大きくする 標準 小さくする

本屋大賞「翻訳小説部門」受賞作家の未邦訳作品が刊行

2018/10/22

本屋大賞「翻訳小説部門」受賞作家の未邦訳作品が刊行

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.10.12    本屋大賞「翻訳小説部門」受賞作家の未邦訳作品が刊行
 



 
         
     2017年の本屋大賞「翻訳小説部門」受賞作品『ハリネズミの願い』(長山さき訳    新潮社 2016年)の作家、トーン・テヘレン氏の未邦訳作品『りすのたんじょうび』(野坂悦子訳 偕成者)が9月25日に刊行されました。        

       


テヘレン氏は、1941年生まれのオランダ人作家です。医師でもあるテヘレン氏は、1984年に幼い娘のために書いた『一日もかかさずに』を刊行後、児童文学を数多く出版し、その貢献により2006年には、国際アンデルセン賞のファイナリストにもなっています。今回の作品は、1995年初版の同名の作品に、「パーティ」をテーマとした8編を追加して2012年に出版された『De verjaardag van de eekhoorn en andere dieren(リスのたんじょうびとほかの動物たち)』の完訳作品です。
 実は、『ハリネズミの願い』は、オランダ在住の翻訳者、長山さきさんが翻訳したとき、オランダではベストセラーになっておらず、英語にも翻訳されていませんでした。しかし「この本が日本人には共感されるのでは」という長山さんの予想通り、日本ではベストセラーになり、台湾や韓国でも出版されることになったのでした。長山さんは本屋大賞の授賞式で、「日本から世界に広がっていく海外文学というのも、すてきなことじゃないかなと思います」と話しました。
 『りすのたんじょうび』は、自分の誕生日のパーティを巡ってやきもきする主人公のりすの様子を通して、少し臆病な人間の心の機微を表現した作品です。日本絵本賞を受賞したこともある挿絵画家の植田 真(うえだまこと)氏の描き下ろしたイラストも、ほぼ全ページに収録されています。対象年齢は小学校中学年からですが、年齢に関係なく共感できる短編集です。


 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000026693.html

https://hon.booklog.jp/pickup/harinezumi20170417

http://www.letterenfonds.nl/en/author/139/toon-tellegen





2018.10.12    Untranslated work of winner of the novel translation book prize is finally published




               The Japanese translated version of Toon Tellegen's  
    "The Hedgehog 's Wishes"  (Nagayama Saku Shinpaisha 2016)  was published  on  25th      September. 




Tellegen is a Dutch writer born in 1941. Mr. Tellegen, who is also a doctor, published numerous children's literature after publishing "for a day" written his young daughter in 1984, and for this contribution was shortlisted for the Hans Christian International Award. This work is the completed works of a 1995 edition in which 8 editions based on the theme of a party, named "De verjaardag van de eekhoorn en andere dieren", meaning the squirrel's birthday and other animals.

Actually at the time Holland resident translator Saki Nagayama translated "The Hedgehog's Wishes" into Japanese it had not yet been translated into English. However as Nagayama expectations that the work would resonate with Japanese people, it became a bestseller in Japan and is also expected to published in both Taiwan and Korea. At the award ceremony of the prize. Nagayama commented that she thought the expansion of overseas literature into Japan was wonderful.

"Risu's Birthday" is a work that conveys the somewhat cowardly creativity of a protagonist framed in the context of their birthday party. An illustration drawn by Mr. Ueda Makoto Ueida, an illustrator who has won the Japan Picture Book Award, is also included on most pages. The target age group for the book is from the elementary school junior year, but it is a collection of short stories that can resonate with anyone, irrespective of age.

For details, please visit the following website.




https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000026693.html

https://hon.booklog.jp/pickup/harinezumi20170417

http://www.letterenfonds.nl/en/author/139/toon-tellegen


 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】