大きくする 標準 小さくする

第1回小西漫画翻訳賞はセバスチャン・リュドマン翻訳の『ゴールデンカムイ』へ

2018/03/22


第1回小西漫画翻訳賞は
セバスチャン・リュドマン翻訳の『ゴールデンカムイ』へ



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.03.08  第1回小西漫画翻訳賞はセバスチャン・リュドマン翻訳の『ゴールデンカムイ』へ

 
 日本の漫画作品の優秀なフランス語翻訳を選ぶ「漫画翻訳賞」が、昨年、20171月に小西国際交流財団により設立されました。その記念すべき第1回漫画翻訳賞が、20181月末にフランスで開かれた第45回アングレーム国際漫画祭で発表されました。受賞者は、野田サトルの『ゴールデンカムイ』をフランス語に翻訳した、セバスチャン・リュドマン(Sébastien Ludmann)です。今回は201510月から20179月までの2年間に出版された翻訳作品が対象でした。 

 

小西国際交流財団は、これまで20年以上「日仏翻訳文学賞」を主催し、日本とフランスの文化交流の懸け橋となる翻訳者の功績をたたえてきました。フランスでは日本の漫画が人気で、漫画のつながりで日本に関心をもつ若者が多いそうです。このたびの「漫画翻訳賞」は、漫画翻訳出版の影の功労者である翻訳者に光をあてるものです。漫画を通じて日本の文化を伝え、国際的な相互理解がさらに進むことが期待されています。

 

漫画は日本では幅広い世代に読まれていますが、海外の漫画市場はどうでしょうか。日本の漫画の市場を、紙書籍の数で国別にみると、フランスは、アメリカやアジア諸国をおさえ、日本に次ぐ大きさだそうです。2016年にフランス語に訳されたすべての書籍を、もとの言語別に比較すると、英語60%に対して、日本語は12.5%で、ドイツ語、イタリア語、スペイン語を抜いています(Livres Hebdo調べ)。この結果には、翻訳された漫画が大きく関わっていると思われます。フランスで出版される漫画のほぼ60%は海外の作品だそうです。

 

漫画の翻訳では、文を限られたスペースにおさめる必要に加えて、独特なオノマトペ、絵で表された文化背景の説明など、文芸作品の翻訳とは異なるさまざまな工夫が要求されます。そうした漫画翻訳者の努力に対するこの新しい翻訳賞は、さらに多くの優れた翻訳者の出現へとつながるかもしれません。

 

詳しくは下記のウェブサイトをご覧下さい。

 

http://konishi-zaidan.org/manga-award/

http://www.bodoi.info/le-prix-konishi-met-en-lumiere-le-metier-de-traducteur-de-manga/

https://news.cnrs.fr/articles/how-manga-conquered-the-world

http://konishimanga.fr/contest/edition-2018/


 


 2018.03.08   First Konishi Manga Award Goes to French Translation of Golden Kamuy

In January 2017, the Konishi Foundation for International Exchange established the Manga Translation Award, an award conferred to the best French translation of a Japanese manga. Its commemorative first Award was announced in France at the end of January this year, at the 45th Angoulême International Comics Festival. The winner was Sébastien Ludmann who translated Satoru Noda's Golden Kamuy into French. All works published in the two-year period from October 2015 to September 2017 were eligible for consideration. 
 

For more than two decades, the Konishi Foundation has also hosted the Japanese-French Translated Literature Prize, exalting the facilitation of cultural exchange between Japan and France effected by translators. The purpose of this Manga Translation Award is to give deserving respect to manga translators for their contribution. In France, Japanese manga are very popular, often leading to an interest in Japan, especially in the younger generation. Konishi Foundation hopes that the role of manga in imparting Japanese culture will further advance the reciprocal understanding between the two countries. 

 

Generationally speaking, manga enjoys a diverse readership in Japan, but what are its trends overseas? When the paper-based Japanese manga market is broken down by volume in each country, France comes in second placesurpassing the United States and other Asian countriesafter Japan. Furthermore, comparing all French translations published in France by their original languages, in 2016, Japanese comprised 12.5%, exceeding German, Italian, and Spanish; English made up 60% (research by Livres Hebdo). It is believed that Japanese manga translations played a big part in this outcome. In France, almost 60% of published comic books are overseas works. 

 

For manga translation, a different type of creativity to the translation of a literary piece is required: the need to fit sentences into a highly restricted space, the use of unique onomatopoeias, and the need to explain cultural backgrounds depicted in drawings. This new award for manga translators may give further rise to future high-quality translators.

 

http://konishi-zaidan.org/manga-award/

http://www.bodoi.info/le-prix-konishi-met-en-lumiere-le-metier-de-traducteur-de-manga/

https://news.cnrs.fr/articles/how-manga-conquered-the-world

http://konishimanga.fr/contest/edition-2018/



 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】