大きくする 標準 小さくする

北京市が標識の誤訳を募集、優秀者には賞品贈呈

2018/05/22


北京市が標識の誤訳を募集、優秀者には賞品贈呈



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.05.08 北京市が標識の誤訳を募集、優秀者には賞品贈呈
 


近年、経済成長の著しい中国では外国人観光客が増え、国を挙げての観光客招致活動が盛んです。そうした中で時折話題になるのが看板や公共標識の翻訳ミスです。そこで首都である北京市は2018年3月から市の公式サイト上で、公共標識の誤訳の募集を開始しました。誤訳の情報提供者の中から毎月および毎年優秀者を選び、賞品を贈呈するそうです。

誤訳のある標識を見つけたら、その標識の正確な位置と写真に加えて情報提供者自身の携帯電話番号などを提出します。また、代わりの翻訳も提案できます。審査員は情報提供者の投稿回数および投稿の質を考慮して優秀者を選びます。

この試みは北京市市政外務委員会の主催で、北京市市政広報委員会が2000年に立ち上げた公式ニュースメディアQianlong Net上で募集しています。Qianlong Netでは、本キャンペーンと合わせて、標準化された英語翻訳を掲載、また、よくある誤訳についての専門家の意見を紹介しています。市民が正しい翻訳と誤訳を知り、より多くの標識を正確な英語表記にすることを目指します。

誤訳を減らす対策として、中国政府は「公共サービス英訳標準表」を昨年6月に発表しています。この資料では、公共サービスで頻出する単語の正しい英訳が表にまとめられていて、既に中国全土の公共サービスで使用されています。北京市の行う今回の取り組みは、2022年に開催される北京冬季五輪に備え、より効率的に早く標準化を進めるための手段といえるでしょう。

日本でも、2020年の東京オリンピックに向けて、翻訳・通訳に関するさまざまな試みが行われています。北京市のように、誰でも簡単に違和感のある翻訳について投稿できる仕組みもおもしろいかもしれません。



https://slator.com/industry-news/spot-bad-translation-win-prize-beijing-taps-public-to-improve-bilingual-signage/
http://www.qianlong.com/


 2018.05.08   Beijing Calls for Public Signage Mistranslation Spotters

In recent years, China’s vigorous economic growth has fueled a surge in tourism and there is an ongoing promotional drive on a national scale to welcome visitors. A subject of discussion from time to time is the English translation errors found in public signage. From March 2018, the capital city of China, Beijing, began to call for submissions from the public on information on such mistranslations. The best contributors will be selected on a monthly and annual basis and prizes will be given. 
   
Spotters widal provide the exact location and a photo of the erroneous sign, in addition to their cell-phone number. Furthermore, they can suggest an alternate translation. Judges will take into consideration the quantity and quality of submissions when selecting winners.  

This is an initiative of the Beijing Municipal Government's Foreign Affairs Office. Submissions can be made on Qianlong Net, an official news media site launched in 2000 by its publicity department. In conjunction with this campaign, the site publicizes standardized translations in China, with experts pointing out common errors and providing opinion. It aims to raise public awareness on correct and incorrect translations and improve the accuracy of English signage in as many locations as possible. 

As a measure to lessen mistranslations, the Chinese government also released a guideline for English translations in public services in June 2017. Standardized English translations for words commonly used in public services were compiled into a list which is already in use throughout the country. A major motivator of this standardization is the Beijing Winter Olympics in 2022. 

Japan is also engaged in various translation and interpretation projects for the upcoming 2020 Tokyo Olympics. A public submission system similar to Beijing's initiative may be an interesting and effective way to correct erroneous translations. 

 

http://techwireasia.com/2018/03/microsoft-developed-bot-can-apparently-translate-well-human/

https://blogs.microsoft.com/ai/machine-translation-news-test-set-human-parity/

https://japan.cnet.com/article/35116178/

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】