大きくする 標準 小さくする

危機対応時の多言語化を担う国境なき翻訳者団

2017/10/07



危機対応時の多言語化を担う

国境なき翻訳者団



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2017.09.21    危機対応時の多言語化を担う国境なき翻訳者団

 201710061427_3-463x115.png

 

 1993年に設立された「国境なき翻訳者団(TWB)」は、人道支援団体や援助組織が活動する際の情報の多言語化を無償で行っているアメリカの非営利団体です。同様の活動を行っていたアイルランドの「ロゼッタ・ファウンデーション」とオペレーション面で合併することが発表されています。

 

 TWBは、これまでも世界各地の自然災害や人道危機に際し、各援助団体の危機対応時に情報を素早く現地の言語に翻訳する作業を担ってきました。201798日付米アトランティック誌の記事によると、アメリカでは、ハリケーン「イルマ」が上陸する前に、英語を第一言語としない人々が情報弱者とならないための措置が取られたとのことです。

 

 連邦緊急事態管理庁などからの英語のみの情報提供では、必要な人に必要な情報が行き渡らないことがあり、過去には言語の壁が原因で避難できず命を落とす人が出たことがありました。米国赤十字社に協力したTWBによると、今回は、世界中に散らばった200人のボランティアが、ツイッターやフェイスブックの書き込みを直ちに翻訳する体制をとったとのことです。対応言語は、スペイン語、ハイチ語、フランス語、ポルトガル語でした。

 

 緊急時には、翻訳者自身が被災したり、他の地域への支援に回ったりして、人手不足になる恐れもあります。そうした事態に備え、TWBでは予想される単純な文章の翻訳やこれまでの災害時に使われた翻訳を「翻訳メモリー」として蓄えており、それを国際赤十字連盟と共有しています。アトランティック誌の記事は、フロリダ州の緊急事態管理局の使うシステムが情報の多言語化に十分対応できていないと指摘していますが、災害への対応準備のため、翻訳者をはじめとして関係者は努力を続けています。

 

 

 

https://www.theatlantic.com/science/archive/2017/09/irma-prep-without-english/539277/?utm_source=atltw

https://translatorswithoutborders.org/

https://www.therosettafoundation.org/

 

 




 2017.09.21    Translation Without Borders: Leading Multilingualization Efforts during Crisis

201710061427_3-463x115.png

Translators Without Borders (TWB) is a U.S.-based non-profit organization founded in 1993. It undertakes the multilingualization of information for free to support the activities of humanitarian as well as aid organizations. TWB recently announced that it will merge its operations with The Rosetta Foundation of Ireland, an establishment with a similar mission.  

 

At times of natural disasters or humanitarian crises around the world, TWB has been responsible for the rapid translation of information into local languages to help aid organizations respond to disasters. In its article issued on September 8, 2017, The Atlantic reported that before Hurricane Irma made landfall, measures were taken to prevent people from becoming information have-nots by targeting those in the population who do not speak English as their first language.

 

There have been times when the English-only information disseminated by the U.S. Federal Emergency Management Agency (FEMA) did not reach the population it should have reached, leading to the loss of lives as people were not able to evacuate in time due to the language barrier. TWB states that by partnering up with the American Red Cross, 200 volunteers scattered around the globe were well positioned to quickly translate tweets or Facebook messages into Spanish, Haitian Creole, French and Portuguese from English. 

 

When a disaster strikes, shortages in translators are probable as translators themselves may become victims, or they are dispatched to other areas for their services. To prepare for such eventualities, TWB stores predicted translations of simple phrases or existing ones that have been used in previous calamities, in the form of “translation memory,” and shares them with the International Federation of the Red Cross (IFRC). While The Atlantic points out that the system employed by Florida’s Division of Emergency Management for the multilingualization of information is insufficient, all related parties, including translators, are continuing their efforts to be ready to respond to any crisis.

 
 

https://www.theatlantic.com/science/archive/2017/09/irma-prep-without-english/539277/?utm_source=atltw

https://translatorswithoutborders.org/

https://www.therosettafoundation.org/

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】