大きくする 標準 小さくする

世界最大規模のスペイン語書籍ブックフェア:グアダラハラ・ブックフェア

2018/12/07

世界最大規模のスペイン語書籍ブックフェア:グアダラハラ・ブックフェア

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.12.06  世界最大規模のスペイン語書籍ブックフェア:グアダラハラ・ブックフェア



第32回グアダラハラ国際ブックフェア(FIL)が11月24~12月2日にかけて開催されています。フランクフルト・ブックフェアに次ぐ世界第二位のブックフェアで、スペイン語書籍専門の書籍イベントとしては世界最大規模です。昨年の参加者は81万人超え、出版社は2,000社以上でした。今年も47か国から、40万タイトル以上が展示されます。日本のエージェントも現地に赴き、版権交渉を行う予定です。26~28日の中3日間は出版関係者限定ですが、その他の日は一般公開となっています。

今年の主賓国であるポルトガルからは、40人の作家が参加します。特設パビリオンでは、作家たちのインタビューや本の紹介が行われます。期間中毎日、ビジュアル・アート、舞台芸術、映画、ダンス、音楽など、訪れた人々にポルトガルの文化芸術を紹介するイベントが用意されています。

その他、様々な分野の著者や作家が総勢800人以上参加します。トルコ人で初のノーベル賞受賞者オルハン・パムク、ノーベル物理学賞を受賞したアメリカのジョージ・スムート、自然科学分野のノーベル賞を受賞した唯一のメキシコ人マリオ・モリーナなどの世界的な著名人によるカンファレンスも予定されています。

子供向けのワークショップも充実しています。毎年10万人の子供たちが訪れるというキッズエリアでは、工作、劇、歌など37種類のワークショップを通じて、子供たちに読書の面白さを伝えます。本を読むための部屋も用意されているので、イベントの待ち時間やちょっとした休憩時間に利用できます。

新設された料理特集のエリアでは、料理に関する本の展示や、食の歴史に関するワークショップを体験できます。さらに、例年力を入れている科学特集とコラボレーションした、食の科学についてのカンファレンスも予定されています。チョコレートやトウガラシ、身近なキッチンで起こる科学について学ぶことができます。


https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/international/trade-shows/article/78475-guadalajara-2018-all-our-coverage.html

https://www.fil.com.mx/ingles/i_info/i_info_fil.asp

https://www.fil.com.mx/ingles/i_prog/i_programa_indice.asp

http://www.udg.mx/en/welcome-university-guadalajara




2018.12.06    Guadalajara International Book Fair
  



The 32nd Guadalajara International Book Fair (FIL) takes place from November 24th through December 2nd. It is the world's second largest book fair, next to Frankfurt, and is the largest Spanish language book fair. More than 810,000 people visited last year, with over 2,000 publishers representing. This year, more than 400,000 titles from 47 countries will be exhibited this year. There will be Japanese representatives at the venue as well, buying and selling foreign rights. From 26th to 28th it will be open only to the professionals, but other dates will be open to pubic. 

Portugal, as this year's guest of honor, will be represented by 40 authors. At the pavillion there will be interviews with and book presentations by them. There will also be various events, featuring visual arts, theatrical, films, dances and music every day during the fair to introduce the art and culture of the country. 

Furthermore, more than 800 authors and creators from different genres will participate. Nobel Prize winners Orhan Pamuk, George F. Smoot, and Mario Molina, among others, will hold conferences. 

Children's will have plenty of activities and workshops. The kids' area, which expects to have over 100,000 little visitors, will discover the joy of reading through 37 different workshops, such as crafts, acting and singing. Separate reading rooms are available for anyone to sit down in between events or for short breaks. 

This year's fair will also have a special area that features a display of books on foods, as well as workshops to learn the history of food. Moreover, a conference on the relationship between gastronomy and science will be planned. There, you will learn things like kitchen science of chocolates or hot peppers. 



https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/international/trade-shows/article/78475-guadalajara-2018-all-our-coverage.html

https://www.fil.com.mx/ingles/i_info/i_info_fil.asp

https://www.fil.com.mx/ingles/i_prog/i_programa_indice.asp

http://www.udg.mx/en/welcome-university-guadalajara













 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】