (West-Japan Daily) began publishing news in easier-to-understand Japanese for the ease of communication for the non-Japanese natives. In countries such as the US and Australia where there is a long history of immigration, this kind of consideration has been already been done. Many municipalities in Japan has also been trying to provide multi-lingual translation services. However, very few attempts had been made by public services to communicate with foreigners using easier-to-understand Japanese. As the country is moving towards accepting more immigrants, the mindset of the locals will have to change to cater to their new neighbors. 


 
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanomadoka/20181211-00107236/

https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/471782/

https://mainichi.jp/english/articles/20181209/p2g/00m/0dm/004000c



   



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】