大きくする 標準 小さくする

ハリーポッター、ハワイ語に翻訳される

2019/01/22

ハリーポッター、ハワイ語に翻訳される

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.01.18    ハリーポッター、ハワイ語に翻訳される

 
      

イギリスの人気ファンタジー小説、「Harry Potter and the Philosopher’s Stone(ハリーポッターと賢者の石)」の公式ハワイ語版が、2018年に出版されました。翻訳したのは、ハワイ大学マノア校のRichard Keao NeSmith氏で、同校でタヒチ語の講師をしています。ハワイ語版が出版されたことにより、ハリーポッターの公式翻訳版は、65、もしくは79言語になりました。

出版元の
Bloomsbury社でさえも、公式に翻訳された言語の数を正確に把握しきれない理由は、各言語の社会的、政治的な地位が、国によって異なるため、正確に数えきれないのです。例えば、ポルトガル語版は、ヨーロッパのポルトガル語版とブラジル・ポルトガル語版の2つがあります。これを2言語と数えるか、1言語と数えるかで、公式翻訳版の数が変わってきます。英語でさえも、イギリス英語版とアメリカ英語版の2つがあります。例えば、「Harry Potter and the Philosopher’s Stone」は、イギリス英語版のタイトルですが、アメリカ英語版では「Harry Potter and the Sorcerer's Stone」となっています。これは、イギリス英語とアメリカ英語の微妙な違いを考慮した結果、タイトルが変えられました。ちなみに日本語版では、イギリス英語に沿う形で、「Philosopher」を「賢者(=道理に通じた賢い人)」と訳しています。

また、ユニークな例として、ハリーポッター小説は、ラテン語や古代ギリシア語にも翻訳されています。翻訳者によれば、あくまでアカデミックな関心から、こうした希少言語に翻訳したと語っています。
NeSmith氏にとって、ハワイ語への翻訳は、異なる言語と文化の比較と融合への試みだったそうです。確かに、たくさんの言語への翻訳により、現在、世界中の人々がハリーポッターの世界を楽しむことができるようになっています。
 

https://amzn.to/2sAdwzg

https://www.potterglot.net/bloomsbury-provides-a-number/

https://www.shmoop.com/harry-potter-sorcerers-stone/title.html

https://www.hawaii.edu/news/2018/12/10/harry-potter-olelo-hawaii-translation/

2019.01.18    "Harry Potter" in Hawaiian Language



 “Harry Potter and the Philosopher’s Stone” has added Hawaiian version in late 2018, translated by Richard Keao NeSmith, a faculty member at the University of Hawaii at Manoa who teaches Tahitian language course. The addition became the 65th translation of the book, or 79th, depending on whom you ask. 

Even the Bloomsbury, the book’s publisher, has no ‘official’ list of exactly how many different languages the book has been translated into, simply because the definition of “language” is rather complicated and a single ‘language’ might contain multiple mutually intelligible languages with different writing systems which come with the complex of politics of the region. For example, There is European Portuguese and Brazilian Portuguese. Are they two different languages or one? This affects the books official language count. Even in English, we know that the book has two editions: British (“Harry Potter and the Philosopher’s Stone”) and American (“Harry Potter and the Sorcerer's Stone”). The title had been altered to adapt to the subtle differences between two English languages. Japanese edition took to the translated word that is close to “Philosopher.” 

Some readers might find it interesting that there is Latin and Ancient Greek edition of “Harry Potter” in the collection. NeSmith says that he translated the book into Hawaii for purely academic interests. For NeSmith, this project was an exercise that engages the integration, comparison and contrasting of cultures and languages. These different editions indeed enable readers all over the world to enjoy the world of Harry Potter. 
 
https://amzn.to/2sAdwzg

https://www.potterglot.net/bloomsbury-provides-a-number/

https://www.shmoop.com/harry-potter-sorcerers-stone/title.html

https://www.hawaii.edu/news/2018/12/10/harry-potter-olelo-hawaii-translation/


   



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS