大きくする 標準 小さくする

消滅する言語、翻訳では救えず

2018/11/22


消滅する言語、翻訳では救えず 


情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.11.02    消滅する言語、翻訳では救えず


今、世界中で次々と言語が消滅しています。アメリカ合衆国アラスカ州知事ビル・ウォーカー氏は、アメリカでは今世紀末までに20ものネイティブ・アメリカンの言語が消滅してしまう危機にあると警告しました。かつてアメリカでは、ネイティブ・アメリカンの言語を弾圧する政策が取られました。しかし1990年になると、アメリカ政府はネイティブ・アメリカンの言語を保護する政策に転換しましたが、時はすでに遅かったようです。かつて世界中の政府が同様の政策を取りました。その結果、多くの言語が失われ、今もなお、多くの言語が世界中で消滅しています。

では、言語が失われるとどのようなことが起きるのでしょうか。モンタナ大学のRosalyn R. LaPier准教授によりますと、言語が一つ失われるということは、その言語を育んできた文化が失われることを意味します。言葉は文化を表す道具であり、その道具が失われるということは、その文化に関する知識そのものも消えてしまうのです。この知識は翻訳で救うことはできません。言葉一つ一つの意味の中に、この知識が埋め込まれており、言葉を翻訳する過程で意味が消え、知識は失われてしまうのです。こうした例は、特に環境や生物に関する知識でよく見られます。

例えば日本には、ハスカップという名の北海道産の果物があります。甘酸っぱい実はジャムやケーキによく使われます。ハスカップはアイヌ語の「ハシカプ」という語が名前の由来です。「枝の上にたくさんなるもの」という意味ですが、「ハスカップ」と日本語に訳されたとき、その意味は失われてしまっています。このアイヌ語も現在、消滅危機言語となっています。

現在、少数言語を守るために、世界中で様々な試みが行われています。最後の話者が亡くなる前に、言葉を録音したり、少数言語民族の子供たちに学校で言葉を教えたりしています。こうした努力も必要ですが、もっと大切なのは、私たち一人一人が、一つの言語の消滅は人類の知識の消滅であることに気付くことではないでしょうか。



http://yoitomake.jp/has01.html

http://theconversation.com/how-the-loss-of-native-american-languages-affects-our-understanding-of-the-natural-world-103984

https://aws.state.ak.us/OnlinePublicNotices/Notices/Attachment.aspx?id=114253



2018.11.02    Disappearing languages cannot be saved by translation
 


All over the world languages are disappearing. US Alaska governor Governor Bill Walker warned that in the United States warned that 20 native American languages will disappear by the end of this century. Previously in the United States, a policy was adopted to suppress the use of Native American. But in 1990, the US government switched to a policy that would protect the language of Native American, but it may be too late. Governments all over the world have adopted similar policies. And as a result of these policies, even now, many languages around the world are disappearing.

So what happens when languages are lost? According to Associate Professor Rosalyn R. LaPier of the University of Montana, losing one language means that the culture what cultivated that language is lost. Words are instruments that represent culture, and the fact that these tools are lost means that knowledge about that culture itself will also disappear. Knowledge which cannot be saved by translation. As this knowledge is embedded in the meaning of each word, the meaning will disappear in the process of translation which subsequently means that the knowledge becomes lost. These examples are commonly seen in knowledge of environment and organisms in particular.

For example, in Japan, there is a honeyberry the haskap berry which is native to Hokkaido. Sweet and sour is a term that is regularly used to describe jam and cakes. The word haskap itself derives from the ainu word "Hashikapu". It means "many things on a branch", but when translated as haskap this meaning is lost. This ainu language is one of many which is disappearing.

Currently, various attempts are being made all over the world to protect minority languages. Before the last speaker dies, she records words and teaches words to ethnic minorities in schools. Although such efforts are important, what is even more important is that the disappearance of these languages ultimately leads to the disappearance of human knowledge.



http://yoitomake.jp/has01.html
 
http://theconversation.com/how-the-loss-of-native-american-languages-affects-our-understanding-of-the-natural-world-103984

https://aws.state.ak.us/OnlinePublicNotices/Notices/Attachment.aspx?id=114253

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】