大きくする 標準 小さくする

日本人経営者の著書、中国で人気

2017/06/07

日本人経営者の著書、中国で人気


 
      情報提供 : Books and Rights Marketplace


 

2017.05.18日本人経営者の著書、中国で人気
 

201706031736_4.png

 

  現在、中国で、日本の経営者が書いたビジネス本の人気が高まっていると、2017年5月8日付毎日新聞電子版が伝えています。中国では過去10年ほど、マネージメントに関する日本の書籍に、注目が集まっているそうです。

 現在、特に話題となっている本は、富士フィルムホールディングス会長の古森重隆氏の著書『魂の経営』(2013年)です。同書は、富士フィルムがデジタル化の波を受け、写真フィルムの製造販売事業を失うという危機の際に行った経営改革と、そのときリーダーとして古森氏がとった
行動について著したものです。日本人経営者の本の人気について、今年、『魂の経営』を中国語に翻訳した武蔵野大学の欒殿武教授は、「(中国が)産業構造の変革期を迎え、従来の経営が行き詰まる中、日本人経営者の経験やマネージメント手法が(中略)注目されるようになってきた」と話しています。

 

 また、京セラの稲盛和夫氏の著書の多くも中国語に翻訳されています。松下幸之助氏、盛田昭夫氏、本田宗一郎氏と並んで「日本の経営四聖」と呼ばれる氏の本の中でも『生き方』(2004年)は、「1万部売れればビジネス書としてはベストセラー」と言われる中国で、日本を上回る220万部が売れたようです。京セラによると稲盛氏の著書の出版部数約1千万部のうちの半分以上が中国での発行です。2012年には中国で販売される翻訳書のトップ10位にランクインしたこともあります。
 

 中国では、かつて山岡荘八氏の『徳川家康』が中国語に翻訳されてビジネスマンの間でベストセラーとなり、累計販売数が200万部を超えたという記録があります。当時は世界金融危機の直後であり、家康の忍耐と知恵から学ぼうとする中国の人からの支持を集めたようです。
 

https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/020/089000c

http://www.sankei.com/west/news/160115/wst1601150003-n3.html

http://www.kyocera.co.jp/inamori/publication/1000/06.html

http://www.recordchina.co.jp/b29282-s0-c30.html

2017.05.18 Books by Japanese Business Leaders popular in China


201706031736_4.png
 

 Bestselling books by Japanese business leaders are favored by Chinese readers, reported Mainichi Newspaper on May 8, 2017. In recent years, the Chinese book market has seen a rise in popularity of Japanese books on leaders in various fields or books written by top executives.
 

 The book that has been most in demand this spring is the newly translated “Innovating Out of Crisis” (published in 2013 in Japan) by Shigetaka Komori, Chairman and CEO of Fujifilm Holdings Corporation. In this book, Mr. Komori recounts his journey of how he led Fujifilm from the brink of extinction of its core business and led it into a new direction. Professor Hirotake Ran of Musashino University, the translator of the book, told Mainichi Newspaper that books by famous Japanese CEOs’ are gathering attention and that amid the reformation of industrial structures in China, business people who have noticed that the traditional management style no longer works, now wish to find the answer from the experiences of Japanese predecessors.
 

Kazuo Inamori, the founder of Kyocera Corporation has published dozens of books, many of which have been translated into 19 different languages, including Chinese. He is admired as one of the ‘Japanese four masters of business management.’ His book, “Life – The Most Important Thing as a Human” sold more than 2.2 million copies in China, where any business book which sells more than 10,000 copies is considered a bestseller. Mr. Inamori’s books altogether have sold more than 10 million copies worldwide, out of which, 6 million were sold in China. He was one of the 10 bestselling authors of translated books in China in 2012.
 

Sohachi Yamaoka’s “Tokugawa Ieyasu” was once very popular in China especially among business people, with total sales of 2 million. It was just after the Global Financial Crisis, and at the time it was said that people were interested in learning the life of Ieyasu who was known to be patient and full of wisdom.
 

https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/020/089000c

http://www.sankei.com/west/news/160115/wst1601150003-n3.html

http://www.kyocera.co.jp/inamori/publication/1000/06.html

http://www.recordchina.co.jp/b29282-s0-c30.html

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】