大きくする 標準 小さくする

ポプラ社、「こどもの本総選挙」結果発表

2018/06/07


 ポプラ社、「こどもの本総選挙」結果発表



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.05.30 ポプラ社、「こどもの本総選挙」結果発表
 

5月5日子供の日、ポプラ社による「こどもの本総選挙」の結果が発表されました。荒川区立図書館「ゆいの森あらかわ」で開催された発表会には、42媒体のメディア関係者が取材に集まりました。この企画では、昨年11月1日~今年2月16日まで、公式サイト、全国書店、小学校、図書館等で広く子供たちからの投票を受け付けていました。その結果、1~2万票とされた当初の見込み投票数を大きく上回り、12万票を超える投票があったそうです。この結果を受けて全国3,000書店でフェアが展開され、ランキングされた本の売り上げに大きく貢献しました。

子供たちが選んだのは、どのような本だったのでしょうか。気になる第1位は、大人にも人気の高い『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(監修:今泉忠明 高橋書店)でした。続く2位・3位には、ヨシタケシンスケ氏の『あるかしら書店』(ポプラ社)と『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)が選ばれています。ヨシタケシンスケ氏は今回の総選挙ポスターのイラストを担当しており、4作品がトップ10入りしました。また、主催したポプラ社の人気シリーズ「おしりたんてい」(作:トロル)も2作品がランクインしました。最近の本が上位を占める中で、1985年に初版が発行された宗田理の『ぼくらの七日間戦争』(KADOKAWA)も第8位を獲得し、いまだに人気であることがうかがわれました。小学校中学年以上向けの短編シリーズで、現在9巻まで発売されている『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(作:廣嶋玲子、絵:jyajya 偕成社)は、第9位となりました。

発表会では、参加した子供たちが作家に表彰状を手渡すシーンもあり、子供たちにとってさらに本が身近に感じられるイベントとなったようです。作家の面々は、その本を作った背景や込めた思いなどを述べました。また、アンバサダーを務めたピース又吉さんも、それぞれの本の感想や、自身と読書との関係についても語りました。ポプラ社のウェブサイトで、子供たちが本を選んだ理由の一部を掲載しています。現役の小学生が本を選ぶ理由が垣間見え、興味深い内容となっています。
詳しくは下記のウェブサイトをご覧ください。


https://www.poplar.co.jp/company/kodomonohon/award/
https://ddnavi.com/news/456737/a/
https://www.shinbunka.co.jp/news2018/05/180507-01.htm



 2018.05.30   Poplar Announces Results of Children’s Books General Election

On May 5, Children’s Day, Poplar Publishing announced the results of the “Children’s Books General Election.” At the announcement event, which took place at the Arakawa Ward Library located inside Yuinomori Arakawa, 42 media outlets came to cover the story. From November 1, 2017 to February 16, 2018, the undertaking took in votes from children which were sent through the official website, book stores all over Japan, elementary schools and libraries, etc. As a result, the number of votes exceeded the original forecast of 10,000 to 20,000 votes and tallied more than 120,000. Subsequently, 3000 bookstores all over the country

What kind of books were chosen by children? The top spot went to This is Fun! The Wonders of Evolution: Dictionary of Unfortunate Animals (Editor: Tadaaki
Imaimzumi, Takahashi Shoten). This was followed by Shinsuke Yoshitake’s Arukashira Shoten (Poplar Publishing Co., Ltd.) in the second place and It May Be An Apple (Bronze Publishing Inc.) in the third. Mr. Shinsuke Yoshitake has overseen the illustration used in the general election poster, and four of his works placed in the top ten. Also, two titles under the popular series of Oshiri Tantei (Author: Tororu) by Poplar were ranked in the top ten. Despite the trend where only recently written books were among the top-ranking books, Osamu Soda’s Our Seven Day War placed in the eighth, demonstrating an undiminished following. In the short-story series targeting students in the intermediate to the senior level in elementary school, the Fushigi Dagashiya Sentendo (author: Reiki Hiroshima, illustration: jyajya Kasei-sha Ltd.) came in ninth.

At the presentation ceremony, some of the children presented the awards to the authors, which made them feel closer to the books. The writers talked about the background of their works and the emotion that went into their stories. In addition, Peace Matayoshi gave his thoughts for some of the books he read as well as his relationship with reading. On the website of Poplar, we can find a portion of the reason behind why children selected certain books. It gives a glimpse into the reasoning behind their decision from the current elementary school students, adding further depth.

https://www.poplar.co.jp/company/kodomonohon/award/
https://ddnavi.com/news/456737/a/
https://www.shinbunka.co.jp/news2018/05/180507-01.htm

 

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】