大きくする 標準 小さくする

難民キャンプでの支援に利用されている翻訳アプリ「Tarjmly」

2018/07/23


 難民キャンプでの支援に利用されている翻訳アプリ「Tarjmly」



情報提供 : Books and Rights Marketplace


2018.07.05          難民キャンプでの支援に利用されている翻訳アプリ「Tarjmly

 
 

 シリアなどから欧州に逃れてきた人々が生活する難民キャンプでは、難民と支援者の間のコミュニケーションが問題になりますが、それを解決する一助として、スマートフォンなどで利用できるTarjmly(タージムリー)と呼ばれる翻訳サービスが昨年から利用されています。このサービスは当初フェイスブックのメッセンジャーのボットを使用していましたが、近いうちに独自のアプリに移行すると、サウジアラビアの英字紙Saudi Gazette電子版(629日付)が報じました。

 

 難民キャンプで暮らす難民の出身地は30カ国以上にも上り、使用言語は10種類を超えています。通訳ボランティアは不足がちで、親が医師とのコミュニケーションを十分に取れないため、子どもが命を落としてしまう事例もあります。その現状を知った米国在住のAbdulaziz Alghunaim氏らが、友人と共に昨年タージムリーを立ち上げ、遠隔地に住むバイリンガルによる翻訳提供の無償プラットフォームを作りました。彼らは今年から会社勤務を辞め、タージムリーのみに力を注いていましたが、先ごろ、AirbnbDropboxを支援した実績のあるスタートアップ企業のアクセラレーター、Y Combinatorの支援を受けることになりました。

 

 タージムリーには現在3000人の翻訳者が登録しており、アラビア語、ペルシャ語、トルコ語、パシュート語などとヨーロッパの言語、合わせて18言語に対応しています。翻訳者は中東諸国を中心に、イギリス、アメリカ。その他世界各地の在住者です。接続までの平均時間は90秒であり、これまでに2000以上の場面で、医師などの支援者と難民をつなぐ役割を果してきたそうです。利用者は、欧州諸国だけではなく、ロヒンギャ問題を背景にバングラディッシュやミャンマーにも広がっています。タージムリーには、翻訳者と利用者の匿名性が守られるような工夫も施されています。こうした技術の進化により一人でも多くの難民に支援が届くことが期待されます。

 

http://saudigazette.com.sa/article/537821/TECHNOLOGY/24-hour-translation-technology-saves-refugees-lives

https://www.tarjim.ly/en

https://ideasforgood.jp/2017/12/26/refugee_2017/

 

 

 

 

 

2018.07.05    Tarjmly: A Translation App Used in Refugee Camps for Assistance

 

Communication has been a persistent problem between the aid workers and those who fled Syria as well as other countries in the refugee camps in Europe. To mitigate that challenge, Tarjmly, a smartphone-based translation service, has been adopted from last year. Initially, Facebook’s Messenger bot was being used to provide translation services, but Saudi Gazette (online version, dated June 29th), an English newspaper in Saudi Arabia, reported that the service will be migrated from Messenger to its own app soon.

 

There can be over 30 nationalities in a refugee camp with more than a dozen languages being spoken. There is always a shortage of interpreters and cases of death among children have been reported due to the insufficient communication between the doctor and parents. Once learning the situation at these camps, Mr. Abdulaziz Alghunaim, a student of Saudi origin studying in the US, launched Tarjmly with his friend—a translation platform that offered remote translation services for free by bilingual volunteers. They resigned from their office jobs this year to focus only on building Tarjmly, and recently, their company was accepted by Y Combinator, an accelerator for startups, which has a track record of supporting companies like Airbnb and Dropbox.

 

Currently there are 3000 registered translators of Tarjmly, and in total, it supports 18 languages, starting with Arabic, Farsi, Turkish, Pashtun and other European languages. Most volunteers reside in the Middle East, followed by residents of UK, US and other countries. The average connection time is 90 seconds, and up until now, the service has played a role in connecting services providers such as doctors with refugees in over 2000 different cases. The users are not only limited to European countries, but its use has been reported in Bangladesh as well as in Myanmar, which are known for the Rohingya crisis. Tarjmly has a built-in service that protects the anonymity of the translators and users too. Let us hope that the technological advancement will bring the much-needed assistance to as many refugees.

 

http://saudigazette.com.sa/article/537821/TECHNOLOGY/24-hour-translation-technology-saves-refugees-lives

https://www.tarjim.ly/en

https://ideasforgood.jp/2017/12/26/refugee_2017/

 

 

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】