大きくする 標準 小さくする

伝説のアニメーター宮崎駿氏、新作発表

2019/01/22


伝説のアニメーター宮崎駿氏、新作発表 


情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.12.24    伝説のアニメーター宮崎駿氏、新作発表

 


アニメの巨匠宮崎駿の密着取材ドキュメンタリー
“Never- Ending Man”が今月13日と18日に米国各地で限定公開されました。
2013年に電撃的な引退宣言を行い、世界中を驚かせた宮崎氏ですが、ドキュメンタリーは、その引退後2年に渡り同氏を取材したものです。アニメ制作への意欲を再認識した宮崎氏は昨年引退を撤回し、既に新作『君たちはどう生きるか』の制作を発表しています。

宮崎氏と言えば『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』等数々の名作アニメで世界中のアニメブームを牽引した伝説のアニメーターですが、同氏を取材した
NHKのドキュメンタリー『終わらない人 宮崎駿』が配給会社
GKIDSを介し米国のスクリーンに蘇りました。おりしも、 2019年後半に開館予定のアカデミー映画博物館の初企画は宮崎駿氏をテーマとすると発表されたばかりです。

自分は年取った年金生活者だ、と自嘲的に言う宮崎氏の言葉とは裏腹に、彼のアニメーターとしての情熱は引退後も沸々とその火を滾らせていました。かくして、宮崎氏の盟友、鈴木敏夫プロデューサーの掛け声で、宮崎氏が心の奥底に温めていた企画『毛虫のボロ』の制作を
CG技術に長けた若手アニメーター達と共に取り組むことになりました。

CG嫌いで知られた宮崎氏が世代のかけ離れた若者等と悪戦苦闘する様が生々しく描かれています。思う様にいかない焦燥感、若年層への苛立ち、そしてCG世代のアニメーターが宮崎氏の厳しい要求に憔悴しきった様子も見てとれます。しかし、Los Angeles Timesの映画評論家Kenneth Turan氏は、この世代を超えたコラボ、巨匠と若手が馴染みのない領域へ踏み込みつつ新しい世界を創造する過程が本ドキュメンタリーの核心であると指摘します。

新作映画は、岩波少年文庫の創設にも尽力した児童文学者・評論家・翻訳者・反戦運動家、吉野源三郎の同名の名著を題材とするもので、内容は冒険活劇ファンタジーだという事です。吉野源三郎の原書の漫画版『漫画 君たちはどう生きるか』も発刊され、
2018年度のベストセラーとなっています。原書は1937年の東京を舞台としており、主人公は中学生「コペル君」とその叔父です。前述の鈴木プロデューサーによれば、新作映画完成まであと3~4年はかかるという事です。現在77
歳の宮崎氏ですが、その活力にまさに終わりはないようです。
 

https://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-never-ending-man-hayao-miyazaki-review-20181212-story.html

https://gkids.com/films/neverending-man/

https://www.amazon.co.jp/dp/4838729472?tag=bunshun_online-22&ie=UTF8

http://bunshun.jp/articles/-/4705

2018.12.24    Hayao Miyazaki Announces Production of "How Do You Live?"



A documentary on the legendary animator Hayao Miyazaki, titled 'Never-Ending Man: Hayao Miyazaki,' was released on December 13 and 18 through select theaters in the US. Miyazaki announced a sudden yet rumored retirement in 2013 which shocked the world. The documentary shows his interviews over two years of post-retirement. Miyazaki, became aware of his own renewed strength for more animation production, came out of retirement last year, and has already announced his new film, “How Do You Live?”

Miyazaki, one of the greatest animators ever lived who led the world to the animation boom with the masterpieces like “My Neighbor Totoro” and the Oscar-winning “Spirited Away,” reappeared on screen in the Japan’s NHK documentary “Never-Ending Man” through the US distributor GKIDS. Coincidentally, the Academy Museum of Motion Pictures has just announced about the exhibit about his work next year. 

“I’m a retired old geezer, a pensioner,” shrugs Miyazaki, whose passion as an animator has indeed been kept alive. At the hand of his longtime friend and producer Toshio Suzuki, he decided to return and create a short film titled “Boro the Caterpillar” with young CGI animators. The documentary captures Miyazaki’s struggles in working with younger generations, the changed animation techniques, as well as the exhausted faces of the CGI animators by the stern and unbending requirements made by the old producer. ‘This intergenerational coexistence,’ film critic for Los Angeles Times Kenneth Turan writes, ‘is the heart of “Never-Ending Man,” as both extremes of the age continuum venture out of their comfort zones to make this collaboration work.’ 

His upcoming film is a fantasy adventure based on the book of the same title, written by Genzaburo Yoshino, a children’s book author, a critic, a translator and an activist. A comic version has also been published and has become this year’s bestseller. The original story takes place in 1937 Tokyo, with the main characters Koperu and his uncle. According to producer Suzuki, it will take three to four more years for its completion. Miyazaki, now 77, seems to have found his renewed energy that will last till the end. 
 
https://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-never-ending-man-hayao-miyazaki-review-20181212-story.html

https://gkids.com/films/neverending-man/


https://www.amazon.co.jp/dp/4838729472?tag=bunshun_online-22&ie=UTF8

http://bunshun.jp/articles/-/4705

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS