大きくする 標準 小さくする

台湾の出版業界に回復の兆し、カギは児童書?

2018/03/07


台湾の出版業界に回復の兆し、カギは児童書?



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.2.22  台湾の出版業界に回復の兆し、カギは児童書?
  

台湾の情報サイト、フォーカス台湾(CNA)の2018213日付の記事によると、台湾で昨年出版された書籍数は一昨年に比べ、わずかながら増加したことが明らかになったそうです。出典となった台湾国家図書館の報告では、2016年には4979社が38,807冊の新刊を出版したのに対し、2017年には4987社が40,401冊の新刊を出版しました。出版業界の縮小には歯止めがかかり、回復傾向にあるそうです。

もっとも多くの新刊書が出版されたのは言語学・文学のカテゴリーで、さらに応用科学、社会科学と続きました。外国語からの翻訳書籍については、全体の24.05パーセントにあたる9,716冊であり、その半分以上の5,226冊が日本の書籍からの翻訳でした。続いてアメリカから2,076冊、イギリス703冊、韓国591冊となります。デジタル出版された本は、昨年は全体の10.24パーセントを占め、一昨年のおよそ倍でした。

 

児童書の出版数は小説、人文科学に続いて3位でしたが、この分野はこれからも伸びることが予想されています。先ごろの台北国際ブックフェア(26日から11日開催)を取材したPublishers Weeklyによると、翻訳本や輸入された原書の人気に加え、子どもの教育に力をいれている台湾では、児童書や教育関係書籍のブースが注目を集めました。

 

日本と台湾の書籍市場は似ていると言われています。台湾の出版点数が減少傾向から増加へ転じたのであれば、1996年以来、書籍、雑誌の販売ともに減少し続けている日本の出版業界の参考になる点が見出せるかもしれません。

 

http://focustaiwan.tw/news/aedu/201802130021.aspx

https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/childrens/childrens-industry-news/article/76014-taipei-book-fair-2018-children-s-books-continue-to-grow.html

http://www.ajpea.or.jp/statistics/

 

 


 2018.2.22  Signs of Recovery in Taiwan's Publishing Sector: Children's Books the Key?


 

According to an article published by Taiwanese information site Focus Taiwan (CNA) on February 13, 2018, there was a slight increase in the number of books published in Taiwan last year compared to the year before last. A report by Taiwan's National Central Library found that a total of 4,987 publishing houses published 40,401 books in 2017, compared with 4,979 publishers that published 38,807 books in 2016. The downsizing of the publishing sector seems to have been halted, with signs emerging of an upward trend.

 

The linguistics and literature category claimed the largest share of newly published books in Taiwan, followed by applied science and social science. Translated works from foreign languages took up 24.05 percent of the whole, or 9,716 books, of which more than half5226 bookswere translations of books from Japan. This preceded translated works from the United States (2076), the United Kingdom (703), and South Korea (591). Last year, digital books accounted for 10.24 percent of publicationsthis was double that of the year before last. 

 

In another comparison, childrens books came in third place after fiction and human science, and strong growth is expected to continue for this category. Publishers Weekly, covering Taipei International Book Exhibition (held from February 6 to 11), wrote that in addition to the demand for translated as well as imported books, booths for children's books and educational texts garnered a lot of attention. Despite Taiwan's relatively low birth rate, the children's books sector was driven by an emphasis on children's education.

 

The book markets of Japan and Taiwan are said to be similar. Japan has been witnessing a continued decline in the sales of books as well as magazines since 1996. If Taiwan has been able to turn around its downward trend in publications, perhaps there is a hint here for the Japanese publishing industry. 

 

http://focustaiwan.tw/news/aedu/201802130021.aspx

https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/childrens/childrens-industry-news/article/76014-taipei-book-fair-2018-children-s-books-continue-to-grow.html

http://www.ajpea.or.jp/statistics/

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】