大きくする 標準 小さくする

オーストラリア、マイルズ・フランクリン文学賞の発表間近

2018/09/07

オーストラリア、マイルズ・フランクリン文学賞の発表間近

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.08.21          オーストラリア、マイルズ・フランクリン文学賞の発表間近


オーストラリアで最も権威のある文学賞であるマイルズ・フランクリン賞の発表が、8月26日に予定されています。この文学賞は『わが青春の輝き』(My Brilliant Career、井上章子訳、サンリオ、1982年)の作者、ステラ・マリア・セーラ・マイルズ・フランクリンの遺志により設立され今年で61回目を迎えます。今年の最終候補作である6作品は5月に発表されていました。

このうち、『Taboo』でノミネートされているKim Scott氏は、オーストラリアの先住民族アボリジニーをルーツに持つ作家で、2000年の『Benang』(邦訳なし)と2011年の『ほら、死びとが、死びとが踊る』(That Deadman Dance、下楠昌哉訳、現代企画室 2017年)でこれまでに2度、マイルズ・フランクリン賞を受賞しています。今回の作品も、Scott氏の祖先である先住民族のヌンガル族と白人入植者の間の複雑な歴史と、それぞれの立場からの思いが描かれている小説です。

また、『The Life to Come』の作者Michelle de Kretser氏は、スリランカ生まれ、メルボルン育ちの60歳。2013年のマイルズ・フランクリン賞の受賞者です。今回ノミネートされている作品は、現代のオーストラリアの社会や政治の矛盾を、3人の異なるキャラクターの目を通してやや皮肉をこめながらユーモラスに描いています。

どの作品も、先住民、イギリス系を始めとしたヨーロッパ系移民、近年のアジア系移民との間の複雑な関係のもとに成り立つ多民族国家・オーストラリアに住む人々が、独特な風土を持つ土地や社会に抱く、個別でありながら多くの人に共通する感情を描いた作品ばかりです。近年の資源ブームにより豊かとなったオーストラリアですが、その土地で生まれた文学作品を読んでみると、コアラとサーフィンといったステレオタイプのオーストラリアのイメージが少し変わるかもしれません。


https://www.perpetual.com.au/insights/2018-miles-franklin-literary-award-shortlist-announcement
https://www.theguardian.com/books/2018/jan/03/the-life-to-come-by-michelle-de-kretser-review
https://www.panmacmillan.com.au/author/kim-scott/



2018.08.21          Winner of Miles Franklin Literary Award in Australia soon to be Announced


The winner of Australia's most prestigious literary award, the Miles Franklin Prize, is scheduled to be announced on August 26. Founded by Stella Maria Sarah Miles Franklin, author of My Brilliant Career, translated by Shoko Inoue and published by Sanrio, this year marks the 61st award in its history. The six candidates in the running for this year's award were announced in May.

Among the nominees include, Kim Scott, a writer with indigenous Australian ancestry who was nominated for his work "Taboo", and has already twice received the award for his works "Benang", published in 2000 (no Japanese translation) and his 2011 novel, "That Deadman Dance", translated by Masaya Shimokusu of the Contemporary Planning Office. His latest novel also details the complex history between indigenous noongars and white settlers, Mr. Scott's ancestors, and thoughts from their respective standpoints.

The winner of the 2013 award was 60-year old Michelle de Kretser, born in Sri Lanka but raised in Melbourne, who won for her novel "The Life to Come". The work nominated this time is somewhat sarcastic and humorous anecdote which draws on the contradictions of modern Australian society and politics through the eyes of three different characters.

Each work represents a multicultural nation and country established under complex relations between indigenous people, European immigrants such as British and more recently, Asian immigrants and how how these residents of Australia express their personal yet shared emotions for the unique climate of the land and the society in which they reside. Although Australia became rich by recent resource boom, reading some literary works from the country may mean you gain more than just the stereotypical images of koalas and surfing.

https://www.perpetual.com.au/insights/2018-miles-franklin-literary-award-shortlist-announcement
https://www.theguardian.com/books/2018/jan/03/the-life-to-come-by-michelle-de-kretser-review
https://www.panmacmillan.com.au/author/kim-scott/

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】