大きくする 標準 小さくする

パブリッシャーズ・ウィークリー、注目の版権

2018/09/25

パブリッシャーズ・ウィークリー、注目の版権

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.09.07          パブリッシャーズ・ウィークリー、注目の版権


821日付けの『パブリッシャーズ・ウィークリー』にて、今の版権市場で注目中の3冊の本が紹介されました。

1冊目は、オーストラリア人作家キャサリン・コレット氏のデビュー作、「The Helpline」です。本国でも93日に発売開始(出版はテキスト・パブリッシング)になったばかりのコメディですが、先ごろイタリアのガルザンティ社が版権を取得しました。北アメリカでは、サイモン&シュスターのインプリント、タッチストーンが、またイギリスではサイモン&シュスターがそれぞれ版権を取得しています。出版社のウェブサイトによると、この本には、本の内容に満足できない場合の返金保証が付いているそうです。

2冊目は、ロヒンギャ難民が迫害について書いた自叙伝、「First They Erased Our Name: A Rohingya Speaks Up」です。この種の書籍としてはこれが初だそうです。オリジナルはフランス語で今年の3月に出版されました。著者のハビブラマン氏は18年前にミャンマーを出国、タイ、マレーシアを経由して船でオーストラリアに逃れました。同国で2年半にわたり難民収容所生活を送った後、政治難民として認められ、現在はメルボルンで生活しています。本書の共著者であるソフィー・アンセル氏は、フランス人ジャーナリストです。本書の世界での英語出版権をメルボルンの出版社スクライブが取得しました。

3冊目はフィンランドのライフスタイルの本です。タイトルを「Finding Sisu: In Search of Courage, Strength, and Happiness the Finnish Way」といい、フィンランド流のSisu(あきらめない気質)についての本です。英語版は今年初めに出版されています。版権はすでにベトナムやインドネシア、台湾などのアジアを含む21の国と地域に販売されています。

詳しくは下記のウェブサイトをご覧下さい。

 
https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/international/international-deals/article/77798-international-hot-book-properties-week-of-august-20-2018.html

https://www.textpublishing.com.au/books/the-helpline

http://catalog.2seasagency.com/book/first-they-erased-our-name-a-rohingya-speaks-up-dabord-ils-ont-efface-notre-nom-un-rohingya-temoigne/

https://katjapantzar.com/




2018.09.07          Publishers Weekly's Featured Copyrights


In the August 21st edition of "Publishers Weekly" dated August 21, three books drawing attention in the current copyright market were introduced.

The first being "The Helpline", the debut work of Australian writer Catherine Collett. It is a comedy work that went on sale from September 3 in Japan, but for which Italian company Garzanti publishing first obtained copyright permission. Simon & Schuster and Touchstone in North America, and Simon & Schuster in the UK, all respectively have obtained copyright permissions for the work. According to the website of the publisher, this book seems to have a refund guarantee in case consumers are not satisfied with the book's contents.

The second is an autobiographical account written by Rohingya refugees wrote about persecution, "First They Erased Our Name: A Rohingya Speaks Up." It is also the first time for this category of
book to be introduced. The original was published in French this March. The author Habiblaman departed Myanmar 18 years ago and subsequently fled to Australia by boat via Thailand and Malaysia. After living in the refugee camp life in the country for two and a half, years, he was granted political asylum and now lives in Melbourne. Sophie Ansell, co-author of this book, is a French journalist. Melbourne publisher Scribe Publications obtained English copyright permissions for this book.

The third book is a Finnish lifestyle book. The title is "Finding Sisu: In Search of Courage, Strength, and Happiness the Finnish Way", and it is a book about Finnish style Sisu, meaning resilience. The English version is published earlier this year. Copyrights have already been sold to 21 countries and regions including Vietnam, Indonesia, Taiwan
and other Asian countries.

https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/international/international-deals/article/77798-international-hot-book-properties-week-of-august-20-2018.html

https://www.textpublishing.com.au/books/the-helpline

http://catalog.2seasagency.com/book/first-they-erased-our-name-a-rohingya-speaks-up-dabord-ils-ont-efface-notre-nom-un-rohingya-temoigne/

https://katjapantzar.com/
 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】