大きくする 標準 小さくする

アメリカで2018年に読むお金の管理に関する本

2018/01/10


アメリカで2018年に読む

お金の管理に関する本



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2017.12.26   アメリカで2018年に読むお金の管理に関する本



 

2017年も終わり、新たな年を迎えるにあたり、家計管理や資産運用について見直す方も多いのではないでしょうか。121日付のPublishers Weeklyの記事では、資産管理について基礎から学べる本や実践的な本など、2018年にアメリカで発売予定の、お金に関する本が紹介されています。

 

New York Times紙の記者ジョン・シュワルツは、50代後半に差しかかった自分が、改めて見直したお金にまつわるさまざまな事項について、This is the Year I Put My Financial Life in Orderにまとめました。同書は40代~50代の読者に向けて、投資や遺産など人生の後半で備えておくべき資産管理について、普通の人の目線で分かりやすく解説しています。

 

クリスティン・ウォンの“Get Moneyでは、お金のイロハを練習問題やワークシート、クイズなどでゲーム感覚で学習できるようにしています。ブログLifehackerTwo Centsというコラムで記事を書いているウォンによれば、本書は読者のモチベーションを高め、お金を上手に管理できるという自信につなげる実践本です。ページを折ったり、書き込みやハイライトをしたり、ボロボロになるまで使い込んでくれるとうれしいと話しています。

 

また、2歳半の子どもを持つケイティ・ヒルは、自分と同じ子育て世代に向けた家計管理のためのアドバイスThe 30-Minute Money Plan for Moms5月に出版予定です。この本で、ヒルは「最安値を探す時間がなくても、節約する方法」と「時短で予算を管理する方法」について書いています。各アドバイスは30分でできるタスクとなっています。これは、忙しくても、1週間のうち30分であれば、家計管理のために使えるのではないかと考えたからだそうです。

 

一方、日本のAmazonの家計管理・貯蓄の売れ筋ランキングでは、2017年の12月後半は、シンプル・簡単といった気軽に続けられる家計簿や、貯蓄を目的とした家計簿が、「家計ノート」と呼ばれて人気となっています。

 

洋の東西を問わず、お金に関する問題は悩ましいものです。新年に向けて、自身の資産運用を振り返って、お金をコントロールする手段を見出すために、これらの本を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

 

https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/new-titles/adult-announcements/article/75513-capital-101-personal-finance-books-2018.html

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/1093224/ref=zg_bs_nav_b_3_492288

 


 


 2017.12.26     2018: Books on Money Management in the United States

 


As the new year is ushered in, many of us are taking another look at our household budgets as well as asset management matters. In an article on December 1, Publishers Weekly introduced several books on the fundamentals of asset management and other practical matters, slated to be published in the US in 2018.

 

John Schwartz, a journalist with the New York Times, compiled a multitude of topics related to money in his "This is the Year I Put My Financial Life in Order" on how he took stock of his financial life as he reached his late 50s. The book is geared towards an audience in their 40s and 50s, and gives advicein layman's termson a range of topics such as investment and estate planning, while reiterating the need to plan for the second half of our lives. 

 

Kristin Wong's "Get Money" comes equipped with exercises, worksheets, and quizzes pertaining to the basics of money presented in a game-like manner for readers. Wong writes "Two Cents" articles on the Lifehacker blog, and says that her intention is to motivate and build the readers confidence in managing their money well. She wants her book to be used until it is dog-eared, replete with notes, highlights, and folded pages.

 

Catey Hill, a mother to a two-and-a-half-year-old, is expecting to publish her book "The 30-Minute Money Plan for Moms," a household budgeting book for parents with small children, in May. Hill writes about how to save money even if you don't have the time to find the best deal, and ways to manage your budget quickly. Each of her advice is divided into 30-minutes tasks. The thinking behind this is that no matter how busy we are, we can put aside 30 minutes a week for household budgeting.

 

Meanwhile, as of late December, Amazon Japan's top-ranking sellers in the household budgeting and savings category are user-friendly and simple ledgers which are easy to keep, and ledgers geared for savings, collectively called the "Kakei Note (household budgeting notebook)." 

 

Regardless of which side of the ocean we live on, money matters can always be a headache. In the coming year, why not take a look at one of these books to reassess your asset management situation and find better ways to have control over your finances?

 


https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/new-titles/adult-announcements/article/75513-capital-101-personal-finance-books-2018.html

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/1093224/ref=zg_bs_nav_b_3_492288


 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】