大きくする 標準 小さくする

子ども向けに出版された LGBTの本

2017/08/07


子ども向けに出版されたLGBTの本



情報提供 : Books and Rights Marketplace



 

2017.07.25     子ども向けに出版された LGBTの本

201708071328_1.png

 

 性的少数者についての認識が徐々に広まっていますが、日本の一般社会の大半の理解はまだまだのようです。このような立場の人たちの約6割が小学校、中学校、高校で何らかのいじめを経験したとの調査結果も出ています。日本の文部科学省は、20154月にLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の生徒に配慮するよう、教育委員会に通達を出し、2016年には教員向けに資料を配布しました。
 

 こういう中で、小学生向けのLGBTについての本が相次いで出版されています。今年初めに大月書店から出たのは、「わたしらしく、LGBTQ」(ロバード・ロディ、ローラ・ロス共著、上田勢子翻訳)です。各2,160円で4冊のシリーズになっています。
 

 ポプラ社からは、「いろいろな性、いろいろな生き方」(渡辺大輔著)全39720円が昨年出版されました。
 

 最近、LGBTの後ろにつけられるようになったQですが、自分の性について、よくわからない、決められない、性的指向が定まっていない人のことをさすQuestioningQueerQだそうです。
 

 オンライン情報誌「Japan Today」は、教育評論家尾木直樹氏の「重要なのに、これまで学校や教員のLBTGへの理解は遅れていました。ようやく日本でも変化が出てきたようです」との言葉を伝えています。また、栃木県のある教員は、LGBTの子どもがクラスに1人の割合でいるとの調査結果に言及して、信頼関係を築くためにも正しい知識を持つことが必要だと述べています。
 

 それぞれが自分らしく生きられる社会の実現に向けて、夏休みに家族や友人とこれらの本を手に取ってみてはいかがでしょうか。
 

http://www.japantimes.co.jp/news/2017/04/05/national/social-issues/60-sexual-minorities-bullied-school-survey-finds/

https://japantoday.com/category/national/focus-lgbt-books-targeting-elementary-school-students-grab-spotlight

http://www.asahi.com/articles/ASK2W2JZDK2WUTFK001.html

https://mainichi.jp/articles/20170304/k00/00e/040/313000c




  2017.07.25     Japanese students may learn from LGBT books

 201708071328_1.png
March this year, an online survey conducted by Takarazuka University professor Yasuharu Hidaka found that nearly 60 percent of people of a sexual minority had been bullied at school. Japan’s ministry of education urged better awareness of the issue, distributing pamphlets in April 2015 to educational boards in Japan.
 

Otsuki Shoten Co., a Tokyo-based publisher, released ‘Watashirashiku, LGBTQ’ this year, translated from the English-titled ‘Living Proud! Growing up LGBTQ’ series by Robert Rodi and Laura Ross. Japan Today states, ‘Q can mean "questioning" or "queer," an umbrella term non-specific to sexual orientation or gender.’ There are a total of four volumes, each selling for 2,160 yen. Such books will support Japanese teachers and students in understanding what it means to belong to a sexual minority.
 

Also reported by Japan Today were the following comments on the subject; by education commentator Naoki Ogi, ‘Despite this being an important issue, efforts for the LGBT community by teachers and schools in Japan have fallen behind [, but] I feel like the tide has finally turned (for the better),’ and from a teacher in Tochigi Prefecture, ‘If you look at recent survey results there is inevitably at least one LGBT child to a classroom. In order to build a relationship of trust with students, it is important for teachers to acquire proper knowledge.’

 

http://www.japantimes.co.jp/news/2017/04/05/national/social-issues/60-sexual-minorities-bullied-school-survey-finds/

https://japantoday.com/category/national/focus-lgbt-books-targeting-elementary-school-students-grab-spotlight

http://www.asahi.com/articles/ASK2W2JZDK2WUTFK001.html

https://mainichi.jp/articles/20170304/k00/00e/040/313000c

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】