大きくする 標準 小さくする

“Cocky”の使用を巡る裁判、米作家協会側の勝利

2018/09/07

“Cocky”の使用を巡る裁判、米作家協会側の勝利

情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.08.17          “Cocky”の使用を巡る裁判、米作家協会側の勝利


このほど、タイトルに“Cocky”を使用した出版物の出版差止に関する裁判がニューヨーク南部地区裁判所で行われました。担当裁判官Alvin Hellersteinは、原告側の訴えを退け、アメリカ作家協会(AG)側が勝訴しました。これにより、ロマンス小説作家は自由に”cocky”を作品タイトルに使用できるようになりました。

この問題は、今年4月に、原告であるFaleena Hopkinsが、自費出版したロマンス小説、“Cocky”シリーズを商標登録したことから始まりました。この単語は、ロマンス小説では頻繁に使用されます。Hopkinsは、“Cocky”をタイトルに含むロマンス小説の作家たちに、タイトルを変更するよう要求する手紙を送付しました。更に、Amazonにも“Cocky”を含むロマンス小説の販売停止を請求し、多くの作品が一時的に販売停止となりました。

これを受けてAG及びアメリカ・ロマンス作家協会(RWA)は各々、Amazonにこの商標登録侵害請求に異議を唱え、販売再開を要求しました。そして、AGは、同じく “Cocky”シリーズの著者であり、同協会のメンバーであるTara Crescentを代理して、Hopkinsに手紙を送付しました。これに対するHopkinsの反応は、Tara Crescentを含む3人を相手取った訴訟でした。

Hellerstein裁判官は、“Cocky”が一般的に使用される単語であり商標登録として弱いこと、実際に混乱を引き起こしている証拠がないこと、ロマンス小説の読者層がHopkinsの作品とCrescentの作品を取り間違う可能性が低いことを理由に、Hopkinsの請求を棄却しました。

AGは、通常、特定の作家を代理して訴訟を行うことはないそうですが、この事件では、他の多くの作家にも影響を及ぼすため、Crescentの法的サポートを行いました。AGは特定の作家が一般的に使用される単語一つを「独占」してしまうことは、表現の自由という公共の利益に反する行為であるという見解を述べています。今回の判決により、商標登録済みのシリーズ名であっても、その適用範囲が明確にされたと言えるでしょう。


https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/publisher-news/article/77157-judge-denies-author-attempt-to-trademark-cocky.html
https://www.theguardian.com/books/2018/jun/04/romance-writers-cocky-faleena-hopkins
https://www.authorsguild.org/industry-advocacy/authors-guild-rwa-prevail-court-defending-authors-cocky-trademark-dispute/





2018.08.17         Court Ruling Favors Authors Guild Over the Usage of “Cocky”


A decision was reached recently by the court of the Southern District of New York regarding the injunction of published materials that use the term “cocky” in their titles. Judge Alvin Hellerstein denied the plaintiff’s claim and handed down a victory to the Authors Guild (AG). Consequently, romance book authors are now able to freely use “cocky” in their works.

The problem began in April when the plaintiff and self-published author, Faleena Hopkins, obtained the trademark registration for her “Cocky” series. The term is frequently used in romance fictions. Hopkins sent a notification to other romance writers, demanding them to change any titles that contain the term “cocky.” Furthermore, she pressed Amazon to suspend the sales of romance books that included the word in their titles, leading to the temporary suspension of a substantial number of books. 

AG and Romance Writers of America (RWA) objected to Hopkins’ claim of trademark infringement, asking Amazon to resume the sales. Eventually, AG wrote a letter on behalf of Tara Crescent, author of another “Cocky” book series as well as the member of the Guild, and sent it to Hopkins. In response, she filed a lawsuit against three people including Crescent. 
Judge Hellerstein rejected Hopkins’ claim on the grounds that the word “cocky” is a common and weak trademark, that there was no evidence of actual confusion, and that the readers are not likely to confuse Hopkins’ and Crescent’s books.

It is rare for AG to litigate on behalf of individual writers, but since this case would have affected other writers in general, they decided to provide legal support for Crescent. AG believes that the “ownership” of a common word by a single author goes against the freedom of expression that is enshrined in the constitution. Regardless of whether the series name has been registered as a trademark or not, its scope of application has been clearly defined from this judgment.



https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/publisher-news/article/77157-judge-denies-author-attempt-to-trademark-cocky.html
https://www.theguardian.com/books/2018/jun/04/romance-writers-cocky-faleena-hopkins
https://www.authorsguild.org/industry-advocacy/authors-guild-rwa-prevail-court-defending-authors-cocky-trademark-dispute/

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】