大きくする 標準 小さくする

入場有料の書店「文喫」が六本木にオープン

2019/02/07

入場有料の書店「文喫」が六本木にオープン 

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.01.26    入場有料の書店「文喫」が六本木にオープン

 


1211日、一風変わった、入場料のある書店「文喫」がオープンしました。出版取次の最大手、日本出版販売がプロデュースするこの書店では、人文科学や自然科学、デザイン・アートなど幅広いジャンルの書籍を約三万冊販売します。本との新たな出会いをテーマにしており、普通の書店には置かれていないような珍しい本も手に取ってみることができます。

場所は、六本木の青山ブックセンター六本木店の跡地です。書店への入場料は、
11500円です。利用時間に制限はなく、コーヒーと煎茶の飲み放題、Wi-Fiや電源、ロッカーも用意されています。営業時間は9~23時、不定休です。

90席の店内は、4つの空間に分かれています。選書室では、通常の書店のように整然と並んだ多くの本から気になる1冊を選べます。閲覧室では、選んだ本を一人でゆっくりと読むことができます。他に、グループで利用できる研究室、そして2階には軽食を食べられる喫茶室が用意されています。さらに、エントランスは、入場無料の展示室となっており、約90種類の雑誌も陳列されます。

また、企画展も定期的に開催される予定です。初回の企画展は、「雑誌の力」です。写真家の泊昭雄氏がクリエイティブディレクターを務めるヴィジュアルマガジン「
hinism(ヒニスム)」が10年ぶりに復刊されることをうけて、「hinism」を中心に雑誌の持つ多様性と可能性、ジャンルやカテゴリーを越えて見る者に訴えかけてくる価値に改めて目を向けるイベントです。「hinismvol0-9号までの過去のアーカイブも展示されます。

オンライン書店の利用者が増えている一方で、こういった新しいスタイルの書店では、新しい本との意外な出会いを体感できるのではないでしょうか。


http://bunkitsu.jp/

http://news.livedoor.com/article/detail/15679537/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/16/news079.html

https://trilltrill.jp/articles/1078905

2019.01.26    Bookstore with Cover Charge Opens in Tokyo




“Bunkitsu,” an unusual, cover-charging bookstore opened on December 11. The store, designed and operated by the largest book dealer in Japan, sells over 30,000 titles in wide variety of genres including humanities, natural science, design and art. It is themed as ‘a renewed meeting with books’ where shoppers could find some rare titles other bookstores may not carry. 

The store is located in Roppongi, downtown Tokyo, at a former Book Center Roppongi building. It charges 1,500 yen a day (approximately $13 USD) to enter the premise. There is no time limit, and the customers will be provided with free coffee and green tea, Wi-Fi, charging stations and lockers. It is open from 9am to 11pm, seven days a week. 

90 seats are spread throughout the four sections of the store. In the browsing room, customers will pick books from neatly organized rows of bookshelves, very much like any ordinary bookstore. In reading room, they can sit down, relax and read their pick. There is also the laboratory which is available for groups, as well as the cafeteria for light meals. The entrance of the store is the exhibition room, free of charge with the display of over 90 magazine titles. 

Periodical exhibits and events are already planned. The first one will be “The Power of Magazine” commemorating the revival of photographer Akio Tomari’s visual magazine “hinism” after ten-year hiatus. It is an event that refocus on the diversity and potential of magazines, as well as cross-genre, cross-category values they bring to the readers. The first through ninth issues of “hinism” will be on display. 

While online book shopping becomes increasingly popular, this new style of bookstore experience can bring new, unexpected discovery of books. 

 
http://bunkitsu.jp/

http://news.livedoor.com/article/detail/15679537/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/16/news079.html

https://trilltrill.jp/articles/1078905




編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】