大きくする 標準 小さくする

日本の出版社にリテラリーエージェントが語る、英語の重要性

2017/01/11

日本の出版社にリテラリーエージェントが語る、
英語の重要性

 
情報提供 : Books and Rights Marketplace
 

2017.1.03 日本の出版社にリテラリーエージェントが語る、英語の重要性

 10月に開かれた2016年フランクフルト国際ブックフェアで、又吉直樹著「火花」が紹介されました。

C:\Users\takaokii\AppData\Local\Temp\msohtmlclip1\01\clip_image001.jpg
 紹介したのは、著作権エージェントとして日本をはじめとするアジアの出版物を世界に向けて発信しているニール・グドヴィッツ(Neil Gudovitz)氏。グドヴィッツ&カンパニー・リテラリーエージェンシーの創設者です。

 「火花」は日本では芥川賞を受賞したベストセラーとして有名ですが、その後、映像ストリーミング配信会社Netflixによって映像化され、19カ国語で字幕をつけ、190カ国に配信されています。同じくグドヴィッツ氏が紹介し、世界的に大成功を収めた近藤麻理恵著の「人生がときめく片づけの魔法」に続くものとして期待されています。
 
 「読んでいない本を売るのは難しくないですか」とのPublishing Perspectivesの記者の問いに、日本語を読めないグドヴィッツ氏は、日本の出版社にとっての重要なポイントを次のように指摘しました。「魅力的なコンテンツを持っていることは間違いないので、海外に向けて内容をきちんと英語で伝えること。翻訳する際には、ネイティブの水準にまで英語の品質を上げて、ちゃんと読めるものに仕上げる必要があります」
 
 「世界で600万部超えの大ヒットとなった「人生がときめく片づけの魔法」を出版した文芸春秋社の英文原稿のレベルは、非常にクオリティの高いものでした」。
 
 エージェントとしての経験から、グドヴィッチ氏は「英語原稿を渡すときにたった一語でもミスがあれば、突き返されて読んでもらえないほど厳しい海外の大手出版社にオファーするには、英語が分かる大学卒程度に翻訳を任せていては通用しません」と言います。
 
 海外の出版社が求めるレベルの英語翻訳を提供できない日本の出版社は明らかにビジネスチャンスを逃していると言えるでしょう。日本のコンテンツが注目される中、海外からの売り上げを見込むには、自社の本をネイティブレベルの英語でしっかりと紹介すべき時代が来たのです。
 
※リテラリーエージェント:著作権を扱うエージェント

 
http://publishingperspectives.com/2016/11/agent-neil-gudovitz-frankfurt-books/#.WFcgCdR9lvA

http://www.graal.com.pl/en/publishers-and-agents/gudovitz-company-literary-agency




2017.01.03 Global literary agent stresses to Japanese publishers importance of delivering in English

C:\Users\takaokii\AppData\Local\Temp\msohtmlclip1\01\clip_image001.jpg Neil Gudovitz, founder of the Gudovitz & Company Literary Agency based in Brooklyn, New York, is a foreign rights agent who presents books from Japan and other Asian countries to the rest of the world. Gudovitz recently attracted attention at the 2016 Frankfurt Book Fair where he introduced “Hibana” (“Spark”), a novel by Japanese author Naoki Matayoshi.
 
“Hibana” became known in Japan for receiving the Akutagawa Prize, a prestigious Japanese literary award. A TV series adaptation by media-streaming company Netflix followed, featuring subtitles in 19 languages, and is available in 190 countries.
 Expectations are high for “Hibana”, one of Gudovitz’s offerings at the Literary Agents & Scouts Center in Frankfurt, to emulate the global success of Marie Kondo's “The Life-Changing Magic of Tidying Up”, another best-seller previously introduced by Gudovitz.
 
When asked about the difficulty of selling Japanese language titles which he cannot read, Gudovitz stressed that, while there is no doubt that books with “strong” potential are being produced in Japan, in order to sell these overseas, it was vital that Japanese publishers be able to appropriately convey the books’ content in English. Likewise, in translating the books, Gudovitz emphasized the importance of achieving native-level English quality to deliver a solid, readable book.
 
Gudovitz points to Bungeishunju Ltd., publisher of “The Life-Changing Magic of Tidying Up”, which sold over 6 million copies worldwide. The publisher “has got the idea,” says Gudovitz, “But you run into some publishers who want to have a grad student do it. That person might be great at English but not native. In the States, I’ve passed manuscripts to some agents who freak if they find one word off.”
 
In other words, business opportunities will be lost unless Japanese publishers provide the quality of English required by these major global publishers. More than ever, Japanese publishers must be prepared to introduce their books in native-level English if they are to make the most of the current attention on Japanese books and sell to a global market.


For more information, please refer to the following websites:

http://publishingperspectives.com/2016/11/agent-neil-gudovitz-frankfurt-books/#.WFcgCdR9lvA

http://www.graal.com.pl/en/publishers-and-agents/gudovitz-company-literary-agency

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】