大きくする 標準 小さくする

オーストラリアの書籍市場に見られる多様な翻訳書

2018/06/22


 オーストラリアの書籍市場に見られる多様な翻訳書



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.06.08 オーストラリアの書籍市場に見られる多様な翻訳書
 


オーストラリアの独立系ニュースウェブサイトのThe Conversation (5月22日付け)によると、オーストラリアで読まれる翻訳文学作品は、これまでよりも多様性が広がっていることがわかりました。

2016年にイギリスのマンブッカー賞で、隔年だった国際賞の選出が毎年の選出に変更されるなど、文芸作品の翻訳が世界各地で注目されていますが、オーストラリアにおいても状況は同じようです。ペルシャ語から翻訳された作品『グリーンゲート・ツリーの悟り(仮)』(The Enlightenment of the Greengate Tree、ショクーファー・アザール作)が、女性作家の文学賞であるステラ賞の最終選考まで残るなど、質の高い翻訳作品が出版され評価されるようになっています。

翻訳書の多くは欧州の作品ですが、作品のジャンルは従来の古典やベストセラーだけではありません。また、スカンジナビア言語からは、人気の犯罪スリラーだけでなく他分野の文学作品も翻訳されるようになりました。さらに、これまで比較的翻訳作品が少なかった東欧言語や、アジアや中東、南アメリカの文学作品の翻訳作品の出版数も増えています。

今年のマンブッカー国際賞の受賞作、オルガ・トカルチュクの『フライト』(Flights)や、桐野夏生の『女神記』を出版しているText Publishing社は、通俗心理学や回顧録などの分野の翻訳作品の出版で定評があります。また、南半球出身の作家による作品を「南緯シリーズ」と題して今後数年にわたり出版してゆく計画を持つシドニーのGiramondo社など、オーストラリアの大手出版社もさまざまなジャンルの翻訳本を積極的に出版する傾向が見られます。オーストラリアの多様な人口構成を反映し、読者に好まれる文芸作品もこれまでになく多様化しているようです。

https://theconversation.com/australias-taste-for-translated-literature-is-getting-broader-and-thats-a-good-thing-94402
https://www.theliftedbrow.com/apple-and-knife/
https://www.textpublishing.com.au/books/the-goddess-chronicle





2018.06.08 Diverse Translations Available in Australia’s Book Market


According to The Conversation (dated May 22), one of Australia’s independent news websites, the genre of translated literary works read among Australians is getting broader. 

We are witnessing a surge in popularity of translated literary works around the world. For example, in 2016, U.K.’s Man Booker Prize Foundation switched to announcing its International Prize shortlists to every year from every other year. A similar trend is taking root in Australia too. For instance, The Enlightment of the Greengate Tree by Shokoofeh Azar, which has been translated from Farsi, was the runner-up for the Stella Prize, a literary prize for Australian women—giving further legitimacy to high-quality translations. 

The majority of the translated texts are still from Europe, but they are no longer just restricted to the conventional classic works or bestsellers. Scandinavian languages were usually well known for its translations of crime thrillers, but works from other literary fields are joining the ranks. Furthermore, although there were relatively few translated titles originating from Eastern Europe, Asia, the Middle East, and South Africa, we are seeing an influx in translations from these regions too.   

TextPublishing, which published Flights by Olga Tokarczuk—shortlisted for the 2018 Man Booker International Prize—as well as Goddess Chronicle by Natuo Kirino, is known to publish translated fictions on popular psychology or memoirs. In addition, Giramondo, a major Sydney-based publishing firm, which has launched a new Southern Latitudes series that is devoted to writers from Southern Hemisphere, is planning to actively publish translated titles from diverse backgrounds for the next several years. As the landscape of Australia’s demographic makeup becomes more diversified, the readers’ taste is also becoming varied.  


https://theconversation.com/australias-taste-for-translated-literature-is-getting-broader-and-thats-a-good-thing-94402
https://www.theliftedbrow.com/apple-and-knife/
https://www.textpublishing.com.au/books/the-goddess-chronicle

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】