大きくする 標準 小さくする

図書館と本の未来を探る図書館総合展

2017/10/23



図書館と本の未来を探る図書館総合展



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2017.10.03    図書館と本の未来を探る図書館総合展

 

19回図書館総合展が、2017117日(火)から9日(木)までの3日間、パシフィコ横浜で開催されます。多数の図書館関係者や教育関係者、出版社などが参加する、図書館をテーマとした催しでは国内最大の規模です。IT技術によってめまぐるしく発展している今、図書館が担う今後の役割を考え、有益な最新情報を得るよい機会です。

 

紙の本に代わるさまざまな情報媒体が存在する現在においても、読書の重要性、特に子どもたちにとっての必要性は大きくなっています。また、個人の本離れが進む中、図書館という市場に対する出版業界の関心が高くなっています。会場には研究発表のブース以外に、司書養成の大学紹介や、各出版社のブースなどが並ぶ予定です。株式会社KADOKAWAは図書館向けに多数の本を紹介し、株式会社メディアドゥは電子図書館サービスOverDrive Japanを紹介します。

 

期間中には約90にのぼるフォーラムが開かれます。電子図書館関連や、アクティブラーニング、街づくりにおける図書館の役割など、最新のトレンドをしっかりとらえた内容が目白押しです。人気フォーラムはすぐに満席となり、参加できないこともあるそうです。

 

大学図書館やNPO等が作ったポスターを展示するポスターセッションも人気です。例年、優秀作品が来場者の投票で選ばれます。出展者はポスターの前で、来場者の質問に答え、説明を行います。ポスターのテーマは多種多様で、図書館利用体験を1500人の学生にアンケート調査した結果のまとめ、絵本と子どもの新しい関係についての考察、利用者目線で魅力的な図書館づくりを提案したものなどがあります。

 

図書館総合展は、国外の図書館との交流も進めています。米国図書館協会(ALA)とも提携しており、会場にはALAのブースを設けるそうです。


 

https://www.libraryfair.jp/about

https://twitter.com/libraryfair

http://ict-enews.net/2016/11/08libraryfair/

https://www.mediado.jp/corporate/2049/

 




 2017.10.03    Library Fair & Forum: Exploring Libraries and Future of Books


For the three days from November 7 to November 9, 2017, the 19th Library Fair & Forum will take place at the Pacific Convention Plaza (PACIFICO) Yokohama. In terms of its scale it is the largest fair in Japan themed around libraries, and numerous parties related to library and education, as well as publishers, will be among the participants. Given the breakneck progress in today’s society because of IT, the Fair offers a good opportunity to examine the role which the library plays in society, and provides a chance to acquire useful, and the latest, information.

 

Even today, the importance of reading—especially for children—is increasing, despite the existence of various information mediums that threaten to replace paper-based books.

 

Furthermore, amid the growing trend where individual consumption of books is declining, the publishing industry is showing more interest in the libraries market. At the Fair, there will be booths showcasing various publishing firms, and others introducing university librarian courses, in addition to booths set up for research presentation. KADOKAWA Corporation will present many books geared for libraries, and MEDIA DO Holdings Co., Ltd. will introduce OverDrive Japan, an e-library service.

 

Over the period of three days, almost 90 forums will be held. The program will be packed with subject matters on the latest trends ranging from e-libraries, active learning, to community development. As popular forums fill up right away, places may not always be available.

 

Poster session is a popular program too, where university libraries and other non-profits exhibit their creations. Last year, the best poster was selected based on the attendees’ votes. Exhibitors will answer questions in front of their posters and explain the background of their works. The diverse range of themes include the summary of a survey of 1500 students on their library experience; an examination of the new relationship between picture books and children; and proposals for building an appealing library, founded on user perspectives.

 

The Fair also has exchanges with overseas libraries. It has partnered with the American Library Association (ALA), which will have its own booth at the venue.

 

https://www.libraryfair.jp/about

https://twitter.com/libraryfair

http://ict-enews.net/2016/11/08libraryfair/

https://www.mediado.jp/corporate/2049/
 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】