大きくする 標準 小さくする

イギリスのIKEAでマン・ブッカー賞候補作を読めるイベント

2018/08/07


 イギリスのIKEAで
マン・ブッカー賞候補作を読めるイベント



情報提供 : Books and Rights Marketplace

 

 世界的に権威あるイギリスの文学賞、マン・ブッカー賞の候補作が724日に発表されました。これを記念して、スウェーデン発の家具量販店IKEAのロンドン市ウェンブリー店では、候補作品を無料で読むことができるリーディング・ルームを設置しました。

 

 期間は731日から85日までの6日間で、利用時間は午前10時から午後6時までです。利用者は、その場でゆっくりと読書を楽しむだけでなく、気に入った本を1冊無料で持ち帰ることができます。ただし、利用は一人1回までで、利用の際には事前予約が必要です。

 

 IKEAが行った調査によると、イギリス人の10%以上は昨年、本を読む時間が全くなかったそうです。また、就労者の6割近くが退社後、自宅にいてもEメールの返事をしなくてはならないと感じており、仕事を忘れて家で十分に寛げていないようです。また、別の調査でも、実に64%の人がテレビなどの電子機器が次々と運んでくる情報にストレスを感じていることも分かりました。

 

 そこで、現実から離れてリラックスするための提案として、このリーディング・ルームの企画が生まれました。IKEAがデザインするリーディング・ルームを体験し、人々にリラックスすることの大切さを実感してもらいたいと考えているそうです。全てを忘れて、自宅のリビングで小説を読んでゆったりと過ごすのは、健康にも良いという報告もあります。

 

 マン・ブッカー賞の発表は毎年10月ごろです。その年の最も優秀な長編小説に対して贈られるもので、作品の著者には5万ポンドの賞金も用意されています。選考対象は、イギリス連邦とアイルランド国籍の著者によって英語で書かれた長編小説です。今年はどんな本に贈られるのでしょう。自分の選んだ本が受賞したら嬉しいのではないでしょうか。

 

 

https://publishingperspectives.com/2018/07/ikea-wembley-uk-and-man-booker-prize-create-reading-rooms/https://themanbookerprize.com/

https://www.campaignlive.co.uk/article/ikea-creates-reading-room-customers-pick-man-booker-prize-longlist-book/1488511

 



2018.08.01     Longist of the Man Booker Prize can be Read at UK's IKEA

 

The longlist of the Man Booker Prize, UK’s prestigious literary award, has been announced on July 24. In commemoration, at IKEA’s Wembly location, Sweden’s furniture retail giant, a “reading room” has been set up where books selected for the longlist can be read for free. 

 

It is a six-day event lasting from July 31 to August 5, and hour-long slots are available from 10 a.m. to 6 p.m. Readers not only can take joy in reading but can also take home one book of their choice. Only one slot is available per person and reservation is necessary.

 

According to IKEA’s research, more than 10% of British citizens have not read a book in the last year. Furthermore, about 60% of workers responded by saying that they felt under pressure to respond to work-related emails even when they were home, suggesting that people are not sufficiently winding down by forgetting about their work. On a separate survey, more than 64% of respondents indicated that the constant bombardment of information via TV and the electronic gadgets were causing stress.

 

The concept of the “reading room” came into place to help people relax by escaping from reality. IKEA wants people to experience the “reading room” designed by the company in order for them to think about the importance of relaxation. There is research showing that by taking some time out to forget everything and read as well as relax in one’s living room leads to health benefits.

 

The announcement of the Man Booker Prize is around October each year. It is an award conferred to an outstanding, long literary piece and the winner is awarded 50,000. Literary pieces written in English by authors belonging to the Commonwealth of Nations and Ireland are considered for selection. We wonder which title will win this prestigious award. Would it not be great if the book you chose gets selected?

 

https://publishingperspectives.com/2018/07/ikea-wembley-uk-and-man-booker-prize-create-reading-rooms/

https://themanbookerprize.com/

https://www.campaignlive.co.uk/article/ikea-creates-reading-room-customers-pick-man-booker-prize-longlist-book/1488511

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】