大きくする 標準 小さくする

アメリカの図書館にヤングアダルト向けの翻訳本をもっと

2017/08/23



アメリカの図書館にヤングアダルト向けの

翻訳本をもっと



情報提供 : Books and Rights Marketplace



2017.08.04        アメリカの図書館にヤングアダルト向けの翻訳本をもっと

 

 201708221444_3.png

 

 2017年7月17日付けの米タイムズユニオン(The Times Union)紙ウェブ版に、作家で翻訳者のリン・ミラー・ラフマン氏の寄稿が掲載されました。その中で同氏は、米国図書館協会(ALA)年次総会で、米国の図書館にヤングアダルト向けの翻訳本を増やすことを訴えたと報告しています。
 

 6月にシカゴで開催されたALA年次総会には、期間中2万2千人以上の人が訪れました。ミラー・ラフマン氏は、ALAの一部門であるヤングアダルト図書館サービス協会主催の「世界を読む―ティーンのために世界の文学を選ぶ」という会で、講演を行ないました。
 

 それによれば、2015年に米国で出版されたヤングアダルト向け図書の3.7%が翻訳本で、これは欧州やアジアの場合と比較してかなり低い数字です(The Cooperative Children's Book Center 調べ)。ミラー・ラフマン氏は、アメリカの子ども達は、今の政治情勢の下で孤立主義に陥らないためにも、他の国々からの多様な文化を反映した本をもっと読む必要があると訴えています。
 

 同じ会において、イードマンズ出版のアニータ・イードマンズ氏は、北欧をはじめとする各国における、自国文学の翻訳を推進し資金援助を行う例を紹介しました。英語に翻訳される言語の中で、日本語はコミック人気を反映して5位となっていますが、最近のフランスのグラフィック・ノベルにも優れた作品が多いとのことです。
 

 大人向けの翻訳作品にも、ヤングアダルトに適した作品が多くあることも指摘されました。アメリカのヤングアダルト向けの翻訳本の不足を埋めるため、主人公がティーンエイジャーの一般向けの本を使うことを、翻訳者で出版にも関わるレイチェル・ヒルデブラント氏が提案しています。
 

http://www.lynmillerlachmann.com/we-need-diverse-international-books/

http://blog.timesunion.com/wagingpeace/why-we-need-more-books-in-translation/10103/

https://americanlibrariesmagazine.org/2017/07/19/2017-annual-conference-wrap-up/ 

 


 2017.08.04        Libraries in US Need More Young Adult Books

 

 201708221444_3.png
 

An article by Lynn Miller-Lachmann, an author and translator, regarding her presentation at the American Library Association (ALA)'s Annual Conference appeared in The Times Union website dated July 17, 2017 (and in her personal blog dated July 9, 2017), in which she addressed the need for American libraries to collect more translated international books for teens.
 

The ALA Annual Conference was held in Chicago in June 2017 and attracted more than 22,000 people. Miller-Lachmann presented at a panel titled ‘Reading the World: Selecting and Presenting Global Literature for Teens' for the Young Adult Library Services Association, which is a part of the ALA.
 

Miller-Lachmann says that, according to the Cooperative Children’s Book Center, books in translation account for 3.7% of all Young Adult (YA) books published in the US in 2015. This figure is considerably lower than those in European or Asian countries. She claims that American children and teens need to read more books from other countries and a wide diversity of cultures in order to ‘combat the isolationism of our current leadership'.
 

In the same panel, Anita Eerdmans from Eerdmans and Eerdmans Books for Young Readers gave a talk about ‘the efforts of various countries - particularly those in northern Europe - to promote their literature and fund’ translations. According to the article, Japanese is the fifth most translated language into English, in part due to the popularity of manga. French authors are also producing ‘some of the most innovative and compelling graphic novel in recent years’, Eerdmans said.
 

Rachel Hildebrandt, a translator and publisher at Weyward Sisters Books, pointed out at the panel that many translated adult books are suitable for young adults. To allay the shortage of YA books in translation, she suggested that they could use more of those crossover books ‘as long as their protagonists were teenagers’.
 

http://www.lynmillerlachmann.com/we-need-diverse-international-books/

http://blog.timesunion.com/wagingpeace/why-we-need-more-books-in-translation/10103/

https://americanlibrariesmagazine.org/2017/07/19/2017-annual-conference-wrap-up/ 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】