大きくする 標準 小さくする

200年の時を越え、葛飾北斎による幻の漫画を再現した書籍発売

2017/11/07


200年の時を越え、
葛飾北斎による幻の漫画を再現した書籍発売



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2017.10.24    200年の時を越え、葛飾北斎による幻の漫画を再現した書籍発売

 江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)による幻の肉筆画帖3冊、合計178点の下絵をまとめて収録した「北斎漫画[肉筆未刊行版]」が日本でも出版されました。本書は昨年、ボストン美術館の学芸員セーラ・E・トンプソン氏の編集で、アメリカで出版されたものですが、今年9月、小林忠氏(監訳)と野間けい子氏の翻訳により、日本での発売となりました。

 世界的にも有名な日本の画家である葛飾北斎は、特に、ヨーロッパの印象派に影響を与えたことで知られています。「富嶽三十六景」と並んで、北斎の代表作である「北斎漫画」は日本のマンガの源流ともいえるものです。その中には人物や動物だけでなく、妖怪も描かれています。この「北斎漫画」の続きになるはずであったとみられる画帖が、1990年代後半にアメリカのボストン美術館で発見され、通称「ボストン画帖」と呼ばれています。

 江戸時代の木版印刷は、版木に、絵師による下絵を貼り付けて、それを彫師が彫って作成していました。そのため、下絵はあとに残りません。しかし、何らかの事情により「ボストン画帖」に収録された下絵は印刷されず、北斎の描いた下絵をそのまま綴じた画帖3冊が残ったようです。

 本書には、それぞれの原画の図版だけでなく、画帖を開いた状態で撮影した写真も入っていて、画帖をそのまま見ている雰囲気も味わえます。絵のわきには印刷についてのメモなども書いてあり、興味深いものです。出版されず、幻となった作品が遥かな海を越えてボストンに至った経緯は不明ですが、200年の時を越えて日本国内外で出版されたことに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。


 

https://mainichi.jp/articles/20171014/k00/00m/040/018000c
https://www.amazon.com/Hokusais-Lost-Manga-Sarah-Thompson/dp/0878468269
http://www.sankei.com/life/news/171016/lif1710160035-n1.html
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/2016-hokusai-manga

 




 2017.10.24    Hokusai Katsushika’s Lost Manga Goes on Sale after 200 Years

Hokusai’s Lost Manga”, a compilation of 178 rough sketches from three books by Hokusai Katsushika (1760-1849)—an Ukiyo-e master of the Edo period—was recently published in Japan. The illustrated book, compiled by Sarah E. Thompson, Assistant Curator for Japanese Prints at the Museum of Fine Arts, Boston, was first published in the United States last year. This September the book, translated by Keiko Noma under the supervision of Tadashi Kobayashi, went on sale in Japan. 


The world-renowned Japanese artist Hokusai Katsushika is known to have greatly influenced the European impressionist artists. His “Hokusai Manga”, which is regarded to be on par with his other masterpiece, “Fugaku Sanjurokkei”, is said to be the origin of Japanese manga (comics). In its illustrations, we can find not only people and animals, but ghosts as well. The “Lost Manga” works, supposedly the unpublished sequel to “Hokusai Manga”, were found at the Museum of Fine Arts, Boston, in the late 1990s, and are also called the Boston illustrations.

Woodblock printing during the Edo period was made by attaching the rough drawing onto the woodblock and the carver then engraving the image. Therefore, ordinarily the rough sketch did not remain. However, for some reason, the sketches of the Boston illustrations were never printed, and they remained as they were in three books.

Hokusai’s Lost Manga” contains not just images of the prints, but also photos of the original pages depicted in an open-book format, giving readers a sense that they are flipping through the original sketchbook. Next to some images there is text providing the background on the print, increasing the reader’s appreciation. It is unknown how the lost pieces ended up in Boston without being printed, but we can perhaps reflect on the fact that they have been published in and outside of Japan after 200 years. 



https://mainichi.jp/articles/20171014/k00/00m/040/018000c
https://www.amazon.com/Hokusais-Lost-Manga-Sarah-Thompson/dp/0878468269
http://www.sankei.com/life/news/171016/lif1710160035-n1.html
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/2016-hokusai-manga

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】