大きくする 標準 小さくする

村田沙耶香氏の『コンビニ人間』、ニューヨーカー誌のベストブックスに

2019/01/12


村田沙耶香氏の『コンビニ人間』、ニューヨーカー誌のベストブックスに 


情報提供 : Books and Rights Marketplace


2019.01.11    村田沙耶香氏の『コンビニ人間』、ニューヨーカー誌のベストブックスに


 

 








                                              
Photograph by Kentaro Takahashi / The New York Times / Redux

米国の雑誌『ザ・ニューヨーカー(
The New Yorker)』が2018年の締めくくりとして発表した今年の「ベストブックス」に、村田沙耶香氏の『コンビニ人間(英題:“Convenience Store Woman”』の英訳版が選ばれました。同書は、日本では65万部以上売れたベストセラーで、2016年に芥川賞を受賞しています。村田氏にとっては初の英訳作品であり、翻訳者は日本在住の竹森ジニー氏です。

ニューヨーカー誌は、1925年に創刊された歴史ある米国の文芸誌で、掲載基準が厳しいことで知られています。これまで、J・D・サリンジャーやトルーマン・カポーティなど著名作家を輩出しています。日本人作家の村上春樹氏の作品も過去に掲載されました。『コンビニ人間』はベストブックス9冊のうちの1冊で、他にはイギリス人女流作家
Diana Evansの『Ordinary People』、インド人作家Amitava KumarImmigrant, Montana』、トランスジェンダーの作家Jordy RosenbergConfessions of the Fox』などが選ばれています。

『コンビニ人間』は、発売初期から出版業界紙
Publishers Weekly の書評で星の評価を受けました。Amazonでは月間オススメ本に選ばれ、ニューヨーク・タイムズ紙には村田氏を紹介する記事が掲載されました。他にも複数の主要なメディアで高評価を受け、ELLE Vogueといったファッション雑誌でも夏の推薦読書のひとつとして紹介されました。

同書は、コンビニで働いている時だけ充実感を得られる
36歳の未婚女性が主人公のフィクションです。社会からの疎外感と向き合い、現代における「普通」とは何かを問う作品です。村田さん自身もコンビニで週3回アルバイトをしており、その経験を生かした作品と言えるでしょう。ニューヨーカー誌のKaty Waldman記者は、この作品について「(現代社会における)主流からはずれた人びとを勇気づける作品」と評しています。

『コンビニ人間』は、英語を含め約30言語に翻訳出版されています。ニューヨーカー誌で取り上げられたことから、今後また注目を集めることが予想されます。


https://www.newyorker.com/culture/2018-in-review/the-best-books-of-2018

https://www.asahi.com/articles/ASLD74QB7LD7UCVL00X.html

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784163906188

https://gqjapan.jp/culture/bma/20181218/sayaka-murata


2019.01.11  The New Yorker Names “Convenience Store Woman” as One of the Best Books of 2018












                                                                        
                                         Photograph by Kentaro Takahashi / The New York Times / Redux

One of the Best Books of 2018 by The New Yorker magazine was the English translation of Sayaka Murata’s “Convenience Store Woman.” The original Japanese version sold over 650,000 copies and won Akutagawa Award, one of Japan’s top awards for writers. This is the first novel by Murata to be translated in English, beautifully done by Ginny Takemori. 

The New Yorker, launched in 1925 and has become a prominent literary arts magazine in the US, is known for its high standards of publications. Past winners include J D Salinger and Truman Capote who became worldly-famous writers. Haruki Murakami, another Japanese author, also adds his name to the list. “Convenience Store Woman” was one of the nine best books. Others included “Ordinary People” by Diana Evans, “Immigrant, Montana” by Amitava Kumar from India, “Confessions of the Fox by transgender author Jordy Rosenberg. 

“Convenience Store Woman” received high praises shortly after its publication by Publishers Weekly. Amazon selected the book as one of the recommended books of the month. New York Times featured Murata in one of their articles. Other major media outlets gave the book high rates, including fashion magazines ELLE and Vogue which introduced it as one of the summer reads. 

The book is a fiction of thirty-six-year-old single woman in Tokyo, whose only joy she finds is her job at a convenience store. The story depicts social isolation, and ask the readers: What is “being normal”? Author Murata herself worked at a convenience store three days a week, which undoubtedly inspired her to write this book. Katy Waldman, a staff writer at The New Yorker, comments that this book “It is a love story, in other words, about a misfit and a store.”

“The Convenience Store Woman” is currently translated into 30 languages including English. It will most likely become a bigger hit after this listing from The New Yorker. 


https://www.newyorker.com/culture/2018-in-review/the-best-books-of-2018

https://www.asahi.com/articles/ASLD74QB7LD7UCVL00X.html

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784163906188

https://gqjapan.jp/culture/bma/20181218/sayaka-murata



編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】