大きくする 標準 小さくする

美智子皇后の和歌集『その一粒に重みのありて』ドイツで出版

2018/01/22


美智子皇后の和歌集

『その一粒に重みのありて』ドイツで出版



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2018.1.09    美智子皇后の和歌集『その一粒に重みのありて』ドイツで出版

 2017年11月、ドイツの出版社ヘルダーから、美智子皇后の和歌をドイツ語に翻訳した歌集「その一粒に重みのありてNur eine kleine Maulbeere. Aber sie wog schwer」が出版されました。書家の石飛博光 が揮毫した皇后の和歌に、ボン大学名誉教授のペーター・パンツァー のドイツ語訳が並んでいます。 
 
 日本の伝統文化を伝える皇室では、和歌は書道や礼儀作法などと並ぶ基礎教養の一つです。初めての民間出身のお妃に選ばれた美智子皇后は、結婚前の「お妃教育」の中で当時の和歌の先生から「一日一首、百日の行」という課題を出されました。それから60年近く、公務に関することや子育てなどさまざまな思いを和歌にしてこられた美智子皇后は、今を生きる歌人として高く評価され、その歌は多くの和歌関連の書籍に収録されているそうです。
 
 美智子皇后の歌集が正式に外国語に翻訳出版されたのは今回が初めてということです。本書には幅広いテーマの和歌50首が選ばれています。和歌の翻訳は、まず意味を解釈したあと、和歌の形式に似せて翻訳するという難しい作業です。そのため、ドイツ語の翻訳をさらに日本語に訳し、それを元の和歌と比べて確認したようです。日本の文化を海外に伝えるという点においても、この歌集がドイツで出版された意義は大きいと言われています。
 
 皇室では、毎年1月初めに「歌会始の儀」を開きます。一般から募集して選んだ詠進歌とともに、皇族方の歌が披露されます。この歌会始の儀には漢字一字のお題が出ます。平成30年の歌会始のお題は「語」です。天皇の退位の時期も正式に決まった今、美智子皇后はどんな和歌を詠まれるでしょうか。
 
 
http://news.livedoor.com/article/detail/13934370/
http://www.kunaicho.go.jp/event/eishin.html
https://this.kiji.is/301890114542503009
https://www.amazon.de/eine-kleine-Maulbeere-Aber-schwer/dp/3451312204

 
 

 


 2018.1.9     Empress Michiko's Waka Poem Collection Published in Germany

In November 2017, German publishing firm Verlag Herder published the German translation of a collection of waka poetry by Japanese Empress Michiko, "Nur eine kleine Maulbeere. Aber sie wog schwer (Just a little mulberry, but weighing heavily)." The translation was rendered by Peter Pantzer, professor emeritus of the University of Bonn, alongside the poetry handwritten by calligrapher Hakko Ishitobi.
 
 
In the Imperial House of Japan, which serves in part to uphold the traditional culture of Japan, waka poetry is a basic educational subject together with calligraphy and manners and customs. Empress Michiko, when she became the first commoner to be chosen as the Crown Princess, was given the assignment to write "one poem a day for 100 days" from her poetry teacher during her pre-marriage "princess training." Since then, for almost 60 years, Empress Michiko has composed waka poems based on her various experiences, from public duty to child rearing. She has been highly praised as a contemporary poet, and her poems have been compiled in many waka books.
 
This is the first time that a collection of Empress Michikos waka poems has officially been translated into a foreign language. 50 waka poems in wide-ranging themes were selected for publishing. The translation process requires firstly an understanding of the meaning behind the poem, and secondly to be translated in a similar format to wakaa challenging task. To ensure accuracy, the German translations were translated back into Japanese and compared against the original poems. Also, in terms of conveying Japanese culture overseas, it's said that the fact that these poems were published in Germany is significant.
 
At the beginning of every January, the Utakai-hajime ceremony (first poetry recitation) is hosted by the Imperial Household Agency. Together with poems selected from the general public, the Imperial family members' poems will also be showcased. At this event, a theme is given in the form of a Chinese character, and for 2018, this character is "語" (pronounced "go"). Now that the official date of the Emperors abdication has been announced, we wonder what kind of poetry Empress Michiko will reveal.  

 


http://news.livedoor.com/article/detail/13934370/
http://www.kunaicho.go.jp/event/eishin.html
https://this.kiji.is/301890114542503009
https://www.amazon.de/eine-kleine-Maulbeere-Aber-schwer/dp/3451312204

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】