大きくする 標準 小さくする

モノの貸し出しで利用者増やすアメリカの図書館

2018/04/23


モノの貸し出しで利用者増やすアメリカの図書館



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.04.05  モノの貸し出しで利用者増やすアメリカの図書館

 

 

 アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊の図書館では、本以外のモノの貸し出しやユニークなイベントの開催により、利用者を増やしているそうです。2018330日付けの、カリフォルニア州の日刊紙『オレンジ・カウンティ・レジスター』紙(デジタル版)が伝えています。

 

 ヨーバリンダ図書館では、コンパス、双眼鏡、ハイキングガイドを詰めたバックパックを借りることができます。レッドランズのA.K.スマイリー図書館では、額縁に入った絵画の貸し出しを行っています。また、プラセンティア図書館では、シャボン玉製造機や業務用調理器具、ドローン、楽器などを借りることができます。それだけでなく、本物の機材を使った10週間のDJ教室などユニークなワークショップやイベントが開催され、新たな利用者の獲得に一役買っています。

 

 アメリカの図書館のこうした取り組みは、「モノの図書館(Library of Things)」として以前から行われてきました。中には、30年も前から小さな町では入手が困難なケーキ型を貸し出していた図書館もあります。さまざまなサービスを提供することで利用者減に歯止めがかかり、閉鎖を免れることができた図書館もあるそうです。例えば、プラセンティア図書館では20062007年度から20162017年度にかけて貸し出しカード保持者が1万人増え、42173人になったそうです。また、20162017年度に図書館で開催されたプログラムに参加した大人の人数は、10年前の12倍になっているそうです。

 

 ロサンゼルス郡の公立図書館全体では、本の貸し出し件数が過去10年間で20パーセント減少しましたが、図書館開催のプログラムへの参加者は10年前に比べて49000人増えたとのことです。図書館は、時代に合わせ、オンラインによる電子書籍の貸し出しなども行ってきましたが、さらに、地域住民の要望に応え、さまざまな方法で学んだり楽しんだりする場所へと変化しています。

 

https://www.ocregister.com/2018/03/30/books-shmooks-your-library-card-can-get-you-a-drone-violin-or-sewing-machine/

http://current.ndl.go.jp/node/28161

http://current.ndl.go.jp/node/21732

 


 

 

 
2018.04.05   To Increase Membership, US Libraries Become Libraries of Things

 

On March 30, 2018, California-based newspaper The Orange County Register (OCR, digital version) reported that some libraries in the suburbs of Los Angeles have been lending out things other than books and holding unique events. These undertakings have contributed to an increase in new memberships, the report says.

 

For example, at the Yorba Linda Library, a member can borrow a backpack with a compass, binoculars, and a hiking guide. The A.K. Smiley Library in Redlands has framed paintings on loan. At the Placentia Library, there is a bubble machine, a commercial kitchen mixer, a drone, and musical instruments, among others. In addition, libraries host unique workshops and events, such as a 10-week DJ class providing the use of real equipment.

 

Such efforts by US libraries have been happening for years, as Libraries of Things. A library in a small town has been lending out cake pans since more than 30 years ago, when such items were difficult to obtain. Libraries have been able to stave off forecasts of declining membership and closure through the provision of various services. Placentia Library, for instance, added 10,000 new members from the 2006 to 2017 fiscal periods, resulting in 42,173 registered members, and the number of adult members that took part in library-hosted events grew twelve-fold.

 

Also in the past ten years, according to the OCR article, while libraries in Los Angeles County have witnessed a 20% decline in the number of books being loaned out, there are 49,000 more people taking part in library programs. Libraries now loan e-books in keeping with the times, but as venues which are ever responsive to local needs, they continue to transform to be a place where people can learn and enjoy in different ways.

 

https://www.ocregister.com/2018/03/30/books-shmooks-your-library-card-can-get-you-a-drone-violin-or-sewing-machine/

http://current.ndl.go.jp/node/28161

http://current.ndl.go.jp/node/21732



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】