大きくする 標準 小さくする

2017年夏、日米ベストセラー

2017/09/22



2017年夏、日米ベストセラー



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2017.09.14    2017年夏、日米ベストセラー

 

201709212022_1.png 米パブリッシャーズ・ウィークリー(PW)の98日付け記事によると、この夏の総合ベストセラーリストのトップ3は、ジョン・グリシャムの『Camino Island』、ルース・ウェアの『The Woman in Cabin 10』、RJ・パラシオの『Wonder』でした。また、客を呼び込む本としてエイモア・トールズの『A Gentleman in Moscow』やポーレット・ジャイルズの『News of the World』などの名前があがりました。

 

 米国各地の独立系書店では、今年夏の書籍売り上げが例年より好調だったそうです。この傾向は秋にも続く見込みで、中には、今年1年の売り上げが、昨年に比べて2桁の伸びになると予想している書店もあります。

 

 それらの書店では、屋外に軽食や飲み物を取りながらゆっくりできるスペースを作るなどの工夫をしたり、客足が落ちる夏の間、地元の自費出版本の著者を招いてイベントを行ったりして、一年を通して客を呼ぶ努力をしています。人気作家リック・リオーダンのサイン入り初版本を仕入れて、得意客に直接伝えたという書店もあるそうです。

 

 一方、日本の8月のベストセラー上位3位までは、出版取次大手の日販によれば、「続 ざんねんないきもの事典」「ざんねんないきもの事典」「おしりたんてい いせきからのSOS」で、第4位が大人向けのダイエットの本でした。

 

 児童書が上位3位を占めるという結果について、912日付け朝日新聞デジタル版は、夏休みに合わせて児童書の人気シリーズを発売する出版社が多いとはいえ、異変だと伝えています。児童書がよく売れる原因としてニッセイ基礎研究所の久我尚子研究員は「教育意識の高い母親が自らの財布を持つようになったことで、児童書の購買増につながっている」と言っています。

 

https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/bookselling/article/74744-indie-booksellers-report-solid-summer-sales.html

http://www.nippan.co.jp/ranking/monthly/

http://digital.asahi.com/articles/ASK956TL6K95UCVL02D.html

 




 2017.09.14    Strong summer sales for independent US bookstores

201709212022_1.png

Publishers Weekly (PW) reported on September 8, 2017, that summer sales have been strong at many independent bookstores across the United States. Bookstores predict that the trend will continue into autumn, and some are forecasting a ‘double-digit increase’ in their annual sales compared to last year.

 

Independent bookstore owners describe certain improvements they have made as contributing factors to the increased sales. For example, some added outdoor patios so that customers would have the space to relax over coffee and snacks. Other efforts to bring in customers on a regular basis included hosting events for self-publishing authors. A Penguin Bookshop store manager told how she took advantage of support from publishers; for example, receiving six signed first editions of Rick Riordan, she ‘personally called five [regular] customers’ and was successful not only in bringing them into the store but also in having them purchase other books.

 

The top three selling books at these independent bookstores this past summer were: ‘Camino Island’ by John Grisham; ‘The Woman in Cabin 10’ by Ruth Ware; and ‘Wonder’ by R.J. Palacio. PW’s article also identified ‘A Gentleman in Moscow’ by Amor Towles and ‘News of the World’ by Paulette Jiles as being attractive to customers.

 

Meanwhile in Japan, Nippan recently announced the bestselling books in Japan for August 2017. The top three books on the list were: ‘Zoku Zan-nen na Ikimono Jiten (Encyclopedia of Unfortunate Animals 2)’; ‘Zan-nen na Ikimono (Encyclopedia of Unfortunate Animals)’; and ‘Oshiri Tantei – Iseki kara no SOS (Detective Buttocks: SOS from the Ruins)’, all three of which are children’s books. Asahi Shimbun Digital (September 12, 2017) reported that although publishers traditionally release popular children’s books in time for the summer holidays, it was unusual for this genre to rank in the top three. Asahi Shimbun’s article says that this reflects how ‘Education-conscious mothers now have power over their finances’ and ‘consumers are heavily influenced by social media, meaning books can become popular very quickly’.

 

https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/bookselling/article/74744-indie-booksellers-report-solid-summer-sales.html

http://www.nippan.co.jp/ranking/monthly/

http://digital.asahi.com/articles/ASK956TL6K95UCVL02D.html

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】