大きくする 標準 小さくする

絵本「もったいないばあさん」のヒンディー語版、インドで出版へ

2017/04/10

絵本「もったいないばあさん」のヒンディー語版、インドで出版へ

 
情報提供 : Books and Rights Marketplace
 

2017.03.23  絵本「もったいないばあさん」のヒンディー語版、インドで出版へ

 インドで、「もったいないばあさん」シリーズの、ヒンディー語と英語のバイリンガル版が出版されることになりました。この出版を記念して「もったいないばあさん」シリーズの絵本読み聞かせ会が、2017年3月16日インドの首都ニューデリーで開かれました。
 
この読み聞かせ会は、2017年日印友好交流年のイベントの一つとして、絵本の出版社である講談社と、日本大使館、国際協力機構JICAインド事務所が共催したものです。近郊の8つの小学校から160人以上の子供が招待され、ガンジー国立博物館の元ディレクター、ヴァルシャ・ダースさんによる絵本の朗読や、作者の真珠まりこさんとの交流会が行われました。
 
「もったいないばあさん」は、食事を残してはいけないことをわかってくれない幼い息子に「もったいない」の意味を伝えようと、真珠まりこさんが書いた絵本です。日本では2004年に第一作が発売されました。2016年の真珠さんのブログによると、「もったいないばあさん」の絵本を利用して、インドの環境・衛生教育をしようというプロジェクトが進められており、昨年11月にはデリーの4つの学校で読み聞かせが行われたそうです。
 
インドのPTI通信社の報道によると、インド訪問が今回で二度目と言う作者は、 世界の国々は、多様な言語や文化の中で人々が「幸せに共存している」インドから学ぶことがあると発言しています。また「『もったいない』には、単に無駄にしないというだけでなく、自分の周りの人や物、他の生き物への敬意、感謝、愛、思いやりといった意味もある。インドにも『もったいないのような独自の考え方』があるので、インドの人は環境と『調和して生きる』知恵を持っている」と述べました。
 
もったいないシリーズから3冊の絵本が今年夏までにインドで出版され、書店で販売される予定です。学校での利用も考えられています。ヒンディー語のほかにインドで使われる多数の言語のうちのベンガル語やタミル語など11でも出版されることになっています。



詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www3.nhk.or.jp/news/easy/k10010914351000/k10010914351000.html?utm_int=detail_contents_news-link_001

http://indiatoday.intoday.in/story/the-world-can-learn-a-lot-from-india-says-japanese-author/1/905443.html

http://marikoshinju.com/blog/?p=3236

http://www.in.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000290.html
 



2017.03.23  Hindi/English version of ‘Mottainai Grandma’ picture books to be published in India

Supported by the European Union’s ‘Creative Europe Program’, the ALDUS European Book Fairs’ Network has released research results of European book fairs and has classified them into two categories. One is for book fairs of B2B (business to business) purposes, and the other for those of domestic purposes (opened mainly for public visitors). ALDUS is named after Aldus Manutius, an Italian humanist who became a printer and publisher in 15th century Venice, Italy. ALDUS aims to link Pan-European publishers to assist in creating new business opportunities.
 
According to the report, Europe's largest B2B book fair is in Frankfurt, Germany, to be held from October 11 to 15 this year. This fair in 2016 recorded 277,000 visitors, of which 142,300 were trade visitors. Another B2B book fair will be held in Bologna, Italy, from April 3 to 6, and expects to welcome 26,000 trade visitors. Of its 1200 exhibitors, 1080 will be international publishers. Comparatively, ALDUS reports that the domestic book fair held this February in Riga, Latvia, expected 10 international exhibitors out of a total of 80. Another international book fair is being held in London, England, from March 14 to 17. It anticipates over 25,000 trade visitors, and 1565 exhibitors are planning to participate from all over the world including Japan.
 
This report is limited however in that it only refers to registered European book fairs of the ALDUS network, and a comparison chart remains lacking for its research result. However, it may still act as an extremely useful research report for those who are looking into doing publishing-related business focusing on the European countries.



For more information, please refer to the following websites:

http://www3.nhk.or.jp/news/easy/k10010914351000/k10010914351000.html?utm_int=detail_contents_news-link_001

http://indiatoday.intoday.in/story/the-world-can-learn-a-lot-from-india-says-japanese-author/1/905443.html

http://marikoshinju.com/blog/?p=3236

http://www.in.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000290.html
 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】