大きくする 標準 小さくする

皇后陛下がご愛蔵のイギリスの古典小説、日本で突然、大人気に

2018/12/22


皇后陛下がご愛蔵のイギリスの古典小説、日本で突然、大人気に 


情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.12.19    皇后陛下がご愛蔵のイギリスの古典小説、日本で突然、大人気に

 

今年10月、日本の出版社のツイッターで、「有史以来畏れ多くも初の積読の詔が発せられたジーヴス・シリーズですが、在庫が少ないものもございます。お早目に」というツイートが投稿され、話題になりました。投稿したのは、国書刊行会という出版社で、イギリスの古典的ユーモア小説「ジーヴス・シリーズ」を発行しています。この小説が、10月に、日本で突然、大人気となりました。

きっかけは、10月に、宮内庁が美智子皇后陛下の誕生日に合わせて、記者会の質問に対するご回答という形で、皇后陛下のお言葉を発表したことでした。公務を離れたら、どのように時間を過ごされたいかと言う記者の質問に対し、皇后陛下は、「手つかずになっていた本を、これからは一冊ずつ時間をかけ読めるのではないかと楽しみにしています」、さらに、「読み出すとつい夢中になるため、これまで出来るだけ遠ざけていた探偵小説も、もう安心して手許に置けます。ジーヴスも二、三冊待機しています」とお答えになりました。

「ジーヴス」とは、イギリスの作家P・G・ウッドハウス(
1881~1975年)の代表作「ジーヴス・シリーズ」に登場する執事ジーヴスのことです。イギリスでは、シャーロック・ホームズに並ぶほどの人気のある小説です。日本では、国書刊行会が
2005年から2012年にかけて、全14冊の日本語版を発行しています。ですが、日本ではあまり知られていない作家だったこともあり、ここ数年は、あまり売れ行きは芳しくなかったそうです。それが、皇后陛下が触れられたことがきっかけで、注文が殺到しているとのことです。国書刊行会のツイートを受けて、「ジーヴス・シリーズ」を数冊、発行している文芸春秋でも、「文春文庫でも読めます!」とリツイートしています。

「ジーヴス・シリーズ」は、日本では、それほど有名な小説ではありませんでしたが、突然の人気をみると、今の日本では、セレブの影響がいかに大きいかを示す出来事と言えるでしょう。ですが、イギリスの名作を読むきっかけになったことは間違いありません。これを機会に、「ジーヴス・シリーズ」を手に取ってみるのはいかがでしょうか。


https://japantoday.com/category/features/lifestyle/
classic-british-stories-get-sudden-burst-of-popularity-in-japan-thanks-to-empress-michiko


http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/showEn/21

http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/21

https://www.j-cast.com/2018/10/23341863.html


2018.12.19    Japanese Empress’ Favorite British Classic Gains Sudden Popularity

 

This past October, a Japanese publisher tweeted, “Her Majesty’s beloved Jeeves series, is getting scarce. Be sure to pick one up soon” which started buzzing on the internet. It came from Kokusho Kanko-Kai which publishes the “Casebook of Jeeves” series. Since then, the books became an overnight megahit in Japan. 

It started when Empress Michiko answered some questions at her last birthday celebration as the empress. She was asked by a reporter what she planned to do after retirement, and she replied, “There’s been a book series I’ve sought to read for a long time, that I have left untouched for years. I am looking forward to taking time to read each and every one.” She also said, “When I read them, I get completely hooked and can’t do anything else, so up until now I’ve kept away from them. But after retirement I can easily keep them on hand. I’ve got two or three volumes standing by.”

The book series she is referring to is a collection of novels written by the famous 20th century British author, P.G. Wodehouse, affectionately referred to as the “Jeeves series”, about the industrious and clever butler Jeeves, who is always getting his carefree master Bertie out of trouble. They are as popular in the UK as the Sherlock Holmes series. Kokusho had published all 14 books in Japanese between 2005 and 2012, though they were much less known in Japan and the sales was struggling. However, their telephones would not stop ringing the first business day after the Empress spoke about the series. Bungei Shunju, another Japanese publisher with several of Jeeves books also retweeted the Kokusho’s tweet, noting “We have some of them too with Bunshun Bunko edition!”

This sudden burst of popularity shows how impressive the role of celebrities can be in modern day Japan. It certainly gave many Japanese an opportunity to discover lesser-known British classics. How would you like to pick up a copy today? 


https://japantoday.com/category/features/lifestyle/
classic-british-stories-get-sudden-burst-of-popularity-in-japan-thanks-to-empress-michiko


http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/showEn/21

http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/21

https://www.j-cast.com/2018/10/23341863.html



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】