大きくする 標準 小さくする

南北朝鮮「板門店宣言」が原文と異なって英訳

2018/11/07

南北朝鮮「板門店宣言」が原文と異なって英訳

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.10.23    南北朝鮮「板門店宣言」が原文と異なって英訳
 

 

写真)朝鮮の板門店で休戦協定に署名する両軍代表(1953年)

今年に入って、朝鮮半島の政治情勢が大きく動いています。韓国のムンジェイン大統領と北朝鮮の金正恩委員長は、3度も首脳会談を行いました。6月には、アメリカのトランプ大統領と金正恩委員長が、シンガポールで史上初めての直接会談を行い、朝鮮半島の緊張緩和が期待されています。しかしながら、4月に発表された「板門店宣言」の英訳版が、韓国語で書かれた「板門店宣言」と中身が違うと、複数のメディアが報じています。

4月に、ムンジェイン大統領と金正恩委員長が、初めて首脳会談を行った後、「板門店宣言」が発表されました。この宣言は、韓国語で書かれました。内容は、朝鮮戦争の終戦宣言と平和協定の締結を目指して、両国が今年中、話し合いを続けていくことに合意した、というものでした。ところが、日本語版では、句読点の位置のせいで、両国が、今年中に、終戦宣言と平和協定を締結することに合意したと言う意味になっています。

英語版は、韓国と北朝鮮が、それぞれ作成したということです。その後、英語版の「板門店宣言」が国連に提出されました。VOA放送が検証したところによると、国連に提出されたものは、北朝鮮が英訳した「板門店宣言」に近い英語表現でした。中身は、日本語版と同じで、今年中に、終戦宣言を行うという意味になっていると指摘しています。ところが、韓国が作成した英訳版は、原文と同じ意味で、終戦宣言を目指して話し合いを進めていく、という意味になっていました。

言語によって異なる政治宣言が発表されることは、昔からよくありました。これは、政治的宣言が、いかに国際政治の妥協の産物であるかを物語っていると言えます。言語によって異なる「板門店宣言」の存在が、今後、朝鮮半島にどのような影響を与えるか、注目していく必要があるかもしれません。

 
https://japan-indepth.jp/?p=42077​​​​​​​

http://english.donga.com/Home/3/all/26/1462708/1


2018.10.23   English translation of "Panmunjom declaration" said to be different from
the original text

  

 UN delegate Lieut. Gen. William K. Harrison, Jr. (seated left), and Korean People’s
Army and Chinese People’s Volunteers delegate Gen. Nam Il (seated right) signing
the Korean War armistice agreement at P’anmunjŏm, Korea, July 27, 1953.



There have been some enourmous changes to the political situation of the Korean Peninsula this year. Korea's President Moon Jae-in and North Korean President Kim Jong-un have held three summit talks. In June, the American trump and President Kim Jong Il will have direct talks in Singapore for the first time in history, relaxing tension in the Korean Peninsula. However, multiple media reports that the English version of the "Panmunjom declaration" announced in April is different from the "Panmunjom declaration" written in Korean.

After the first summit between Moon Jae-in and Kim Jong-un in April, the "Panmunjom declaration" was announced. This declaration was written in Korean. The content was that both countries agreed to continue talks this year, aiming to conclude a peace agreement with the declaration of the end of the Korean War. However, in the Japanese version, due to the position of punctuation marks, it means that the two countries have agreed to conclude a war declaration and a peace agreement later this year.

The English version was created by Korea and North Korea respectively. After that, the English version "Panmunjom declaration" was submitted to the United Nations. According to the VOA broadcasting verification, the contents submitted to the United Nations contained english expressions close to the "Panmunjom declaration" translated into English by North Korea. It is the same as the Japanese version, it points out that it intends to declare a war within the year. However, in the english translation created by Korea. the contents have the same meaning as the original text, in other words, discussing the aim to work towards an end of war declaration.

It has long been common that political declarations are announced by language. And it is also true that a political declaration is the result of mutual compromise. It will be important to take note of what kind of influence the existence of "Panmunjom declaration" and the language contained will affect the Korean Peninsula in the future.



https://japan-indepth.jp/?p=42077

http://english.donga.com/Home/3/all/26/1462708/1
 


  









 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】