大きくする 標準 小さくする

未就園児への絵本読み聞かせ、デジタル絵本の効果を検証

2017/07/22


未就園児への絵本読み聞かせ、

デジタル絵本の効果を検証



情報提供 : Books and Rights Marketplace



 

未就園児への絵本読み聞かせ、デジタル絵本の効果を検証

201707220334_1.png

子どもたちの言語習得に効果があると言われている絵本の読み聞かせですが、電子書籍と紙の本で、その効果にどのような違いがあるかという研究はこれまであまり行われてきていませんでした。
 

カナダのトロント大学応用心理・人間発達学科のパトリシア・ガーニャ准教授と米サウスダコタ州立大学のガブリエル・A・ストラウス博士は、1才5カ月から2才2カ月の年齢の子ども102名を無作為に選んで、電子書籍と紙の絵本で読み聞かせを行う実験を実施しました。電子書籍には音楽や動物の鳴き声などが、読み聞かせの朗読音源とともに入っていました。紙の絵本としては、電子書籍を印刷して一冊の本にまとめたものを使用しました。
 

その結果、読み聞かせ中に、保育者が電子書籍よりも紙の絵本の方を指さす回数が多くみられました。内容についての子どもとのやり取りにはどちらも差が見られませんでした。子どもは電子書籍の方でより多く絵を指さしました。特に、子どもたちの集中力は電子書籍に対するほうが、紙の絵本の場合よりも高く、読み聞かせへの関心が高くなっていました。
 

研究者らによれば、4才頃の未就学児向けの絵本の場合は、物語の文章が長く、電子書籍が使いづらいのに対して、3才ころまでは絵本の文章が短く、電子書籍で各ページごとに楽しませることができるため、電子書籍は年齢の低いよちよち歩きぐらいの子どもに対して効果的であると思われるが、より詳しい調査が必要だとしています。

同氏らは2017年3月、エルゼビア社のInternational Journal of Child-Computer Interactionで、電子版では紙の絵本の場合より保護者と幼児とのやり取りが希薄になり、学びの質が下がる可能性があると考えているとの論文も発表しています。
 

日本においては2014年に、京都大学の正高信男霊長類研究所教授らの研究グループが、デジタル絵本による独自の教育効果の可能性があることを発表しました。
 

https://www.sciencedaily.com/releases/2017/06/170621103103.htm
 

https://hon.jp/news/1.0/0/11461
 

http://www.languageandlearninglab.com/wp-content/uploads/Strouse-Ganea_print-book-preference_2017.pdf
 

http://research.kyoto-u.ac.jp/research/140502_1/

 

 

 Digital picture books effective especially for toddlers

 201707220334_1.png
 

It is known that children who are read to by their carers are more eager to learn and to gain new knowledge. However, whether it is better to use digital picture books or traditional printed books is still yet to be confirmed.
 

Patricia A. Ganea of Canada's University of Toronto may have the answer to this question. Ganea teamed up with Gabrielle A. Strouse, of the University of South Dakota in the U.S.A, to conduct research with 102 randomly selected children aged between 17 to 26 months. The children were either read picture books in digital format or in printed form by their carers. The difference was that the digital version came with a read-aloud function and other sound effects such as animal noises and some background music.
 

The results showed that carers pointed more often to the printed book while reading, and there was no difference in the time they talked with their child about the story. Toddlers paid more attention when they were shown digital picture books by pointing to the pictures more so than the printed ones, and showed more eagerness at being read to.
 

The researchers have commented that short sentences and individual pages in books aimed at toddlers may tend to be more effective in digital form than longer stories that preschoolers read. However, the effectiveness of digital books will require further studies.
 

In 2017 March, Ganea and Strouse also published a report in Elsevier’s International Journal of Child-Computer Interaction, finding that the adults feel there is less interaction with their child when using digital devices to read, compared to using traditional printed books.
 

In Japan in 2014, research by Nobuo Masataka of Kyoto University’s Primate Research Institute showed the possibility that digital formats of picture books may have unique learning effects on toddlers.

 

https://www.sciencedaily.com/releases/2017/06/170621103103.htm

 

https://hon.jp/news/1.0/0/11461

 

http://www.languageandlearninglab.com/wp-content/uploads/Strouse-Ganea_print-book-preference_2017.pdf

 

http://research.kyoto-u.ac.jp/research/140502_1/

 

 

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】