大きくする 標準 小さくする

新しい試みでめざす、古本の市場と出版業界との共存

2018/04/07


新しい試みでめざす、古本の市場と出版業界との共存



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.03.20  新しい試みでめざす、古本の市場と出版業界との共存

 

 インターネットの普及により、古本の売買はより身近なものとなりました。消費者に新刊本を購入してもらうことで利益を得る出版社や書店にとって、古本販売者はいわばライバルでしょう。しかし、新たな試みが、出版業界にもプラスの影響を与えるかもしれません。

 

 株式会社バリューブックスは、Amazonなどインターネットの通販サービスを通じて古書販売を手がける古本専門店です。同社は昨年2017年、長く愛される良書の作り手を応援するために、パートナーとなった出版社にその出版社の古本の売り上げの33%を還元するプロジェクト VALUE BOOKS ECOSYSTEM を開始しました。現時点で4社との提携を行っており、今後も提携先を増やそうとしています。消費者から送られてくる古本のうち、売れる可能性のある古本を買い取るわけですが、買取率の高い、古本になっても値崩れしにくい本を出している出版社が、パートナーの対象となります。

 一方、スマホアプリとして運営を開始した「しるし書店」は、絵本作家でお笑い芸人の西野亮廣による新しいタイプの古本取引のプラットフォームです。付箋や書込みなどの「しるし」が入った本を販売するという、通常の古本販売とは逆の発想から生まれました。著名人などが読んだ本を、その思考をなぞりながら読むことができるという付加価値が加わり、高値で取引される本もあるようです。また、世界に1冊しかない「しるし本」を購入できなかった利用者のために「新品を購入する」というボタンもあるので、新刊本の購入も期待できます。このしるし書店の仕組みは、新しい広告媒体として、書籍の販売促進につながるかもしれません。

 

 電子書籍の台頭や消費者人口の減少、本以外の娯楽の増加など、数十年前に比べて近年は、紙の本を売ることが難しい時代です。しかし、こうした古本販売者の新しい試みで、本の質と価値が安定し、また幅広い層が本の良さを知ることになれば、新しい本と中古の本の販売業界が上手く共生することも、可能となるのではないでしょうか。

 

https://kot-book.com/sirushi-book/

https://camp-fire.jp/projects/view/24608

https://www.valuebooks.jp/vb10th/project3/detail

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000026949.html

 



 
2018.03.20    Innovative Approaches to Coexistence of New and Used Book Markets

Purchasing and selling used books is now easier than ever due to various internet platforms. For publishers and bookstores which earn a profit through sales of new books, used book dealers are significant competitors. However, innovative approaches to dealing in secondhand books may also bring benefits to the publishing industry.

 

Value Books is a bookstore specializing in the sale of used books through online shopping sites such as Amazon. In 2017, to show its support for publishers of quality books, the company launched the Value Books Ecosystem, a project which returns 33% of its revenue from the sale of used books published by partnered publishers to the same publisher. At this point, four publishers have signed on, with this number hopefully increasing. Value Books purchases used books from consumers depending on their resell potential. Partnerships are considered for publishers which produce books that resell well due to their high quality content.

 

 

Another innovative platform for used book transactions, "Shirushi (Marked) Bookstore," is a smartphone app founded by comedian and picture-book author Akihiro Nishino. Going against the usual sales model of used books, its main idea is to sell "marked" books—books with handwritten notes and memos added by the original reader. It aims to recognize the "added value" in being able to trace the thinking pattern of the book's previous owner, who may or may not be someone famous. Some of these books are traded at premium prices. The platform boosts the sales of new books, too, with the option to purchase the book new in case the buyer misses out on the one-of-a-kind "shirushi book." The Shirushi Bookstore model may well be useful as a new way of advertising books.

 

Compared to a few decades ago, we live in an age where it is difficult to sell paper-based books due to reasons including the advent of electronic books, a declining consumer population, and an increase in forms of entertainment other than reading books. Nevertheless, if fresh approaches to selling used books lead to publishers publishing better quality books and books appealing to a broader audience, a successful coexistence of new and used book markets may be possible. 

 

 

https://kot-book.com/sirushi-book/

https://camp-fire.jp/projects/view/24608

https://www.valuebooks.jp/vb10th/project3/detail

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000026949.html



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】